ホーム > イベント > 京都タワービアガーデン2019

イベント

アクセスランキングイベント

アクセスランキング総合

  • 京都タワーホテル ビアガーデン

    京都タワーを見上げる大迫力のロケーションでビールを飲める!

  • 京都タワーホテル ビアガーデン

    「焼きそば」や「ハムカツ」など、昭和世代にとっては定番のビールのお供が登場

  • 京都タワーホテル ビアガーデン

    平成世代には「ジャンボパエリア」や「マリネポークのハーブロースト」などを用意

  • 京都タワーホテル ビアガーデン

    シェフズコーナーの6〜8月限定料理「牛肉カルビ焼き」

ビアガーデン

京都タワーホテル/タワービル10階屋上

京都タワービアガーデン2019

京都タワーの真下で飲める! 駅前ビアガーデン

 50年以上続く京都を代表するビアガーデン。JR京都駅から徒歩2分というアクセスの良さと、京都のランドマークである「京都タワー」を真下から臨む大迫力のロケーションが好評だ。

 昨年、会場となる10階屋上をリニューアル。 “写真映えドリンク”がつくれるドリンクカウンターや、シェフが目の前で仕上げる「シェフズコーナー」を新設した。

 開催期間は、2019年5月1日(水・祝)〜9月30日(月)。今回は、「昭和と平成」がテーマ。二つの時代をプレイバックし、「焼きナポリタン」や「牛すじ入りカレー」など懐かしい昭和メニューから、「ふわとろオムライス」や「サラダうどんオーシャンブルー」など彩り豊かな平成の定番料理をビュッフェスタイルで楽しめる。

★注目! 昭和メニュー★
「焼きそば」、「ハムカツ」、「ポテトサラダ」、「鶏の唐揚げ」、「ちくわの磯辺揚げ」、「牛もつ鍋」
★注目! 平成メニュー★
「サラダうどんオーシャンブルーやジャンボパエリア」、「ふわとろオムライス」、「旨辛ささみスティック」、「ガーリックバゲット」
など、どれもがビールによく合うものばかり!

 「アサヒスーパードライ」や「キリン一番搾り」などの生ビールに加えて、昭和に誕生したアサヒ生ビール「マルエフ」など昭和世代から愛されるドリンクをラインアップ。また、平成世代に愛される「ハイネケン」や「スミノフ」、チェリーの甘酸っぱさとやわらかな余韻が特徴のフルーツビアスタイル「TOKYO 隅田川ブルーイング チェリールージュ」などもそろえられる。

 ライブ感が魅力のシェフズコーナーには、スタミナ満点の鉄板焼きメニューを用意。「フランク串」や「燻しベーコン」に加えて、5・9月限定で「グリルチキンハーブ」、6〜8月限定で「牛肉カルビ焼き」のできたてアツアツが味わえる。

 「京都タワー」を見上げながら、充実のフード&ドリンクとともに楽しいひとときを楽しめる。

 また、20時以降の入店で大人料金が2,000円でとお得になるレイトプランもおすすめだ。JR京都駅が目の前なので、帰宅前のちょっと一杯を贅沢な空間で楽しむことも可能。

開催日 2019年5月1日(水・祝)〜9月30日(月) 
時間 17:30~21:00(L.O. 20:30)
※7・8月の金・土曜日は 21:30(L.O.21:00)
料金 【6月】 大人4,400円、小学生2,000円、幼児(3歳以上)1,000円
【7・8月の日〜木曜】 大人4,400円、小学生2,000円、幼児(3歳以上)1,000円
【7・8月の金・土曜】 大人4,500円、小学生2,000円、幼児(3歳以上)1,000円
【5・9月】 大人3,900円、小学生1,800円、幼児(3歳以上)1,000円
※税込
料理 和・洋・中のほか、アイスやケーキなど、約30種類が食べ放題
ドリンク 生ビールは、「アサヒスーパードライ」、「アサヒスーパードライ-ドライブラック-」、アサヒ「マルエフ」、「キリン一番搾り」、「ハイネケン」の5種類。そのほか、ワイン(赤・白)、梅酒、日本酒、ウイスキー、焼酎(芋・麦)、ソフトドリンクなどドリンクが飲み放題
席数 420席(内テント下80席)
雨天・荒天時 営業中止
※予約担当に問い合わせを。
会場・開催場所 京都タワービル10階屋上
住所 京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1 
交通アクセス 電車:JR京都駅から徒歩2分
駐車場 なし
主催 京都タワーホテル
お問い合わせ先 075-343-9090(受付時間 10:00~21:00)
公式サイト

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。