天満天神繁昌亭 eo光寄席

※公開収録のご応募はeoIDのマスター会員またはファミリー会員の資格が必要となります。

ご応募はこちら

締め切りまで:

※公開収録のご応募はeoIDのマスター会員または
ファミリー会員の資格が必要となります。

2019.9.20

第11回 eo光寄席 特別番組公開収録 募集開始

「普段見聞きすることはあまりないのですが、目の前で見るとおもしろく引き込まれます。」 「初めて寄席を観させていただいたのですが、とても楽しかったです。また違った方々も観てみたいと思いました。」 「浪花はやはり、笑いの原点だと思いました。」 「長崎より転入してきて、初めて寄席にきて、とても楽しく時を過ごせました。」 「女流落語家の、生の落語を初めてみたので、非常に良かった。」 「繁昌亭そのものが初めてだったので、体験できてよかった。」 「初めての寄席で楽しめました。雨も降らず、2時間かけて来てよかったです。楽しい一日でした。」 「楽しい時間を過ごす事ができました。ありがとうございました。」

「普段見聞きすることはあまりないのですが、目の前で見るとおもしろく引き込まれます。」 「初めて寄席を観させていただいたのですが、とても楽しかったです。また違った方々も観てみたいと思いました。」 「浪花はやはり、笑いの原点だと思いました。」 「長崎より転入してきて、初めて寄席にきて、とても楽しく時を過ごせました。」 「女流落語家の、生の落語を初めてみたので、非常に良かった。」 「繁昌亭そのものが初めてだったので、体験できてよかった。」 「初めての寄席で楽しめました。雨も降らず、2時間かけて来てよかったです。楽しい一日でした。」 「楽しい時間を過ごす事ができました。ありがとうございました。」



「第11回eo光寄席」出演者および演目

  • 露の眞
  • 桂春雨
  • 桂文福
  • 笑福亭つる吉
  • 桂九雀
演目と出演順「みかん屋」露の眞「悋気の独楽」桂春雨「民謡温泉」桂文福(中入り)「抜け雀」笑福亭つる吉「蛸芝居」桂九雀

繁昌亭 恩田雅和支配人のみどころ御案内

eo光寄席も迎えて11回。それも1月11日のえべっさんの日となりました。縁起良く、1が5つも並びました。そこで今回は「えべっさんde〝いい〟初笑い」と題して、異色の若手からベテランの実力者まで、多彩な顔ぶれで出番を組んでみました。

開口一番は、露の眞(つゆのまこと)さん。

女流第一人者の露の都師匠の二番弟子。少し中性的なところが魅力です。「こう見えても女です」というのが彼女なりのツカミ。異色ではありますが、実は鳴り物なども身につけ、落語家としての基本はしっかりとできています。珍しいネタに熱心に取り組んでいるところにも、好感が持てます。今が伸び盛りの芸にご期待ください。演目は「みかん屋」。

二番手は桂春雨(かつら はるさめ)さん。

生まれも育ちもチャキチャキの江戸っ子。文京区の出身ですから、いわば江戸落語の本場。それがなぜか、高校を出るや、三代目春団治師匠の門に飛び込んだという変わり種です。よほど上方落語に魅せられたとしか思えません。本人は語りませんが、上方弁を会得するのには大変な苦労があったでしょう。幼い頃より歌舞伎、文楽を愛好し、お茶を嗜み、長唄を口ずさむといった風雅な芸風は、貴重な存在です。古典の名作「悋気の独楽」(りんきのこま)。熱演が楽しみです。

続いては、桂文福(かつら ぶんぶく)さん。

和歌山県出身の人気者です。私が和歌山放送に勤めていた時からのお付き合い。ほんの五分ほど立ち話をしただけでも誰でも友達になってしまうような、人懐っこいキャラクターで老若男女に親しまれています。「タァー」「トホホ」といったギャグでご記憶の方も多いでしょうか。相撲甚句や河内音頭の音頭とりとしても知られ、今回はその自慢のノドを披露する創作落語「民謡温泉」。大爆笑、請け合いです。

中入り後は、笑福亭つる吉(しょうふくてい つるきち)さんの登場。

新人時代、心斎橋筋二丁目劇場に出演していた時、落語に関心の薄い女子中高生の注目を少しでも集めようと、人形と演じるパペット落語を考案しました。以降、ユニークなパフォーマーとしてシンガポールやスコットランドに移住し大活躍。日本文化の国際的な普及活動が認められて、数々の栄誉に輝いています。上方落語を世界に広める異色の存在です。今回はどんな芸を見せてくれるでしょうか。

トリは、桂九雀(かつら くじゃく)さん。

押しも押されもしない上方落語の実力者です。古典はもとより、創作、新作落語に果敢に取り組むほか、落語と音楽を融合させた公演をプロデュースするなど意欲的な活動ぶり。今回の「蛸芝居」は、芝居好きの大店の一家が舞台。登場人物全員が、芝居がかったセリフ回しの難しい演目。上方芸能の深い素養がないと、演じきれません。ぜひ、名人芸をご堪能ください。


何れ劣らぬ芸達者の華やかな高座。ぜひ、繁昌亭にて生でお楽しみください。
ご応募、お待ちしております。


天満天神繁昌亭支配人 恩田 雅和(談)


ご応募はこちら

締め切りまで:

※公開収録のご応募はeoIDのマスター会員または
ファミリー会員の資格が必要となります。

▲ ページの先頭へ戻る