文字の大きさ
和束町・茶畑ウォーク動画で見る

UP DATE
2014/05/21

和束町・茶畑ウォーク

宇治茶の産地、京都府相楽郡和束町。「日本で最も美しい村」とも呼ばれ、京都府景観資産登録第一号に選定された美しい風景が楽しめる町。今回は、地元和束を愛する町おこしアドバイザーと共に、茶畑を巡るおよそ6kmをウォーキング。

  • 初心者向け
  • 街歩き
  • 撮影スポット
  • 坂道多し

コースマップ

アクセス 和束高橋バス停
難易度 ★☆☆☆☆
概算距離 約6.3km
歩数 約9,000歩
所要時間 約130分
おすすめ時季 春・秋
スタート    
約0.5km
ポイントA
約0.5km
ポイントB
約1.2km
ポイントC
約2.3km
ポイントD
約1.5km
ポイントE
約0.3km
ゴール

コースのポイント〜コースのポイントをまとめてご紹介〜

和束(わづか)高橋バス停

JR関西本線加茂駅から20分。奈良交通のバス停で、周囲には長福寺や大神神社などが点在する。
 
 

石寺の茶畑

京都府景観資産登録第一号に選定された茶畑の風景。山と人々の生活が一体となったその風景は「生業の景観」とも呼ばれ、日本の原風景を今に残す貴重な場所となっている。

山のギャラリー 遊茂庵(ゆうもあ)

門真在住の画家、小田茂さんが開いたアトリエ兼ギャラリー。築100年を越える古民家に、優しさに溢れた水彩画など、小田さんが描きためた作品が展示されている。

撰原(えりはら)の茶畑

急傾斜の山の上に広がる茶畑の景観。この地域では、傾斜に合わせ、パッチワークのように繊細に畝が巡らされ、まさに「山畑」と言える大陸的な風景が広がる。
 

弥勒磨崖仏(みろくまがいぶつ)

鎌倉時代以前の作と伝えられている石仏。地元の人々は、その優しいまなざしを称え、「長井の弥勒さん」と親しみを込めて呼ぶ。
 

和束茶カフェ

町の情報交流ステーションとして開設されたカフェ兼和束茶の直売所。緑茶や抹茶など、バリエーション豊富なメニューが用意されている。ウォーキングの後に立ち寄りたいスポット。

和束山の家バス停

奈良交通のバス停。宿泊施設の他、多目的グランドやテニスコート、フットサル場などを設備したレクリエーション施設「和束山の家」の最寄りバス停。


コースの風景〜コース風景や道中で出会ったウォーカーさんなどご紹介〜

歩いてみた感想〜番組スタッフが実際にコースを歩いてみました!〜

藤井 日菜子

番組ナビゲーター 藤井 日菜子

今回は、京都府相楽郡和束町にやってきました。私たちが毎日の様に飲んでいるお茶!誰もが飲んだことがある宇治茶の50%は、この和束町で作られているのだとか…。
バス停を降りて歩きだすと、すぐに壮大な茶畑が広がっていて、清々しい空気に包まれています。どこまでも見渡せる素敵な茶畑の風景は、とても気持ちがよくて、どこまでも歩けそうな気分になります。そして歩いた後は、和束茶カフェに寄ってみてください!茶畑を見ながら歩いた後に頂く和束茶は絶品ですよ〜!
皆さんもぜひ、和束町・茶畑ウォークに出かけてください!

ページの先頭へ