ホーム > 京都立呑 雪灯

周辺のお店

お店詳細
  • 京都立呑 雪灯 料理

    お手頃価格の立ち呑みで本格料理が楽しめるとあって、早くも人気店となっている

  • 京都立呑 雪灯 調理

    京都吉兆などでキャリアを積んだ店主が作る料理は、手間のかかった逸品ぞろい

  • 京都立呑 雪灯 メニュー

    日替わりのメニューは毎日30種ほど。500円前後がメインの価格帯になる

  • 京都立呑 雪灯 日本酒

    日本酒は常時15種ほどがスタンバイ。どれもグラス600円(税込)、1合1,000円(税込)の均一価格

  • 京都立呑 雪灯 会員募集

    200名限定で会員募集中(2021年3月現在)。様々な特典がついてくるので要チェック

  • 京都立呑 雪灯 会員証

    会員になると写真の会員証が渡される。今後展開予定の2号店でも利用可能(予定)

居酒屋 河原町・烏丸・木屋町・四条

キョウトタチノミ ボンボリ京都立呑 雪灯

京都吉兆で修業した店主がオープンした新スタイル立ち呑み

 京都吉兆で経験を積んだあと、他店でも料理長などを経験したという店主が、地元である京都でオープンさせた立ち呑み店。”懐石をカジュアルに”というコンセプトの元、自身の料理を楽しんでもらう場所を広げるなら立ち呑み! と、このスタイルをチョイスしたとのこと。オープンからまだ数ヶ月ながら、15時のオープン前から行列ができることもあるなど、すでに人気店の仲間入り。狙い目の時間帯は16時30分〜17時あたりとのことなので、足を運ぶ際には参考にしたい。


 全国から仕入れた厳選食材で作られる料理は、日替わりで30種ほどがスタンバイ。味はもちろん、見た目の美しさも抜群のメニューが、500円前後で楽しめるのがうれしいところ。他ではなかなか食べられないレアな食材が入ることもあるというから見逃せない。さらに日本酒はグラス600円(税込)、1合1,000円(税込)の統一価格で、レアな銘柄が登場することも。カジュアルな雰囲気と価格で本格料理が楽しめる、新スタイルの立ち呑み店に注目だ。

おすすめメニュー

  • 京都立呑 雪灯 痛風玉子

    「痛風玉子」550円(税込)は、オープン時から提供している看板メニュー。味付け半熟玉子に、うに、いくら、キャビアを盛ったリッチなメニュー ※提供が終了している場合あり

  • 京都立呑 雪灯 桜マス

    春のメニュー「桜マス」600円(税込)。昆布と桜の葉の塩漬けで3日間寝かせて完成する ※提供が終了している場合あり

  • 京都立呑 雪灯 道明寺 桜蒸し

    「道明寺 桜蒸し」550円(税込)。カツオと昆布の出汁で作ったあんがかけられた道明寺(もち米)の中には、甘鯛の切り身が入っている ※提供が終了している場合あり

内観・外観

  • 京都立呑 雪灯 建物外観

    四条烏丸から北西のあたり、「食彩ろぉじ六角の道」内でオープン

  • 京都立呑 雪灯 外観

    西洞院通りから路地を入るとお店が。オープン前から行列ができることもあるそう

  • 京都立呑 雪灯 カウンター

    1階はカウンター席、2階にはテーブル席も用意されている

店舗情報

店名 京都立呑 雪灯
住所 京都府京都市中京区西洞院通六角下る池須町423-3 食彩ろぉじ六角の道 内
電話番号 075-366-4990
営業時間 15:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日 不定休
座席数 カウンター8〜9人、テーブル席10席
交通アクセス 阪急烏丸駅、地下鉄四条駅から徒歩約8分
公式サイト 立呑京都 雪灯 インスタグラム
クレジットカード JCB VISA MasterCard DC UFJニコス アメックス ダイナース
チェック
    身障者補助犬可 車椅子OK Wi-Fiあり
(更新日 2021年04月13日)

お知らせください!

掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。