ホーム > スクープ > 【淡路島】人気企画!淡路島グルメドライブ<南あわじ編>絶品グルメを食べ尽くす!

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ご当地・B級グルメ ドライブ+グルメ
南あわじ グルメ ワッフル 海鮮丼 ピザ ジェラート ご当地バーガー
2017年05月30日

【淡路島】人気企画!淡路島グルメドライブ<南あわじ編>絶品グルメを食べ尽くす!

この記事の担当ガイド:グルスク2号(モトクニ・ケイ)

グルメアイランド・淡路島の南部にも絶品メニューが勢揃い!

大阪市中心部から約1時間で上陸可能な淡路島。神戸を過ぎ、明石海峡大橋が見えてくれば、もうそこはグルメアイランドなのです。

前回は島北部のグルメスポットをご紹介したので、今回は南部をピックアップ! しかも本当に南の端っこ、大鳴門橋すぐの場所まで行っちゃいましょう。ドライブする距離が伸びる分、より旅情を感じられること確実。もちろん今回もグルメメニューをたっぷりご紹介しますよ!

前回の記事「旨いモンだらけのグルメアイランド“淡路島”へ日帰りドライブのグルメ旅!」はこちら

1軒目 古民家を改装したほっこりカフェでモーニング!ふくカフェ

やってきました、南あわじ市。前回のドライブもおいしいものがてんこ盛りだったため、期待に胸ふくらませる取材班。早速、1軒目の「ふくカフェ」さんへ向かいます。

ふくカフェ 外観

県道125号線から少し入った場所にあるこちら。駐車場に車を停めて、看板にしたがって歩くとお店へたどり着けますよ。

ふくカフェ 店内

築110年という古民家を改装して作られた店内は、木の温かみが感じられるほっこり空間でございます。カウンターとテーブル席のほかに…。

ふくカフェ 座敷

座敷席もあったりして、本当にくつろげる空間になってます。ファミリーで訪れてものんびりできそうですよね~。早速、モーニングメニューといきますか!

ふくカフェ モーニングワッフル バター あんこ 324円
「モーニングワッフル バター あんこ」324円です。

ドリンクはセットで、通常価格から100円引きになります。ちなみに写真はブレンドコーヒー。自家焙煎でオーナーのこだわりが詰まっています。モーニングワッフルの提供は10時~11時の間。以降はレギュラーメニューのワッフルが食べられます。

ふくカフェ オーナ夫妻

オーナーの樫本ご夫妻です。お店のオープンは2011年、内装は基本的にご自身の手で仕上げたんだそう。

ワッフルは淡路島産の牛乳、玉子を使用していて、もちろん生地から手作り。「食べて幸せになれるようなワッフル」の言葉通り、外側がカリッ、中がフワッフワのワッフルは絶品でした。

ランチタイムには、人気メニューのカレーも登場するなど、時間を問わず訪れたいカフェです。ちなみに7、8月にはかき氷も登場するとのこと。こちらも見逃せません!

2軒目 島の恵みをたっぷり堪能できる兵庫県最大級の産直市場美菜恋来屋(みなこいこいや)

次は少し早めのおみやげ探しへ。

美菜恋来屋 みなこいこいや 外観

「ふくカフェ」から南へ、車で約10分のところにある「美菜恋来屋(みなこいこいや)」さんへ到着です。淡路を代表する観光スポット「イングランドの丘」に隣接するこちら。早速、店内へ行ってみましょう。

美菜恋来屋 みなこいこいや 店内

広々とした売場には、淡路島の名産品が所狭しと並べられています。

美菜恋来屋 みなこいこいや 淡路 玉ねぎ

淡路島といえば、やっぱり玉ねぎ! 生の玉ねぎはもちろん、こちらではスープやスナック、ドレッシングなど、玉ねぎを使った加工品もたくさん並べられています。日持ちする商品も多いので、おみやげにピッタリですよ!

