ニュース

  • 地域ニュース
滋賀

2020年02月15日

大津にチョコレート専門店 「日常にちょっとぜいたくを」

チョコレート生地にドライフルーツやナッツののせたマンディアン(280円)

 チョコレート専門店「スマイルチョコレート」が2月14日、大津市浜町にオープンした。

 オープン時には行列ができ、5坪の店内は客で賑(にぎ)わった。チョコレート生地の上にドライフルーツやナッツをのせたマンディアン(各280円)、塩キャラメルやイチゴ味のチョコレートバー(各518円)、チョコレートドリンク(324円)を提供。

 水口から来た女性は「ちょっと珍しいチョコレートを探していて、ネットで見つけた。バレンタインはここで買うと決めていた」と話した。

 ザ・スマイルチョコレート代表の吉野智和さんは「越直美前市長の大津駅から琵琶湖までの800メートルで4時間過ごせる街にするという『ジュネーブ構想』に引かれた。駅から来てもらうきっかけになればと、あえて琵琶湖に近い場所にした。10年間空いていたビルのオーナーにお店をやりたいだけでなく、まちづくりをしたいと思いを伝えて、貸してもらえることになった」と出店の経緯を話す。

 吉野さんの呼び掛けに、沖縄でまちづくり会社「コザ総動舎」を運営する建築家の岡戸大和さんが賛同。岡戸さんは「駅から琵琶湖までの道にアンカーを打ち込みたかった。日常の中に非日常を作り、ちょっと寄り道したくなる仕掛けをした。店前にカウンターを作る予定。この場所を楽しめるアイデアを盛り込んで、みんなで確信犯的に小さな開発をしていきたい」と話す。

 吉野さんは「チョコレートは、日常の中なちょっとしたぜいたく品。楽しいものを買いに来る店でありたい。ほかにもマニアックな専門店が増えて、小さな店が集積してコミュニテーが生まれて、街の風景になれれば」と話す。

 営業時間は11時~19時。水曜定休。

アクセスランキング関西地域ニュース

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。