ニュース

  • 地域ニュース
和歌山

2019年08月09日

和歌山城近くにフルーツ専門店「ピアット」 フルーツサンドやパフェ提供

店長の立野幸子さん(左)とスタッフ

 和歌山城近くのフルーツ専門店「piatto(ピアット)」(和歌山市板屋町、TEL 073-488-6340)がリニューアルして1カ月がたった。経営は合同会社ピアット。

 同店は、立野商店(西浜)が2014(平成26)年に「城下町の八百屋さんpiatto」として開店。2018(平成30)年11月に複合商業施設「フォルテワジマ」(本町)内に青果店「八百眞(やおまさ)」をオープンしたことから、フルーツ専門店にリニューアルした。

 店内には和歌山産の果物をはじめ、市場や農家から直接仕入れた旬の果物、店内で作るフルーツサンドが並ぶ。フルーツサンドは、定番のミックスフルーツサンドやチョコバナナ&イチゴサンド(以上450円)のほか、モモやクラウンメロン、マスカットなど旬の果物を使い約10種類をそろえる。

 カフェスペースを併設し、季節の果物を使ったスムージー(400円~)やフレッシュジュース(350円)、8~9種の果物を使う「旬のフルーツパフェ」(900円)などを提供する(以上税別)。

 店長の立野幸子さんは「カフェを併設したことで、利用するお客さまが増えた。お客さまの約8割が女性で、20代前半~50代の人が多い」と話す。「全国的に果物の消費量が低下しているが、『旬のおいしいものを食べてもらいたい』というコンセプトはそのままに、全国各地から新鮮な旬の果物を取りそろえている。和歌山はフルーツ王国なので、もっと果物を食べる習慣が広まれば」とも。

 営業時間は11時30分~18時。水曜・日曜・祝日定休。

アクセスランキング関西地域ニュース

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。