美菜恋来屋 みなこいこいや あわじビーフ

そして、あわじビーフ! 年間200頭ほどしか出回らない幻の牛ですが、こちらなら手頃な価格で販売されておりますよ。

美菜恋来屋 みなこいこいや 鮮魚

もちろん鮮魚だってあります! 南あわじ市で水揚げされた旬の魚はどれもおいしそ~! 無料でお造りにもしてくれるそうなので、スタッフにお声かけしてみてください。

美菜恋来屋 みなこいこいや スタッフ

今回、担当していただいた茱萸さんにお聞きしたところ、月曜は魚の日で10%オフになるそう。ほかにもお米の日やフライの日、詰め放題の日など、いろんなサービスデーが設定されているとのことで、そちらにも注目です。

この「美菜恋来屋」さんは、生鮮食品はもちろん、加工品も豊富なので好みのおみやげがきっと見つかるはず。オリジナルの「すき焼きコロッケ」もおすすめですよ!

3軒目 新鮮な刺身&玉ねぎを好きなだけどうぞ!福良マルシェ

「美菜恋来屋」さんでおみやげを探して歩いていると、なんだかお腹が空いてきましたよ。というわけで、ちょっと早めのランチと行きましょうか!

福良マルシェ 外観

国道28号線を南西方向へ約20分。こちらが今回のランチスポット「福良マルシェ」さんです。

福良マルシェ 店内

店内には地元の農産物や特産品が販売されていますので、こちらでもおみやげの購入ができます。しかし今回我々が目指してきたのは…

福良マルシェ 海鮮丼 ピザ

こちらです! ん?おいしそうな海鮮丼とピザだけど、ヒネりがない? とんでもない! なんとこちらの海鮮丼はセルフなのですよ。

まずは販売コーナーにある新鮮極まりないお刺身を選んでちょーだい。そして白飯(150g 150円~)か酢飯(200g 240円)をオーダー。あとは自分で好きなようにのせて、好きなように食べるだけ。ピザはマルゲリータベースで500円と1,000円の2サイズ。こちらポイントは、淡路島産オニオンスライス&フライドオニオンを好きなだけ無料でトッピングできるということ!

福良マルシェ 店長

店長の黒田さんにお聞きしたところ「ピザを食べ終わるまでなら、何度でもおかわりしてもらってOKです」とのこと。なんちゅー太っ腹さ! 揚げ物にぴったりの淡路島ソースや玉ねぎドレッシングなども置かれているので、玉ねぎをどんどん食べて、血液サラッサラになっちゃいましょう!

ほかにも、地元で水揚げされた白身魚だけを使ったカツがサンドされたフィッシュバーガーなども見逃せません! 自分で作る淡路島ならではの海鮮丼&ピザ、ぜひ食べてみてください!

4軒目 素材以上のおいしさを味わえる絶品ジェラート!G.ELM(G.エルム)

G.ELM G.エルム 外観

しっかりとお腹が満たされたあとは、やっぱりデザートが欲しくなりますよね。福良マルシェさんから歩いてすぐにあるのが「G.ELM(G.エルム)」さん。オシャレなカフェでございます。

G.ELM G.エルム 店内

店内は木のぬくもりが感じられる空間。窓からは明るい日差しも差し込んで、ゆったりとくつろいだ時間を過ごせそう。ん?右側にショーケースがありますね。

G.ELM G.エルム ジェラート

やだー! カラフル~!! そう、こちらはフレッシュなフルーツなど、淡路島産食材を使ったジェラートが人気のお店です。オープンから20年。地元の人&観光客に愛されているのですよ。

G.ELM G.エルム 牛乳といちごシャーベット ダブル340円

一番人気の 牛乳といちごシャーベットのダブル 340円をお願いしました。牛乳は牧場から直接仕入れたもので濃厚なおいしさがたまりません。いちごシャーベットも酸味と甘みのバランスが絶妙です! ※いちごシャーベットは6月上旬までの販売予定。

G.ELM G.エルム 店長

笑顔がステキな店長の堀さん。ジェラートは通常約14種類がラインナップされているとのこと。定番は7種ほどで、それ以外はその時期、旬の食材を使っているので商品は常時入れ替わるそう。

1種のシングルが290円、2種を選ぶダブルが340円で、コーン、カップとも同価格です。冬から春にかけてはランチメニューも提供されていますが、4月末あたりから12月上旬くらいまでは、ジェラートのみの販売になるんだとか。「使っている素材以上のものにしたい」という堀さんの言葉どおり、そのままフルーツを食べるよりも、おいしく仕上げられたジェラート。食べなきゃ損ですよ!

