ホーム > スクープ > まるで玉手箱!SNSでシェアしたい京都のわたがし専門店「ジェレミーアンドジェマイマ」

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街
2017年06月27日

まるで玉手箱!SNSでシェアしたい京都のわたがし専門店「ジェレミーアンドジェマイマ」

この記事の担当ガイド:グルスク2号(モトクニ・ケイ)

※こちらの店舗は閉店しました。

綿菓子の概念が変わる新しい食べ物「wata-hako」に魅了される

皆さん、綿菓子(わたがし)と言えばどんなものを想像しますか? 私は縁日で売ってるアニメキャラが描かれた袋のアレです。割り箸を機械の中で動かすと、ふわふわ~っとまるで魔法のように綿菓子が出来上がるのって、子供心にワクワクしたもんですなぁ…。

今回京都で見つけた綿菓子は、幼い頃のワクワクを思い起こさせてくれる、いや超えていくといっても過言ではありません。思わず「かわいい~!」と叫んじゃうこと間違いなしの新しい綿菓子。早速行ってみましょ!

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 外観

やってきました、京都市東山区にあります「JEREMY & JEMIMAH.(ジェレミーアンドジェマイマ)古川町商店街」。その名前どおり、商店街内にあるこちら。レトロな雰囲気にもなぜかしっくりとハマっております。店内はというと…。

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 店内

おお、シンプルかつオシャレな感じでまとめられてますね。こちら1階では注文とお土産の販売が行われてまして、イートインスペースは2階になっております。

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 座敷

なんと打って変わって2階は座敷。デコレーションされた窓、反対側からは商店街を見下ろせるという、なかなかないロケーションになっております。ここでどんな綿菓子が食べられるというんでしょうか。

綿菓子の新しいスタイルを楽しめる「wata-hako」!

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 オリジナルザラメ

提供される綿菓子は全10テイスト。これがテイストごとに開発されたザラメです。今回は古川町商店街オリジナルの薔薇、そして珈琲を作っていただきます。

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 綿菓子機

通りからも見える位置に設置された綿菓子機に、ザラメを入れる女性スタッフ。この機械も綿菓子がふんわりと仕上がるように改良されているとのこと。

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 綿菓子機

おお、できてきましたね。このままある程度の大きさまで綿菓子を作ったら…

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 綿菓子

専用のケースに手早く詰めていきます。なんか楽しそう。

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 綿菓子トッピング

箱に詰めた綿菓子にトッピングするのが、こちらの自家製ドライフルーツ。ハーブやナッツなども合わせると約20種の食材で綿菓子をデコレーションしていきます。

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 綿菓子デコレーション

テイストごとに作られた型を置き、デコレーション作業がスタート。どんな綿菓子ができるのか、しばし待つべし…。

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 wata-hako

完成しました! こちらが「wata-hako」900円です。イートインの場合、薔薇や珈琲、桜餅、柚子など10種のテイストから2種を選び、ほうじ茶か番茶、台湾人参烏龍茶から1つをチョイス。セットになった形で提供されます。早速フタを開けちゃいましょう!

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 wata-hako

か、かわいい~! 手前が「wata-hako」の薔薇、奥が珈琲になります。これは思わず写真を撮りたくなりますね!

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 wata-hako 薔薇

こちらが古川町商店街限定の薔薇。トッピングされているのはドライイチジク、ピスタチオ、ハイビスカスです。

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 wata-hako 珈琲

珈琲はドライ黄桃、ペパーミント、ココナッツでデコレーションされています。しかし、なんともかわいい仕上がり。食べるときは、手で直接ちぎりながら、というスタイル。ふんわりした綿菓子とドライフルーツの組み合わせは、程よい甘さで、お茶にもぴったり合います。

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 夏季限定wata-hako×かき氷セット

こちらは夏季限定の「wata-hako×かき氷セット」1,200円。好きな綿菓子1つと、抹茶、黒蜜きな粉、桜餅の3種から1つを選ぶかき氷のセットになってます。これまた甘いもの好きにはたまらん組み合わせ! さらにこちらでは…

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 wata-hana

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 夏季限定かき氷

大きな花束をイメージさせる綿菓子「wata-hana」600円のほか、夏季限定のかき氷600円もテイクアウト用として用意されております! ちなみに「wata-hako」は、1つのテイストが箱入り600円でおみやげ用に販売もされていますよ。

見た目はもちろん、おいしさにもこだわってます!

JEREMY&JEMIMAH ジェレミーアンドジェマイマ 古川町商店街 店長

ではここで店長の深田さんにお話をお聞きしてみましょう。

こちらの特徴を教えてください
「綿菓子に個性的なアレンジを加えた“wata-hako”を販売しています。立地的には商店街にあること。来てくださればおわかりいただけると思うんですが、この商店街がすごく良いロケーションなんです。でもシャッター化してしまっている。活性化の起爆剤になれればという思いもあって、オーナーが出店を決めました」
お客さんはどんな方が多いですか?
「たくさんのお客さんに来ていただいてますが、やっぱり女性の方が多いですね。綿菓子ということで、親子連れや近所に住む年配の方も来てくださいます。そして周辺にゲストハウスが多いので、海外のお客さんも多いですよ」
祇園にある1号店との違いは?
「提供している商品も違いますし、祇園ではできなかったイートインのスペースがあることが大きな違いですね」
「wata-hako」はとてもかわいい商品ですね?
「写真映えすることで注目されている部分も多いかと思いますが、テイストごとにザラメも開発、ドライフルーツは自家製など、味にも自信があります。ぜひ食べてみてください!」
見て楽しく、食べておいしい、新しい綿菓子の魅力に触れた今回。座敷になった2階でゆったり味わうもよし、テイクアウトして商店街周辺を散策しながら食べるのもよし、と気分に合わせて楽しめます。さらに「wata-hako」は、お土産にしたら「ヤダ、かわいい~!」と訪問先が盛り上がること間違いなし。京都で綿菓子、これからのおすすめですよ!
「JEREMY & JEMIMAH.(ジェレミーアンドジェマイマ)古川町商店街」
※こちらの店舗は閉店しました。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。