ホーム > スクープ > 【関西SA/PAグルメ&お土産】紀ノ川サービスエリア(下り) 柑橘系フルーツを使ったグルメが超充実!

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ご当地・B級グルメ
【関西SA/PAグルメ&お土産】紀ノ川サービスエリア(下り) 柑橘系フルーツを使ったグルメが超充実!
2016年06月01日

【関西SA/PAグルメ&お土産】紀ノ川サービスエリア(下り) 柑橘系フルーツを使ったグルメが超充実!

この記事の担当ガイド:グルスク2号(モトクニ・ケイ)

フレッシュな甘味と酸味がたまらない和歌山グルメ!

おいしいものの宝庫、サービスエリアの気になるグルメを、eoスタッフが独断で選んで紹介しちゃうこの企画。二回目となる今回は、阪和道を和歌山へ入ってすぐにある、紀ノ川サービスエリア(下り)に行ってきましたよ!

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

やって参りました、こちらが紀ノ川サービスエリア(下り)です。なんか、オープンエアな席もあったりして、オシャレ感ありますな。和歌山県最初の出口、和歌山北出口まで4キロほどのところに位置しています。こちらのサービスエリアは…。

「ドッグラン」紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

愛犬家の方にとてもうれしい設備、ドッグランが用意されています。愛するワンちゃんとドライブして、青空の下で思いっきり遊べる場所があるのっていいですよね〜。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

こちらのもうひとつのポイントがこの素晴らしい景色! 施設西側にある「森の庭」からの夜景は、なんと夜景百選にも選ばれたほど。もちろん、昼間もその開放的な景観を存分に楽しむことができます。

「フードコートは、和歌山ラーメン、丼・カレー、うどん・そば」紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

建物内に入ってみましょう。フードコートは、和歌山ラーメン、丼・カレー、うどん・そばと大きく3つのジャンルから選ぶ楽しみがあります。どれにしようか迷いますな〜。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

レストランは中央の入り口から右手に進めば、ショッピングコーナーの向こうに現れます。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

和歌山県や京阪神の名産品を扱うショッピングコーナー「味の宝蔵」など、おみやげもかなりの充実ぶり。さて、今回はどんな商品を選んじゃおうかな! ワクワクする〜!!

梅うどん(フードコート)

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

グルメな名物がたくさんある和歌山ですが、全国的な知名度を誇るもののひとつが梅。梅好きならずともその名が知れ渡るほどメジャーな“南高梅”など、和歌山名物として確固たる地位を築いています。その梅を全面に押し出した人気メニューが“梅うどん”570円。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

見よ! この麺を!! なんと使われているのは、生地に梅を練り込んだというピンクの麺。ほのかに感じる梅の酸味がいい味出してます。この色、女性にも人気がありそうですよね。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

さらに! トッピングされているのは“南高梅”。こちらもマイルドな梅のおいしさを堪能させてくれる、さすがのお味でございます。少し甘めのこだわりダシと爽やかな梅の風味がこれまたベストマッチングです!!

和歌山ラーメン(レストラン&フードコート)

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

続いては、こちらも全国的に有名なご当地グルメメニュー“和歌山ラーメン”690円。レストラン「てまり」で提供されております。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

濃い茶色のスープは豚骨ベースのあっさりとした醤油味が特徴。細めの麺でツルツルといただけます。さらに、こちらではもうひとつ…。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

“和歌山ラーメン”690円です。さっきのと見た目がぜんぜん違う…。そうなのです、でも間違いじゃありません。これも確かに和歌山ラーメン。フードコートの「かぐや」で10:00〜22:00の時間限定で提供されているものなのです。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

こちらはコクのあるまろやかな豚骨醤油スープが特徴。麺とスープの絡みも抜群で、ご飯といっしょに食べるのも良さそう。そもそも和歌山ラーメンは、大きく分けると、醤油系、豚骨醤油系の2つの味わいになるんだそう。このサービスエリアに来れば、一度に両方が楽しめるというワケです。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

副支配人の辻さんにお話しをお聞きします。

 ————梅うどんは色がとてもきれいですね。

 「麺に梅を練り込んでますからね。カツオ節やイリコに加えて、サバ節を多めに使ったダシと合わせてさっぱりいただけるので、女性はもちろん、お子様にも人気があります」

 ————和歌山ラーメンは2種類食べられるんですね。

 「どちらも和歌山では定番の味になります。2つとも食べて、どちらが好みの味か試してみるのも楽しいですよ」

 ————スープ以外にも違いはありますか?

