ホーム > スクープ > 【大阪・梅田】1カ月先まで予約待ち!コスパ最強の大人気ホテルバイキング

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ニューオープン
イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ ピンサ
2018年07月31日

【大阪・梅田】1カ月先まで予約待ち!コスパ最強の大人気ホテルバイキング

この記事の担当ガイド:高田 強

平日1,080円で食べられる話題のホテルランチバイキング

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ バイキング

2018年6月6日、大阪・梅田にオープンしたホテルヴィスキオ大阪。「グランヴィア」ブランドなどで知られるJR西日本ホテルズの新ブランド「ヴィスキオ」第1号としてオープンしたこのホテルが話題になっています。話題の中心はホテルに併設されているイタリアンレストラン「イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ」。このレストランは、朝食とランチはバイキングスタイルで、夜はアラカルトで楽しめます。

注目を集めているのはランチバイキング。グランフロント北館のすぐ東にあり、JR大阪駅からも阪急梅田駅からも徒歩5分圏内という好立地ながら、なんと平日であれば税込みで1,080円。ドリンク飲み放題をつけても1,300円というホテルバイキングとしては驚異の価格設定です。そんなこともあって、すでに大人気。取材を申し込んだ7月中旬時点で、ほぼ1カ月先まで予約でいっぱい。価格だけではないこちらのバイキングの魅力を探ります。

話題のホテルバイキングを訪問調査!

店も料理もできたてでピカピカ輝く!

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ ホテルヴィスキオ大阪

ホテルがあるのは、JR大阪駅をそのまま北へ徒歩5分ほどの場所。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ ホテルヴィスキオ大阪 エントランス

できたばかりなのでエントランスもピッカピカ。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 店内

エントランスを入ってすぐの左にあるのが「イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ」。店は、2方向に大きな窓があり、天井も高いので明るく開放的。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 店内

店内のビュッフェエリアには、たくさんの料理が並んでいます。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 料理

料理は、「魚介のタブレサラダ」や「イタリア風オムレツ」、「ツナとリコッタチーズの地中海」など多彩。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ ウフマヨ

手前の「ウフマヨ」などは人気です。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 料理

ほかにも、石窯を使った野菜のローストやランチ限定のココット料理などが並びます。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 料理

店名の“ヴェルデ カッサ”が緑の箱という意味であることから、野菜やサラダもたっぷり用意されています。

看板メニューをチェック!

個性の光る“大阪”メニューが充実!

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ ピンサ

こちらの看板メニューといえるのが「オリジナルピンサ」。ピンサとは、小麦粉で作るピザに近いのですが、生地に使うのは米粉や大豆粉。そのためピザにはない、フォカッチャやパンに近いふっくらとした質感が特徴です。食後の軽さも魅力。この「オリジナルピンサ」は店内の石窯で焼き上げるのですが、常時約6種用意。そのうち3種が大阪仕様になっています。「オリジナルピンサ」は、開店直後に大行列ができるほどの人気ぶり。せっかくなのでいただいてみます。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ オリジナルピンサ大阪
「オリジナル大阪ピンサ」

ピンサにタコや紅生姜をトッピング。仕上げにドロソースを使っています。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ オリジナルピンサ大阪

食べた味わいはたこ焼き。丸い生地からお好み焼きのような想像をしますが、味はやはりたこ焼き。生地の外側がカリッとしているのも好印象です。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ オリジナルピンサ十三
「オリジナル十三ピンサ」

ダシと赤味噌で炊きあげた牛すじ肉と青ネギをたっぷりトッピング。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ オリジナルピンサ十三

もちろん味わいは、ねぎ焼き。生地が米粉や大豆粉ということもあり和テイストにもジャストフィット。シャープな醤油の味わいも楽しい。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ オリジナルピンサ鶴橋
「オリジナル鶴橋ピンサ」

ダシマヨをベースに使いつつタマネギ、パプリカをトッピング。メインとなるのはプルコギ風の牛バラ肉です。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ オリジナルピンサ鶴橋

