あの「直訳ロック」の王様が「ギターアンプの振動でトントン相撲」に挑戦!

2017/11/17

WRITERテキスト:トライアウト・福井英明/撮影:トライアウト・井上雅央

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あの「直訳ロック」の王様が「ギターアンプの振動でトントン相撲」に挑戦!

紙でつくった力士を戦わせるトントン相撲。みなさんも子供のころに一度は遊んだことがあるのでは?「え、大人がやるものなの?」とか思っていませんか? 視点を変えれば、小さなころの遊びだってもっと楽しめるはず! 手で台をトントンするだけじゃなく、年を経てから得た知識や経験を活かして楽しんでみる。トントン相撲は振動によって紙の力士が揺れる、というのがキモ。振動するものを探してたどり着いたのは「直訳ロック」で一世を風靡したギタリスト・王様のライブリハ現場! 勝手にアンプに紙の土俵を乗せさせていただき、トントン相撲の新境地を切り拓いてみました。

(協力:hillsパン工場 株式会社ギザ)

やって来たのは、王様のライブのリハーサル。ノリノリでギターを弾きまくる王様を横目に、アンプの上にトントン相撲の土俵をセット。

勝負が始まる

最初は「何やってんだ?」といぶかしげな王様でしたが、勝負が始まると、やぱり勝ち負けが気になるようで……。

王様Xギターでトントン相撲

王様Xギターでトントン相撲-初日

初日はきわどい判定ながらも王様の白星。

王様Xギターでトントン相撲-勝ち

二日目は惜しくも寄り切られてしまいます。

王様Xギターでトントン相撲-二日目

王様Xギターでトントン相撲-負け

三日目を勝利で飾った王様ですが、四日目以降は見るからに強そうな個性派力士が次々と立ちはだかります。

忍者

忍者に……

チャラ男

チャラ男に……

あの人

ん? この人はZing! でもおなじみの、あの人では……?

王様Xギターでトントン相撲-千秋楽

そして千秋楽には大阪のおばちゃんが登場。果たして王様は有終の美を飾れたのでしょうか?


いかがでしたか? 昔ながらの遊びも、工夫次第でこんなに盛り上がるものになるんですね。最後に今回の十五番勝負で学んだ、トントン相撲を大人が100倍楽しむための掟をご紹介しします!

●「手でトントン」以外の方法で土俵を揺らすべし
例:ギター+アンプ、貧乏ゆすり、マッサージ機などの振動を利用してみる。

●ビジュアルのインパクトにこだわるべし
「あの王様が、小さな土俵に向かって必死にギターをかきならしていたら面白いのでは?」と、出来上がりの画の面白さを想像してみる。

●紙の力士のクオリティにこだわるべし
どうせやるなら今の図工スキルで、手でつくるモノにもこだわってみる。

あの「直訳ロック」の王様が「ギターアンプの振動でトントン相撲」に挑戦!-画像-11

  • 王様
  • プロフィール

    王様

    兵庫県西宮市出身のミュージシャン。1990年代に、洋楽ロックの歌詞を日本語に直訳して歌う「直訳ロック」で人気を博す。ディープ・パープルの曲を直訳でカバーしたアルバム『深紫伝説』は日本レコード大賞の企画賞を受賞。現在も年間200本以上という精力的なライブ活動を行い、20177月にはビートルズのカバー曲を集めたライブCD『カブトムシ外伝ライブ・VOL.2』をリリース。

    王様のライブ情報は公式HP「王様のロックンロールタウン(王様タワー)」でチェックしましょう!

Zing! Twitterをフォローする

関連記事

  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • +1する
  • POCKET
  • facebook
  • ツイートする
  • ツイートする
  • facebook
  • LINEで送る
  • +1する
  • はてなブックマークに追加
  • POCKET