世界のdenki生リポート:ドイツ編世界のdenki生リポート:ドイツ編

記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

あれこれとシビア?なドイツで、パパの最重要ミッションとは?【ドイツ】

こんにちは!今回は、みかんがドイツからお届けします!

みなさん、ドイツ人ってどんなイメージをお持ちですか?
かっちりしている?エコ意識が高そう?
…そうなんです~、ドイツ人は、電気の使い方にも敏感!

以前、私が残業をしていると、社長からこんな一言が。
「残業はできるだけしないでね。
残業代は出ないし、それに残業されると電気代がもったいないから」
はい、ごもっとも…!
どうしても残業しないと仕事が片付かないときは、いつもこの社長の言葉が頭をよぎり、
部屋の明かりを暗~くして残業するのです…。(> <)

そんなドイツだからか、電気会社選びにも熱!?が入ります。
最近よく見かけるテレビCMに、こんなのがあるのです。
小さな女の子が、夜ベッドの中からお母さんに問いかけます。
「パパは?パパはどこなの?」寂しげな視線をお母さんに送ります。
すると、お母さんは夫がまるで特殊なミッションに携わっているかのように、
神妙な面持ちで子どもにこう、言い聞かせます。
「パパはね…、電気料金を比較しているのよ」

見終わった後ずっこけるようなCMですが、
(ちなみに、これは電気料金の比較サイトのCMですね!)
こんな風に、さまざまな電力会社の料金を比較してくれるサイトも数々登場しています。
ちょうど、日本にある電化製品の価格比較サイトや、
保険を比較できるサービスのようなイメージでしょうか。

そんなテレビCMを目にすることはあるものの、
これまで電力会社を乗り換えたことのない私。
そこで、友人のトムさんに聞いてみました。
トムさんは一度、乗り換えたことがあるそう。しかも、その理由が意外!
「以前、デュッセルドルフ市から、同じノルドヴェストファ-レン州の
カールスト市に引越しをしたんだ。
ずっと使っていた電力会社があって、同じ州だからそのまま利用できると
思い込んでいたんだけど、なんと、カールスト市には供給していないんだよ!
驚きだったよ…」


<旧市街を川向こうから撮った写真。デュッセルドルフ観光地で一番人気です。>

同じノルドヴェストファ-レン州にあり、
車で30分程度で行き来できるお向かいさん同士でも、
使える電力会社が異なるなんてことがあるとは、
ドイツに長く住む私にも新たな事実で驚きでした!
そんな緊急事態?が起こったときのためにも、
比較サイトで事前に自分にピッタリの電力会社を探すのもいいかもしれませんね(^ ^)
私も一度、真剣に眺めてみようかな…?


<デュッセドルフ市街地を走る宣伝車両。電車そのものが広告となっています。>

【次のレポート】 ホリデーシーズンの電飾は、他国の電気代2年分!? →

  • facebook
  • twitter