ホーム > スクープ > 行列必至!「タピオカミルクティー」が大阪で大旋風を巻き起こす!

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ニューオープン トレンド
生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 タピオカミルクティー
2019年01月29日

行列必至!「タピオカミルクティー」が大阪で大旋風を巻き起こす!

この記事の担当ガイド:高田 強

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎

2018年12月だけで、話題店が4つもオープン!

ここ数年、台湾グルメの新店が関西地方でも続々とオープンしています。その理由のひとつが、関空から飛ぶLCC。場合によっては、国内旅行よりも手軽に行ける海外として“台湾”が人気となっています。日本からの渡航者数が2008年には約108万人だったのが、2017年には約189万人と約1.75倍。「台湾で出合ったおいしいモノを日本でも…」とのニーズに応えるように、台湾グルメの店が増えています。

2018年11月21日から1週間、阪神梅田本店で開催された「阪神の台湾フェス」も想定の倍以上が来場。関西での台湾グルメのヒートアップぶりを感じさせました。

TEA18 タピオカミルクティー

その中でも、トップクラスの人気だったのがタピオカミルクティーを販売していた「THE ALLEY」や「TEA18」。

タピオカミルクティーを中心としたドリンクが、台湾グルメブームを牽引しています。甘めのミルクティーにモチモチのタピオカが入ったミルクティーは、台湾の街なかにたくさんあり、台湾の人々にとって生活に欠かせない存在。観光客も飲む機会が多くなじみやすいのです。

そんなタピオカミルクティーの店が関西でも続々オープン。2018年12月だけで4店もの注目店が出店を果たしており、どの店も人気を博しています。

TEA18 タピオカミルクティー

↑阪神梅田本店の「阪神の台湾フェス」でも人気だった「TEA18」は2018年12月5日にJR大阪駅のエキマルシェにオープン。1月に入っても、平日、週末問わず行列が絶えない。


貢茶 ゴンチャ タピオカミルクティー

↑2018年8⽉にオープンした「貢茶(ゴンチャ)梅田茶屋町店」は、2019年1月でも週末にはこの行列ぶり。

タピオカミルクティーの人気の秘密を徹底調査!

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 外観

今回、タピオカミルクティーの人気の秘密を教えてくれたのは、2018年12月2日にオープンした「生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎」。

場所は、中崎町のJR東海道線高架下です。茶屋町のすぐ東側にあたり、阪急梅田駅まで6分ほど。学生やショッピング客の多い場所です。こちらもティースタンドスタイル。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 メニュー

ミルクティーやラテなどのドリンクに、タピオカや杏仁ソフトクリームなどを追加してカスタマイズするのが、現地同様の注文の仕方。甘さの指定もできます。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 スタンド

トッピングなどの場合は、少し時間がかかることもありますが、スタンド内で作られます。

京都・宇治の「北川半兵衛商店」の宇治抹茶を使用した抹茶ラテがあることやミルクフォームやチーズフォームなどのクリーミーなトッピングを用意しているところがこちらの大きな特徴。

また、人気店はほとんどそうなのですが、生タピオカを使用していることもポイントです。

そこで、どんなふうに作っているのかを見せてもらいました。

タピオカミルクティーができるまで!

生タピオカが食べられるようになるまで約1時間!

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 生タピオカ

まずは、黒糖を入れたお湯に、粉から練られてパチンコ玉ほどの球体になったタピオカを入れて煮込みます。これを約20分。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 生タピオカ

約20分間煮込むときれいな黒色になります。このあと約20分間鍋のなかで蒸されます。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 生タピオカ

蒸しの工程が終わったら、冷水で締めます。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 生タピオカ

お湯をわかすところから始めて約1時間ほどで、よく知るタピオカの状態になります。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎

奥の厨房でできあがったタピオカは、店頭のカウンターでミルクティーなどのドリンクで使用されます。

タピオカミルクティーの場合は、プラスチックカップに、先にタピオカを入れます。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 タピオカミルクティー

その上にミルクティーとシロップを入れます。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 タピオカミルクティー

氷を入れてできあがり。

ポイントは、やはりタピオカ。店で炊くタイプのタピオカを生タピオカと呼ぶことが多いのですが、冷凍や乾燥から戻したタピオカに比べて、モチモチ感が全く違います。口の中に吸い付くようなタイプのタピオカはたいてい生タピオカ。

