文字の大きさ
茨木市歴史巡りと彩都ウォーク動画で見る

UP DATE
2013/11/20

茨木市歴史巡りと彩都ウォーク

今回は、茨木市の歴史巡りと彩都を散策するコースをご紹介。ゲストウォーカーに観光ボランティアガイドと茨木市観光協会のスタッフを迎え、西国街道をたどりながら、鉢伏山山頂から大阪市街を展望。開発が進む新しい街・彩都をゴールとするコースをウォーキングします。

  • 街歩き
  • 歴史街道
  • 自然道
  • 撮影スポット
  • 山登り
  • 坂道多し

コースマップ

アクセス 大阪モノレール「豊川駅」
難易度 ★★☆☆☆
概算距離 12km
歩数 約17,000歩
所要時間 約240分
おすすめ時季 春・秋
スタート    
約1.1km
ポイントA
約0.8km
ポイントB
約1.1km
ポイントC
約3.4km
ポイントD
約0.9km
ポイントE
約2.1km
ポイントF
約2.6km
ゴール

コースのポイント〜コースのポイントをまとめてご紹介〜

大阪モノレール「豊川駅」

大阪府茨木市豊川にある、大阪モノレール国際文化公園都市線(彩都線)の駅。駅の東側には駅前広場が設置されていて、市民の憩いの場になっている。茨木市を横断する旧西国街道と直結している。

春日神社

全国に約1,000社あると言われる春日神社の中で茨木市内には、中臣氏の祖神を祀る春日神社が9社あると言われている。なかでも、豊川の春日神社が最も大きな規模を誇る。

郡山宿本陣(椿の本陣)

江戸時代、西国街道の宿駅として、参勤交代時に中国・四国・九州地方の西国大名や、身分の高い武士や公家・幕府役人などが宿泊・休憩に利用した旅館跡。「椿の本陣」とも呼ばれ、御成門のそばにあって、毎年五色の花を咲かせた椿の木に由来している。
 

川端康成旧跡

日本初のノーベル文学賞作家川端康成は、3歳に満たないうちに両親を亡くし、祖父母の住む大阪府三島郡豊川村大字宿久庄へ引き取られ、祖父が亡くなるまで暮らしていた。虚弱な体質であった康成は、宿久庄の家から学校までの約6kmの徒歩通学により、丈夫な体質に改善されたと言われている。

粟生岩阪集落

鉢伏自然歩道が通るルートの途中にある集落。岩阪稲荷神社へ続く石段の登り口が、鉢伏山山頂への分岐点となっている。

鉢伏山

標高296メートル。山頂からは茨木市や高槻市、大阪市街まで見下ろすことができる。晴れた日には、遠く生駒山系までが一望できる。

国際文化公園都市・彩都

茨木市と箕面市にまたがる北大阪の丘陵地に、文化学術や研究開発、国際交流といった特色ある機能を組み込んだ、時代を先導するユニークな都市づくりを目指して開発が進められているニュータウン。居住人口は3,000世帯9,000人を超える。

大阪モノレール「彩都西駅」

国際文化公園都市・彩都内に位置する大阪モノレール彩都線の終着駅。駅周辺には、ガーデンモール彩都と呼ばれる商業施設や大阪大学箕面キャンパスなどが点在し、国際文化公園都市・彩都の中核駅となっている。


コースの風景〜コース風景や道中で出会ったウォーカーさんなどご紹介〜

歩いてみた感想〜番組スタッフが実際にコースを歩いてみました!〜

本 輝咲

番組ナビゲーター 本 輝咲

街のあちこちからモノレールの線路が見え、家やマンションが建ち並ぶ新しい街、茨木市彩都。大阪市内や他府県までも見渡せる景色が美しいこの街に、私は初めてやってきました。
実際に歩いてみるとびっくり!スタートとゴールは近代都市だったにも関わらず、街を少し離れると歴史街道や元気な農作物が育つ畑、森林など自然がたくさんありました!進化を続ける彩都の街は、歩くコースによって様々な顔を見せてくれる魅力的なコースでした!
皆さんもぜひ、西国街道の歴史と大自然に包まれた彩都の街を楽しんでみて下さい!大阪モノレール彩都西駅周辺にはおしゃれな店やカフェがあり、これからの季節、歩いてほっこり休憩するのにオススメです♪

ページの先頭へ