ホーム > 魚食処 一豊 道修町店

周辺のお店

お店詳細
  • 魚食処 一豊 道修町店 金目鯛定食

    「金目鯛定食」1,728円の煮魚セット。ごはんや小鉢もこだわりたっぷり

  • 魚食処 一豊 道修町店 金目鯛

    金目鯛は大きめで肉厚。味も食べ応えも十分満足できる

  • 魚食処 一豊 道修町店 さわら定食

    春のメニュー「さわら定食」は1,512円。写真のメインは焼きでお造りもさわら

  • 魚食処 一豊 道修町店

    メインの魚介は、注文を受けてから調理される

  • 魚食処 一豊 道修町店 メニュー

    常時15種ほどの定食を用意。メニューに書かれた<焼・煮>は調理法

  • 魚食処 一豊 道修町店 スシロー元社長

    回転寿司「スシロー」の社長だった豊崎賢一さんが店の仕掛け人

魚介類 淀屋橋・北浜・本町

ギョショクドコロ カズトヨ ドショウマチ魚食処 一豊 道修町店

セミオーダーな魚定食を昼も夜も味わえる

大阪の肥後橋と本町の間に2017年11月20日にオープンした海鮮居酒屋がお値打ち感の高い魚定食が食べられると話題になっている。


こちらの特徴のひとつが定食のオーダースタイル。たとえば極上かんぱち定食の場合焼きか煮が選べるなど、「焼く」「煮る」「揚げる」といった調理法まで注文できる。

定食は、その日の仕入れ状況により常時15種ほどを用意。真鯛は「愛媛」、さわらが「石川」、金目鯛が「高知」など、その日のメニューが掲出される黒板には魚介の産地を明記する。

価格は1,080〜1,728円と、お昼にしては少し高めだが、内容が充実。メインの魚介以外に、造り、小鉢三品、ご飯、味噌汁、漬物がセットになる。しかも、カツオと昆布からダシをとった味噌汁の碗は丼に近いサイズ。小鉢にも造りがあったり、おかわり可能なごはんもブランド米を使うなどと、心憎い演出で客を喜ばせる。

夜は、造りのほか焼き、煮、揚げだけでなく「ふぐ唐揚げ(1,080円)」や「穴子一本揚げ(1,080円)」、「イカゲソの共わた焼き(648円)」、「イイダコ旨煮(540円)」といったさまざまな調理法の海鮮料理が楽しめる。おすすめはコース料理。3,456円で満足度の高い料理が味わえる。


また、夜も昼と同価格で定食が用意されている。

おすすめメニュー

  • 魚食処 一豊 道修町店 泳ぎあじの造り

    泳ぎあじの造りは、さっきまで泳いでいたアジをそのままお造りにする。プリッと身がしまり、いつものアジとは別物。このサイズで1,080円はかなりお値打ち

  • 魚食処 一豊 道修町店 はまぐりの酒蒸し菜の花しめじ添え

    はまぐりの酒蒸し菜の花しめじ添え864円は、大きめのハマグリを酒蒸し。磯の心地よい香りと強い旨味がプリプリ身に凝縮している。炊合せの具材も上品な味わい

  • 魚食処 一豊 道修町店 マグロのカマ塩焼き

    マグロのカマ塩焼きは864円。25cm近くあるかなり大きいサイズのカマの部分の身は、マグロらしい強い旨味が特徴。独特の弾力があり食べ応えも十分すぎるほど

内観・外観

  • 魚食処 一豊 道修町店 外観

    店があるのは、大阪の肥後橋と本町の間。古い商家を改装した和風でシックな外観が特徴

  • 魚食処 一豊 道修町店 カウンター席

    店に入ってすぐのスペースは、カウンター席。おひとり様でも利用しやすいと好評

  • 魚食処 一豊 道修町店 テーブル席

    店の奥はテーブル席。元蔵だったスペースは、太い梁が印象的で、天井が高く落ち着いた雰囲気

店舗情報

店名 魚食処 一豊 道修町店
住所 大阪府大阪市中央区道修町4-5-15
営業時間 【月~土曜】11:00~15:00(L.O.14:45)
【月~金曜】17:00~22:00(L.O.21:45)
【土曜】17:00~21:00(L.O20:45)
定休日 日曜、祝日
座席数 74席(1Fカウンター8席、1Fテーブル28席、2Fテーブル36席)
禁煙・喫煙 禁煙
予算 昼1,300円、夜4,500円
交通アクセス 電車:地下鉄御堂筋線淀屋橋駅13番出口から徒歩3分、四つ橋線肥後橋駅6番出口から徒歩3分
駐車場台数 なし
公式サイト 株式会社一豊
クレジットカード VISA MasterCard
銀嶺カード使用可
チェック
    ランチおすすめ
(更新日 2018年03月27日)

お知らせください!

掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。