キムチソースも使用されていることから、韓国風の味わい。パプリカなどの食感も心地いいです。

まだある注目メニュー

「オリジナルピンサ」以外にも、パスタや串カツ、ガレットなどで、大阪を感じさせるメニューが用意されています。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ どて焼風ボロネーゼ
「どて焼風 ボロネーゼ」

牛すじとこんにゃくを煮込んだソースはコクと甘味があり、さらにトマトソースの酸味も加わります。ミートソースのようですが、しっかり味わうと「やっぱり、どて焼き!」と納得。パルメザンチーズやペンネとのバランスの良さも魅力的です。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ ペペロンチーノきつね
「ペペロンチーノきつね」

昆布とベーコンのダシで味を付けたパスタはきつねうどんをイメージして開発。味わってみると麺がダシをまとって、ちゃんときつねうどんを感じることができます。焦がされた油揚げのカリっとした食感も心地いい。白ネギなどそれぞれがいい仕事をしていて完成度が高いです。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 大阪イタリアン串カツ
「大阪イタリアン串カツ」

大阪名物である串カツも用意。この日はレンコンとカボチャ。細かめのパン粉を使った衣は、薄く仕上げるなど、たくさん食べられるような配慮も。バルサミコ酢が使われているソースもポイントです。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 大阪ガレット
「大阪ガレット」

遠目にはたこ焼きに見えますが、実はガレット。もっちりとした食感です。コンパクトなお好み焼きのような風味が楽しめます。

調理を担当するシェフに直撃!

何度も試作を重ね、1年以上かけて作りあげました!

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ シェフ

人気の秘密に迫るため調理担当の金井陽介さんを直撃しました。

すごい人気ぶりですね
「そうですね。オープニング直後というのもあるのかもしれませんが、今のところランチは約1カ月先までいっぱいになっています」
価格の力もあると思うのですがメニューもおもしろいですね
「1,080円という価格の中でお客様に期待以上の料理をお届けしたいという想いで取り組んでいます」
その結果、生まれたのが「オリジナルピンサ」なんですね
「はい。店がイタリアンということで中心になるメニューを何にしようかと、柏木料理長を中心にメンバーで考えて生まれました。それもあって、店内に石窯を設置しましたし、当ホテルをプロデュースするグランヴィア大阪のキッチンも使って1年近く試作や研究を重ねました。ピンサは、たくさんの種類を食べていただきたいということや、ピザより軽い食感ということもあり決定しました」

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ シェフ

それが人気に結びついているんですね
「トッピングがいろいろ楽しめる特徴を生かして決めたのが今のラインアップ。大阪の玄関口にホテルがあるということもあり大阪の名物をアレンジしたメニューも用意しました。柏木料理長のネーミングも好評です。先に定番のマルゲリータを食べて、味比べを楽しまれているお客様が多いようです。」

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 料理

「ピンサは、オープンキッチンの石窯を使って、お客様の目の前で焼きます。300℃以上で焼くことから、約2分で出来上がります。焼きたてを楽しんでいただけるのも喜んでいただいているポイントかと思います」
ほかにも魅力的な料理がそろいますね

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 料理 石窯 ロースト

「石窯があるので、釜でローストした野菜をお出ししているのですが、食材の甘みを引き出した味わいが好評です」

コストパフォーマンスの高さはピカイチ!

正直なところ、周辺ホテルのランチバイキングに比べると、品数や食材の豪華さなどは控えめなのですが、なんといっても1,080円。この価格から考えると満足度は200%超え。少数精鋭感のあるメニューが並んでいます。パスタ、ピンサを主食に、いろいろなおかずを味わう感覚で楽しむのがおすすめです。まだまだ人気が続きそうな感じがします。

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 高田強

イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ 店内

高田 強/フードライター
関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。約月1回ペースで登場する関西テレビ「よ~いドン!」のほか、ABCテレビ「おはようコールABC」、「おはよう朝日です!」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」、関西テレビ「ウラマヨ!」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。