ホーム > 麺処 飯田家

周辺のお店

お店詳細
  • IMG_9414.jpg

    鶏白湯BASIC 790円

  • IMG_9432.jpg

    鶏白湯STRONG 1,000円

  • IMG_9449.jpg

    「鶏白湯STRONG」には、黒酢、フライドオニオン、イチジク、ニンニクがセットになっていて、さまざまな味の変化を楽しめる

  • IMG_9419.jpg

    淡路産玉ネギのトッピングなど、見た目はまるでパスタのよう

  • IMG_9394.jpg

    過去にはオマールエビの限定麺など、多彩な食材を使いラーメン研究に余念がない

  • IMG_9401.jpg

    「塚本は激戦区ですが、洋食テイストの個性を活かしたラーメンを作っていきます」と店主の飯田 雅さん

ラーメン 新大阪・十三

メンドコロ イイダヤ麺処 飯田家

次元を超えた立体感のある味わい! 洋食テイストの新感覚麺

イタリアン&フレンチで約12年修業した飯田雅さんが独立を考えた時に浮かんだのがラーメン。畑違いながら個人的に大好きだった庶民的なメニューに惹かれたそうで、ラーメン店で働き猛勉強した。同時に物件も探し、見付けた好物件がたまたま塚本。鶏白湯をベースにしつつも、洋食修業時代のエッセンスや技術を注入し、洋と和がミックスしたほかにはないラーメンを武器に2016年9月12日、独立を果たした。



<オススメメニュー>

『鶏白湯BASIC790円』


名古屋コーチンのガラを8〜10時間炊いて作った鶏白湯スープに、ジャガイモや玉ネギなどの野菜を大量に加えたスープが特徴。野菜も加わり粘度の上がったスープはクリーミーでまろやかな味わいで中太の平打ち麺にしっかり絡む。また、スープだけでなく、トッピングとしても玉ネギを使い、豚&鶏のレアチャーシューと共に華やかな一杯を演出。


『鶏白湯STRONG1,000円』


濃厚な鶏白湯をさらに煮詰めた超濃厚なスープは、粘度が高く箸で持ち上げるのも一苦労。モチモチとツルリが共存した麺に絡むというより“のる”ような印象だ。ブラックペッパーなど、洋テイストが前面に出た一杯。また、トッピングとして、ニンニク、フライドオニオン、いちじく、黒酢の4種が用意されているので、味の変化を楽しみつつ食べることができる。




※仕入れなどの状況でメニュー自体がない場合や、具材や麺などが変わることがあります。詳しくはお店でご確認ください。

ここが、こだわり!

  • IMG_9468.jpg

    <スープ>
    スープは、じっくり炊きあげた鶏白湯に大量の野菜がとけ出し、とろみと同時に甘味を生み出す。また、少し加えられた味噌の味わいもスープの層を厚くする

  • IMG_9453.jpg

    <麺>
    島田製麺食堂製の中太麺。平打ちのため、クリーミーな鶏白湯に絡むと少しパスタのリングイネのような食感

  • IMG_9464.jpg

    <チャーシュー>
    写真の豚は、イタリア産のドルチェポルコの肩ロース。鶏ムネ肉と共にレアなチャーシューに調理されて、この2種類がトッピングされている

内観・外観

  • IMG_9377.jpg

    塚本駅の板西6分ほど。白を基調にした外観が特徴。淀川通沿いでお隣の吉野家が目印

  • IMG_9381.jpg

    和テイストながらもスッキリとした印象の店内。テーブル席があるのはうれしい

  • IMG_9384.jpg

    カウンター席もゆったり取られており、夜はお酒を注文する客も多いそう

店舗情報

店名 麺処 飯田家
住所 大阪府大阪市淀川区塚本2-13-18
電話番号 06-7181-5884
営業時間 11:00〜14:30、18:00〜22:30
定休日 水曜
座席数 16席 (カウンター8席、テーブル8席)
禁煙・喫煙 禁煙
予算 800円
交通アクセス JR塚本駅から徒歩6分
公式サイト 「麺処 飯田家」ツイッター
チェック
    ランチおすすめ
備考
(更新日 2016年11月22日)

お知らせください!

掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。