 「どちらのラーメンもトッピングされる具材は、チャーシュー、かまぼこ、メンマ、ネギと基本的には同じです。麺もどちらも中細のストレート麺。でも、少し味わいが違っているんですよ」

 ショッピングコーナーではおみやげとして、様々な種類の和歌山ラーメンが販売されているので、そちらも見逃せません。そして、ここからは女性のみなさん、お待ちかねの甘いものシリーズ!!

寒天ジュレ各種(ショッピングコーナー)

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

う〜ん鮮やか! 見るからにおいしそうなこの“寒天ジュレ”各種390円は、有田の伊藤農園さんのもの。冷やして飲むと爽やかさが口いっぱいに広がります。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

売り場がこちら。人気のほどが伺えますな。和歌山県内のサービスエリアで買えるのはここだけとのことなので、欲しい人は必ずゲットするべし。甘さの強い“みかん”、酸味と甘みのバランスがいい“きよみ”のほか、“不知火”“ポンカン”と4種が揃っております。

和歌山じゃばらソフト(スナックコーナー)

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

フードコートのすぐ横、スナックコーナーで売られているのが“和歌山じゃばらソフト”380円です。和歌山県内で作られる柑橘類“じゃばら”の果汁を加えたこのソフトクリーム。甘さのなかに爽やかな酸味が感じられて美味!

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

この“和歌山じゃばらソフト”。すだちの約5倍ともいわれるポリフェノールを活かすため、果汁に加え、皮の部分も使用しているんだそう。ここだけのオリジナルソフトということなので、ほかでは食べられませんから要チェック!

紀ノ川の恵みロール(ショッピングコーナー)

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

シルバーの保冷シートに包まれたこちらは“紀ノ川の恵みロール”1,521円です。冷凍状態で販売されていまして、自然解凍してみますと…。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

純白のスポンジが現れました! 紀の川市にある「観音山フルーツガーデン」で収穫された“不知火”を使った人気のロールケーキでございます。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

スポンジと同じく真っ白な生クリームは甘さ控えめで、程よい弾力のスポンジとの相性は抜群。おだやかな酸味と甘みを感じつつ…あかん、一人で一本丸ごと食べてしまう! それくらい優しい味わいなのですよ。不知火の酸味と甘みもええ仕事してまっせ。こちらも紀ノ川サービスエリア(下り)オリジナルメニューということで、買わないとダメなものが多すぎて、うれしい悲鳴でございます。チーフマネージャーの出口さんにお話しを聞いちゃいましょう。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

————柑橘類を使った商品が豊富ですね。

 「ほかにもジュース類、みかんチーズケーキなど、柑橘類を使った商品は数多く販売しています。“寒天ジュレ”は、糖度の高い果実を使っているほか、無添加、無香料、無着色なのも特徴ですね」

 ————“和歌山じゃばらソフト”も爽やかな酸味が印象的でした。

 「ここでしか食べられないソフトなんです。使っているのはすべて和歌山県北山村で収穫されたじゃばら。“紀ノ川の恵みロール”もそうですが、さっぱりとした甘さがおすすめですよ」

 確かに柑橘系って、酸味と甘みのバランスが良くって、どんどん食べることができますもんね〜。というわけで、スタッフが選んだ紀ノ川サービスエリア(下り)、5つのグルメ。和歌山らしいものが揃ったのではないでしょうか。ここで“これも気になった”という一品をご紹介しましょう。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

“寺尾牧場牛乳”です! 小さい190mlが194円、900mlの大サイズが972円となっております。スタッフがこちらのサービスエリアを訪れた際に飲んでみて、その味が忘れられず、以後立ち寄るたびに飲んでいるというこの牛乳。さらに、もうひとつおすすめの理由が…。

紀ノ川サービスエリア 下り(紀ノ川SA 下り)

この発泡スチロールの保冷ケース! なんともいえず収まりが良く、しかもかわいいじゃありませんか。大サイズしかないのですが、205円で販売されております。ちなみにこの牛乳、懐かしい紙キャップなのもまた味わい深いですな。和歌山らしく、柑橘類を使ったスイーツ系が数多くそろっていた今回の紀ノ川サービスエリア(下り)。ほかにも、施設内のベーカリーで焼き立てのパンを販売していたり、紀南地方の郷土料理であるめはり寿司も味わえたり、とにかく気になるグルメメニューがたっぷりでした。ここだけの限定モノも多かったし、これはまた足を運ばずにはいられませんよ!

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。