ゲツ→キン火曜日 特別企画「安田大サーカス団長安田 目指せ!トライアスロン日本代表」

ゲツ→キン火曜日 特別企画
「安田大サーカス団長安田 目指せ!トライアスロン日本代表」

安田大サーカス団長安田このプロジェクトは、「ゲツ→キン」火曜日MCを務める安田大サーカス 団長安田(現44歳)が年代別のトライアスロン日本代表を目指すドキュメンタリー企画です。団長は2015年7月に行われたトライアスロン大会にゲスト出場しレース中に落車。頭部を強打し、大会中にドクターヘリで救急搬送され集中治療室に担ぎ込まれました。その後、仕事に復帰するも「トライアスロン=危ない、怖い」というイメージを自分のせいで広めてしまったことを悔やみ、ある決断をします。 それが「トライアスロン年代別の日本代表」に自らなってトライアスロンの楽しさや魅力を世間に広めるということ。団長が年代別日本代表に上りつめることができたなら、あるいは目標に向けて頑張る姿が少しでも多くの人に届けば、トライアスロンが注目されて、恩返しができるかもしれない、、、そんなトライアスロンへの熱い想いが発端となり、この果てしないプロジェクトが始まったのです。


新たなエイジグループ45~49歳で挑戦する2019シーズン!
2018冬から もうすでに戦いは始まっている!?

左ふくらはぎの肉離れを発症 2018年シーズン、団長は初戦で左ふくらはぎの肉離れを発症し、これまでの3シーズンの中で最も不甲斐ない結果を残してしまいました。2018シーズンが終わってからも怪我が長引きろくに練習ができなかったことと、気のゆるみも重なって体がブクブクと太ってしまった団長。見兼ねたコーチが団長に与えた課題が“2018年内で体重60kg切り!” トライアスリートにとって、体重はパフォーマンスを大きく左右する重要なポイント。オーバーウェイトは、怪我の原因ともなります。そこで2018年シーズンの悔しい思いを繰り返さないためにも、心を鬼にしてスタッフが団長にちょっと強引な抜き打ちテストを敢行!戦いは2018冬からすでに始まっています。果たして団長は、減量に成功するのか!?


「もうデブとは言わせない!」団長ガチンコ肉体改造企画 全3話




団長が2019シーズンを戦い抜く相棒はNESTO

安田大サーカス団長安田

団長が今シーズンを共に戦うバイクは、昨年同様NESTOのロードバイク。実はこのバイクは団長と一緒に企画・開発した団長専用のロードバイクです。ベースの車体となったのは「ALTERNA PRO-K(オルタナ プロ)」でデザインは団長のトライアスロンへのほとばしる熱い想いを青・黄・赤3色のしぶき模様で表現されています。NESTOの文字をカタカナで表記することになった経緯など、今回のバイク開発の舞台裏を団長が熱く語っています!



そもそも団長がエイジ別の日本代表になるには何が必要か?

ゲツ→キン火曜日 特別企画「年代別 トライアスロン日本代表になるための条件」

団長の目標に立ちはだかる40代の壁

トライアスロン団長が出場するのは、トライアスロン競技の「スタンダード・ディスタンス」または「オリンピック・ディスタンス」と呼ばれる種目で、スイム1.5km・バイク40km・ラン10kmを1人が連続して行う競技です。2016年から始まったこの企画も今年で4年目。これまで全国各地で開催された14ものレースに出場した団長ですが、未だ最高順位は「第2回京都丹波トライアスロン大会in南丹」の40-44歳エイジ順位8位。各大会で上位5位に入ればポイントをもらえるのですが、まだポイントを獲得したことはありません。実はトライアスロン競技は40代のレベルが非常に高く、これまで団長が出場したレースでも、20代30代の選手たちをさしおいて、40代の選手が大会を優勝するということも少なくありません。そんな高いレベルの選手たちと戦う団長の今シーズン初戦は、山形県寒河江市で行われる「2019さがえトライアスロンフェスティバル」。表彰台に立って念願のポイント獲得なるか!?


2017-2018年シーズンはコチラ

2016年シーズンはコチラ

ゲツ→キンのトップへ