ニュース

  • 地域ニュース
なんば

2019年07月12日

なんばCITYに食のセレクトショップ「SIGN OF THE FOOD」 関西初など全7店

日本茶ミルクティー専門店「OCHABA」

 最旬スイーツが楽しめる食のセレクトショップ「SIGN OF THE FOOD」(TEL 06-6631-7888)が7月12日、大阪ミナミの商業施設「なんばCITY」(大阪市中央区難波5)本館1階にオープンした。運営はオペレーションファクトリー(西区)。

 日本茶ミルクティー、食パン、イチゴ、プリン、チョコレートの5カテゴリーから、専門店全7店が出店する。食の動向や時勢、兆候を意味する「サイン・オブ・ザ・フード」をコンセプトに、「春夏」「秋冬」でメニューの入れ替えも行う。メインターゲットは、関西在住の20~40代女性。全店とも座席は設けず、スタンディング形式となる。

 日本茶ミルクティー専門店「OCHABA(オチャバ)」は関西初出店。東京・新宿店に次ぐ2号店で、静岡の創業70年の老舗(しにせ)である丸善製茶(静岡県静岡市)と共同開発した茶葉を使った日本茶ミルクティーを提供する。メニューは、緑茶・ほうじ茶・玄米茶の3種をベースとし、全ての商品に日本茶と相性が良い「黒蜜入りわらび餅」を入れる。

 高級食パン専門店「明日が楽しみすぎて」は、今年6月に心斎橋オーパに1号店を出店した高級食パン専門店「非常識」の姉妹ブランド。プレーンとレーズン入りの2種を2斤サイズで提供する。バターは国産無塩バターと発酵バターの2種を使い分け、生クリームは無添加のものを使用。レーズンは「ロンサカパ」という最高級のラム酒に漬け込んだものを使う。

 そのほか、季節によって異なるブランドのイチゴを使ったメニューを展開するイチゴスイーツ専門店「クレイジーストロベリー」、北海道根釧地区の生乳を使ったクリームチーズを使ったプリン専門店「プリーーーン!」、ベトナムから輸入したカカオ豆を毎日店内でひいて作ったクラフトチョコレートを使う生チョコソフトクリーム専門店「チョコラ」、アーモンドチョコレート専門店「マルコナ」、チョコレート焼き菓子専門店「オブ ザ オーブン」が出店する。

 担当者は「各店の商品はネット販売を行わないため、購入できるのはここだけ。なんば店を皮切りに、今後も食のセレクトショップを展開できれば」と意気込む。

 営業時間は10時~21時。

アクセスランキング関西地域ニュース

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。