ただ、生タピオカは時間が経つと固くなるというデメリットがあります。なので、お店でも少量を常に炊いているという状態が望ましく、その手間が大変なんだそうです。

「生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎」おすすめドリンク

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 ブラックミルクティー+タピオカ
ブラックミルクティー(M)+タピオカ 570円(税込)
スタンダードなミルクティーに、生タピオカをトッピング。台湾らしい、茶葉の味わいがしっかり感じられるのが印象的です。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 ハニーミルクティー+タピオカ
ハニーミルクティー(M)+タピオカ 570円(税込)
ブラックミルクティーに、はちみつの甘さを加えたハニーミルクティーは、はちみつの風味の優しくてまろやかな甘みとタピオカの黒糖の甘み2層の甘さの心地よさが好評。リピーターも多いそう。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 クランベリージャスミン+タピオカ
クランベリージャスミン(M)+タピオカ 550円(税込)
クランベリーのパンチのある酸味が女性に人気。酸味が強い分、タピオカの黒糖の甘みがわかりやすいのも特徴です。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 マンゴージャスミン+タピオカ+杏仁ソフトクリーム
マンゴージャスミン(M)+タピオカ+杏仁ソフトクリーム 750円(税込)
ジャスミン茶と合わせることで、マンゴーの甘さなどの味わいが控えめで上品。とはいえマンゴーの風味はしっかり主張しているので飲みやすく、タピオカとの相性もバツグンです。杏仁ソフトクリームは、独特の風味となめらかな舌触りが食べていて楽しい。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 宇治抹茶ラテ(M)+タピオカ+チーズフォーム
宇治抹茶ラテ(M)+タピオカ+チーズフォーム 790円(税込)
しっかり苦みのある抹茶にシロップとタピオカの黒糖の甘みのコントラストが楽しいラテ。抹茶の旨味とチーズフォームのチーズが意外なほど相性が良く、ほかでは味わえないドリンクです。

※価格はすべて店頭販売価格。店内では価格が変わります。

タピオカミルクティー人気の秘密は?

週末は平日の約4倍!ずっとタピオカを炊いています。

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 店長

タピオカミルクティーの秘密を店長の本間 光さんに聞いてみました。

こちらのお店の特徴を教えていただけますか?
「そうですね。うちの店は、台湾に本店があるとかではないので、台湾のティースタンドの良いところをたっぷり取り入れて、そこに日本の人の好きなテイストを加えています」
例えばどんなところがこちらのアレンジですか?
「系列に抹茶カフェがあるので、そちらで使っている1861年に創業した京都・宇治のお茶屋さん『北川半兵衛商店』の宇治抹茶を使った抹茶ラテやチーズ料理専門店もあるのでそちらのチーズやノウハウを生かしたチーズフォームをトッピングできるようにしています。台湾は暑くて湿度が高いこともあって、本場の味はかなり甘め。うちでは“甘さ控えめ”“ふつう”“甘め”の3段階を用意していますが、“甘さ控えめ”は他店より甘くないかもしれませんね」
台湾のミルクティーのテイストで大事にしたのはどこですか?
「生タピオカですね。これまでは、冷凍のタピオカを戻して使用するカフェなどが多かったと思うのですが、本格スタイルの専門店は、炊くところから始めている場合が多いようですね。手間はかかるのですが、モチモチ感が全く違うので頑張っています。週末などは、かなりたくさん炊いています」
こちらは、店内飲食ができるのも特徴ですね
「台湾料理の正統派のお店も多いので、うちでは小籠包などをかなりアレンジしたメニューを用意しています。花椒(ホワジャオ)を使ったピリ辛系のメニューも多いので、甘いミルクティーとのコントラストを楽しんでいるお客さんも多いですね」

生タピオカ専門店 ドラゴン・パール飯店 中崎 チーズの羽根小籠包
↑パリッとした羽根の部分にパルメザンチーズ。焼き小籠包の上にはチェダーチーズをトッピングした「チーズの羽根小籠包」4個 530円(税別)

こちらのお店の大きな特徴は、かなり日本人好みにアレンジしたメニューラインアップや味わい。ランチやディナーと共にタピオカドリンクを楽しめるのもほかにあまりないスタイルです。

まだある!オープンしたばかりの台湾スタイルティースタンド

2018年12月5日 OPEN
TEA18 エキマルシェ大阪店

バラエティ豊かな茶葉を楽しむ!

台湾のお茶専門店から誕生した、台湾茶とタピオカミルクティーの専門店。店名は、台湾紅茶の品種である「台茶(たいちゃ)18号」に由来します。生産量が少ない台茶18号は希少価値が高く、普通の紅茶の2倍近くのお値段だとか。

この紅茶を、こちらの店ではオーダーごとに用意。オリジナルのボトルで提供します。

もちろん、タピオカミルクティーも充実。黒糖味のタピオカを使用したドリンクは、 鉄観音や、東方美人、アッサムなどバリエも豊富です。

ミルクティー以外に、茶ラテ、フルーツティー、ストレートティー、クリームティというラインアップ。茶葉へのこだわりの強さが特徴のひとつです。

TEA18 エキマルシェ大阪店 タピオカミルクティー
↑台湾ミルクティーは鉄観音、東方美人、アッサム、緑茶(ジャスミン)の4種あり、各420円(税込)。

TEA18 エキマルシェ大阪店 ボトルティー
↑ボトルティーは、熱湯と茶葉をミキサーに入れて一緒にミキシングし、香りと旨味を引き出します。写真は桂花緑茶レモン(上)とTEA18紅茶(下)各450円(税込)。

住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-1 エキマルシェ大阪内
電話:06-6467-8586
営業時間:10:00~22:00(L.O.21:40)※混雑状況により、L.O.時間が前後する場合あり
休み:なし
アクセス:JR大阪駅桜橋口すぐ(改札外)

2018年12月1日 OPEN
THE ALLEY 三宮店

THE ALLEY 三宮店 外観

東京で話題の本格派ティースタンドが神戸へ!

