文字の大きさ
世界遺産熊野古道Vol.2 〜大雲取越ウォーク〜動画で見る

UP DATE
2013/12/18

世界遺産熊野古道Vol.2

大雲取越ウォーク

世界遺産に登録された熊野古道の魅力をたっぷりお届けする3回シリーズ。ゲストウォーカーに熊野古道語り部を迎え、最難関コースと呼ばれる大雲取越ルート、約14.5キロをウォーキング。悠久の歴史ロマン溢れる熊野古道の魅力をご紹介。

  • 歴史街道
  • 自然道
  • 撮影スポット
  • 山登り
  • 坂道多し

コースマップ

アクセス 熊野那智大社
難易度 ★★★★☆
概算距離 14.5km
歩数 約21,000歩
所要時間 約360分
おすすめ時季 春・秋・冬
スタート    
約2.6km
ポイントA
約1.8km
ポイントB
約0.9km
ポイントC
約2.7km
ポイントD
約1.7km
ポイントE
約2.4km
ポイントF
約1.4km
ポイントG
約1.0km
ゴール

コースのポイント〜コースのポイントをまとめてご紹介〜

熊野那智大社・青岸渡寺

熊野那智大社は熊野三山のひとつ。熊野三山は、熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社の3つの神社の総称。青岸渡寺は、西国三十三所第一番札所。境内からの那智大滝の眺めは絶景である。
[関連リンク] 熊野那智大社|eoおでかけ

登立茶屋跡

熊野古道のいたるところに、古人が休憩した茶屋跡が残る。かつては「馬つなぎ」と呼ばれ、日用雑貨や海産物を商う商店でもあった。苔むした石垣が往時の賑わいを忍ばせる。
 

舟見茶屋跡・舟見峠

舟見峠は標高883メートル。手前の舟見茶屋跡からの熊野灘を一望する眺望は、熊野古道きっての絶景である。
 
 
 

亡者の出会い

この坂を歩くと、亡くなったはずの親族や知人が、白装束姿で現れるのを目撃するとの言い伝えがある。また、ダル(ヒダル神)やガキ(餓鬼)と呼ばれる亡霊にとりつかれ、異常な空腹感に襲われて死に至るとの伝承を南方熊楠が記録している。

地蔵茶屋跡

茶屋は大正時代まで営業を続けていたという。現在は無人の無料休憩所となっており、トイレや飲料の自動販売機が置かれ、熊野古道を行き交うハイカーにとって、大切な休息ポイントとなっている。
 
 

石倉峠・越前峠

地蔵像のある石倉峠(標高805m)まで、杉林の中の苔むした石畳道を登る。小さな谷に降り、ただちに越前峠に登り返す。越前峠の標高は871m。熊野古道・中辺路の最高地である。ここから続く石畳の下り道は、胴切坂(どうきりざか)と呼ばれ、580メートルを一気に下る、熊野古道の難所のひとつ。

楠の久保旅籠跡

街道宿を営んでいた山腹の集落跡。十数件の宿があった集落で、大正時代まで宿を営んでいたという。しかし、住人の離村が続き、昭和30年代までは6軒ほどの民家があったが、1966年(昭和41年)に最後の住人が離村し、無住の地となった。

円座石

3つの梵字が彫られた巨石。円座(わろうだ)とは、藁やいぐさで編んだ丸い敷物をいう方言で、神々が円形に座して談笑したことに由来する。3つの梵字は熊野三山に対応し、右から阿弥陀如来(本宮)・薬師如来(速玉)・観音菩薩(那智)をあらわすという。

小口自然の家

旧中学校を利用した宿泊施設で、自然を生かしたレクリェーションや教育の場としての活用のほか、古道歩きや観光などのために幅広く利用できる施設。11の客室と広間、屋外には多目的に利用できるグランドやテントを張ることのできるフリーサイトキャンプ場、さらにはバーベキューなどが出来る野外炊事施設も整っている。


コースの風景〜コース風景や道中で出会ったウォーカーさんなどご紹介〜

歩いてみた感想〜番組スタッフが実際にコースを歩いてみました!〜

藤井 日菜子

番組ナビゲーター 藤井 日菜子

前回に引き続き、世界遺産熊野古道をウォーキンGood!今回は、熊野古道でも一番の難所「大雲取越」約14.5kmを歩きました!
「このルートは、体力がいるから心して挑まないと!」と言われていたので、相当の覚悟で挑戦しましたが、初めから急な石階段が続き、予想以上に脚や心臓に負担がかかる道が続きます。ガイドのたまきさんによれば、心臓がドキドキしたら少し休憩を取った方がいいという目安だそうです。たまきさんに従って、こまめに休憩をいれながら登って行くと、思ったより疲れることもなくすんなり登ることができました。
途中にある船見峠からの景色は絶景で、まさに雲が取れそうなくらい高くまで登ったんだ!と感動しました。越前峠ではなんと、標高900mの高さまで登りました。熊野古道は見所が多くて、素敵な道が続きます。熊野古道語り部のたまきさんが着いていてくれたので、ハードな大雲取越も安心して歩くことができました。
次回はとうとう熊野古道のゴール、小雲取越から熊野本宮大社を目指します!がんばるぞ!

ページの先頭へ