5軒目 うず潮を見ながら全国No.1バーガーをガブリ!あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン本店 外観

おいしいデザートも食べたし、あとは帰るだけ、ってちょっと待った。せっかく淡路島の南まで来てるんですもの。大鳴門橋も見て帰りたくありませんか? というわけでG.ELMさんから県道25号線などでさらに西へ。

もうすぐ大鳴門橋…お、道の駅があるなぁ…。そういえば…取材班は思い出しました…「たしか全国1位になったご当地バーガーがこの辺りにあったはず…」。

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店」さん、あった! 行くっきゃない!!

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン本店 店内

こちらはイートインもできますが、この日は快晴! せっかくならテラス席で食べたいですよね。バーガーを選ぼうと思って、もう一回店頭に行ってみると、「1位と2位を受賞しました」の文字を発見。そんなんここまで来たら、2つ食べないとウソでしょ。というわけで、さっきランチをいただきましたが、“甘いものとご当地バーガーは別腹”の格言もあるし、2種類いっちゃいましょう!

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン本店 あわじ島オニオンビーフバーガー648円 あわじ島オニオングラタンバーガー648円

キターッ! まずは左からご紹介。2013年のご当地バーガーグランプリで見事第1位を獲得した「あわじ島オニオンビーフバーガー」648円、 そして右が2014年第2位になった「あわじ島オニオングラタンバーガー」648円です!

どちらもポイントは、厚さ約8mmの淡路島産玉ねぎのカツ。オニオンビーフバーガーの方は、5種類に味付けされた玉ねぎと淡路牛がおいしさの決め手。グラタンバーガーは淡路島産キッコー酢とワインビネガーを効かせたオニオンフォンデュの酸味が隠し味!

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン本店 ご当地バーガー 鳴門大橋

さらにこちらは「道の駅 うずしお」に併設されているため、大鳴門橋が目の前というグッドロケーションなのですよ。雄大な大鳴門橋&うず潮を見ながら全国1位のバーガーをガブリ。う~ん、日頃のストレスもどっかへ飛んでくわ~!

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン本店 店長

店長の宮地さんにお話をお聞きしたところ、オニオンビーフバーガーの方は、なんと昨年15万個を販売したんだとか。人気どんだけ~!

そして今回紹介した2種以外にも、淡路ビーフのリブロースステーキを使った1日1個限定3,240円の「あわじ島前略、道の駅バーガー」(毎日完売するそうです)など、気になるバーガーがずらりと揃えられています。しかし1個3,000円のバーガー…一度は食べてみたいものでございます。

というわけで、グルメアイランド淡路島の南あわじドライブ、いかがでしたか? 前にも増して感じたのが、とにかく食材の豊富さ。周りを海に囲まれているから魚介類が新鮮なのはもちろん、牛肉、牛乳、そして野菜、米などなど、本当にスキのない絶品食材のラインナップが、食いしん坊にはたまらなく魅力的なのでございます。

今回ご紹介したお店以外にも、まだまだおいしいところがたくさんありそうな淡路島。また次の機会に、さらなるグルメアイランドの魅力を掘り下げてみたいと思います!

淡路島・南あわじドライブルート所要時間(参考)

大阪市内 出発
↓ 約1時間40分
ふくカフェ(滞在目安時間…1時間)
↓ 約10分
美菜恋来屋(滞在目安時間…40分)
↓ 約20分
福良マルシェ(滞在目安時間…40分)
↓ 徒歩すぐ
G.ELM(滞在目安時間…1時間)※テイクアウト可
↓ 約15分
あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店(滞在目安時間…1時間)※テイクアウト可
↓ 約1時間40分
大阪市内 到着

※移動時間、滞在目安時間は交通状況、混雑状況などで変わります


ドライブでグルメ旅♪

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。