台湾を中心にアジアはもちろん、北米やヨーロッパまで、グローバルに展開するティースタンド。日本には、2017年7月新宿に日本初上陸を果たし、以降続々と店を増やしています。

THE ALLEY 三宮店 店内

13店目で関西初登場となる三宮店は、イートインスペースが国内最大級の約60席。店内では、看板メニューのタピオカミルクティーのほか、サラダやパオなどのフードが充実しています。

THE ALLEY 三宮店 タピオカミルクティー

ミルクティーに使用されるのは、茶師が特別にブレンドしたフルーティーな香りが特徴のアッサムベースの茶葉。ディリオカと呼ばれるTHE ALLEY特製タピオカは、生地をたたいて手揉みをして形ができるまで、職人が心を込めて全て手作りにこだわります。もちもち感と噛んだときの香りのよさも魅力。

THE ALLEY 三宮店 タピオカミルクティー
↑定番のロイヤルNO.9 タピオカミルクティーは(M)500円(税別)、(L)600円(税別)。

THE ALLEY 三宮店 盆栽タピオカミルクティー
↑アッサムタピオカミルクティーに、ココアチップとミントをあしらい作り上げるTHE ALLEYの「盆栽」。盆栽タピオカミルクティーは(M)600円(税別)、(L)700円(税別)。


↑『THE ALLEY』はスタンド店が多いのですが、こちらはお店が広く、1Fの路面店なので、ゆったりカフェ利用ができます。

THE ALLEY 三宮店 グリルドパオ
↑イートインスペースがたっぷりあることから、フードメニューも充実。店内でこんがり焼き上げたパオに、魚や肉、野菜を詰め込んだ「グリルド パオ」。

住所:兵庫県神戸市中央区磯上通8-1-23 そごう神戸店 ウイング館1F
電話:078-241-7705
営業時間:10:00~23:00(L.O.22:30)
休み:不定休 ※そごう神戸店に準じる
席数:約60席〈禁煙〉
アクセス:JR三ノ宮駅から徒歩2分、阪急神戸三宮駅から徒歩3分、阪神神戸三宮駅から徒歩2分

2018年12月25日 OPEN
生タピオカ専門店 モッチャム

生タピオカ専門店 モッチャム

できたての生タピオカにこだわる!

2019年12月25日、なんばの高島屋のすぐそばにオープンしたのが、ティースタンドスタイルの「生タピオカ専門店 モッチャム」。日本初の生クリーム専門店「ミルク」を運営するオペレーションファクトリーが手がけます。しかも、ほかにないこだわりが。

100%ベトナム産のタピオカ粉を使った手作りのできたて生タピオカが入ったタピオカミルクティーが味わえます。

生タピオカに、こだわる店はほかにもたくさんあるのですが、こちらはなんと店内でイチから作ります。生タピオカが看板メニューの店でも、店内で、すでに球体になったタピオカをゆでるところからがほとんど。ところがこちらは、ベトナム産のタピオカ粉を練るところから始めます。

生タピオカ専門店 モッチャム

↑写真はイメージですが、生タピオカは、毎朝店で手ごね。日本に1台の球団機を使用し、丸いタピオカに仕上げます。

生タピオカ専門店 モッチャム めっちゃモッチャムミルクティー
↑「めっちゃモッチャムミルクティー」(M)490円、(L)590円など、モチモチとした新鮮な生タピオカの食感を1番に考えたドリンクメニューをそろえます。

生タピオカ専門店 モッチャム 沖縄黒糖ミルク
↑人気は、沖縄黒糖ミルク(M)490円、(L)590円。

住所:大阪府大阪市浪速区難波中1-6-8
電話:06-6633-6789
営業時間:11:00~21:00
休み:なし
アクセス:南海難波駅から徒歩5分

まとめ

2018年後半になってから、突然盛り上がりはじめた「タピオカドリンク」。関西より半年ほど早かった東京のほか、アジア全域でブームの兆しなんだそうです。アイスミルクティー+タピオカが基本的スタイル。冬場でこの人気ぶりだと、春から夏頃にかけて、もっとすごいことになりそうです。

高田 強/フードライター
関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。約月1回ペースで登場する関西テレビ「よ~いドン!」のほか、ABCテレビ「おはようコールABC」、「おはよう朝日です!」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。 毎年秋に発行される「関西ラーメンウォーカー」では、メインライターを務める。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。