ホーム > スクープ > フードライター厳選!拡大したグランフロント大阪「うめきたセラー」の注目グルメ

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ニューオープン
グランフロント うめきたセラー リニューアル
2019年03月26日

フードライター厳選!拡大したグランフロント大阪「うめきたセラー」の注目グルメ

この記事の担当ガイド:高田 強

JR大阪駅がすぐ目の前。いろいろなニーズに応えるグルメエリアになった!

グランフロント大阪 うめきたセラー

日々進化する日本有数のターミナル駅・JR大阪駅&各線の梅田駅。2018年だけでも、3月28日に「UMEDA FOOD HOOL(ウメダフードホール)」がオープン。その直後の4月1日に「LUCUA FOOD HALL(ルクア フード ホール)」もオープン。6月1日に「阪神梅田本店」の第一期棟の開業。6月6日には、グランフロント大阪 北館のすぐ東に「ホテルヴィスキオ大阪」ができるなど、グルメが関係するビッグプロジェクトが目白押し。

そんななか、JR大阪駅のすぐ北側にひろがる複合施設「グランフロント大阪ショップ&レストラン」も大きな動きを見せた。開業5周年の昨年から進めていた、地下1階に位置する「うめきたセラー」の拡大のリニューアルが2019年3月14日に完成しました。

グランフロント大阪 うめきたセラー

既存エリアには、写真のタピオカミルクティーで人気の「春水堂」や「茅乃舎」、「DEAN&DELUCA」、「THE CITY BAKERY」などをラインアップ。

グランフロント大阪 うめきたセラー

最新エリアには13のお店が登場し、そのうち9店がグルメ。関西を中心に情報誌やテレビで活躍するフードライターが、なにを食べるべきかチェックします!

日常使いができるいい店がそろった!

グランフロント大阪 うめきたセラー

新エリアにオープンしたグルメ系の店は9店舗。その中から8店舗をご紹介します。

肉や野菜料理がたっぷりそろう! 「THE BUFFET&Marché(ザ ブッフェ アンド マルシェ)」

グランフロント大阪 うめきたセラー THE BUFFET&marche

ルクア大阪にも「THE PLATINUM」や「元気になる農場レストラン モクモク」という人気の食べ放題があるのですが、それぞれが10階という上層階。

実は、調理を待たずにすむので手早く思い通りに食事を楽しめるというのもバイキングレストランのメリットのひとつ。

そんなニーズにも応えられるのが、地下1階で大阪駅の改札からのアクセスもいいこちらの「THE BUFFET&Marché」です。こちらはファミリーレストランの「すかいらーく」グループの新業態。

THE BUFFET&marche 店内

動線も広くとられたスッキリした店内で、利用しやすい配慮がされています。

THE BUFFET&marche ピンチョス

店頭からピンチョスが並べられ、テンションが上がります。

これを食べよう!

THE BUFFET&marche メニュー
ランチブッフェ 大人2,480円(税抜)、小学生1,180円(税抜)

こちらはブッフェ専門店。ワンメニューですが、料理の数は約80種。

THE BUFFET&marche グリル

グリルした肉類のメニューが充実しています。

THE BUFFET&marche 料理

ハンバーグなどもいろいろ食べられるようにプチサイズ。

THE BUFFET&marche お惣菜

おそうざいが並ぶブッフェ台は、なんともスタイリッシュ。

THE BUFFET&marche パスタ

「カターニャ名物 トマトと茄子のノルマ風パスタ」など、パスタやニョッキも並びます。

THE BUFFET&marche サラダ

注目はサラダなどの野菜。「タレBAR」があり、ドレッシングなどが20種類以上も用意されています。

THE BUFFET&marche グリル

こちらの野菜のグリルは、グランフロント内にある旬の食材が集まるアンテナショップ「SHUN*SHOKU LOUNGE」とコラボし、関西の生産者から直接仕入れたこだわりの野菜を使用しています。

THE BUFFET&marche ピンチョス

あと、もう一つポイントなのがピンチョス。プチサイズの料理がそろいます。

THE BUFFET&marche 料理

肉と野菜に力を入れている印象なので、ガッツリでも、ヘルシーでも自分好みにチョイスして楽しめます。あと、平日の10:00~11:30の限定のブランチは、料理数は少なくなりますが、1,280円(税抜)。お値打ちなので、おすすめです。

本格的な大阪スタイルの欧風カレー! 「いずみカリー」

いずみカリー

大阪・九条で生まれ、甘さとスパイシーさのコントラストが楽しめる大阪の欧風カレー感とボリュームの良さ、バラエティに富んだトッピングで人気のカレー店。

いずみカリー 店内

JR大阪駅直結の位置にできたということで、地元ファンだけでなく、観光客や出張族が気軽に大阪らしいカレーライスを楽しめるようになります。

いずみカリー メニュー

定番のビーフだけでなく、ハンバーグやトンカツなども人気です。

これを食べよう!

いずみカリー 野菜どっさりカレー
「野菜どっさりカレー」1,000円(税込)

こちらのカレーはいろいろ選べるのが特徴なのですが、できればほかにないタイプのものを食べて欲しいので、この野菜どっさりをおすすめします。ルーの上にはオクラ、カボチャ、ナス、ヤングコーン、ズッキーニ、ブロッコリーなどがトッピングされています。それぞれの野菜の食感を楽しめるのが魅力です。

また、ルーは「スタンダード」と「マイルド」の2種類から選べるのですが、ぜひ選んで欲しいのが「スタンダード」。最初に甘み、その後にスパイシーさが現れる大阪の欧風カレーの味わいで、このスパイシーさと野菜の甘みのコントラストも心地いいんです。

こちらではテイクアウト(2019年4月1日〜)もできるので、購入して上のうめきた広場で食べるのも楽しいと思います。

奈良・吉野の農園直営のフルーツパーラー 「堀内果実園」

堀内果実園

奈良市三条通りの人気フルーツパーラーが梅田のど真ん中に!

堀内果実園」は奈良県の吉野で100年以上続く老舗の果樹農園。国産・完熟・無添加のくだものやドライフルーツ・ジャム・シロップなどの加工品をネット販売したところ大人気に。

そんなことから2017年6月に奈良市の三条通りに直営ショップ併設のフルーツパーラーを開店し大人気となっています。

関連記事「“くだものを楽しむお店”明治から続く老舗『堀内果実園』が初の直営店を奈良にオープン!」はこちら

堀内果実園 加工品

こちらの店舗でもさまざまな商品を販売。

堀内果実園 イートイン

イートインスペースも用意されています。

堀内果実園 プレミアムサンド スムージー

こちらで味わえるのが、本店でも大人気のスムージーやフルーツサンド。手前のプレミアムサンドは、ブランドいちごをサンドします。価格は「あすかルビー」1,000円(税抜)、「古都華」1,200円(税抜)。

堀内果実園 社長

こちらのフルーツパーラーをオープンさせたのが、社長の堀内俊孝さん。

これを食べよう!

堀内果実園 ショートクリーム
「ショートクリーム」ベリーミックス/いちご 各600円(税抜)

堀内さんが「ほかにはないスイーツを作りました!」というのがこのショートクリーム。ワッフルコーンの中の白クリームはソフトクリームではなく、エスプーマした生クリーム。

堀内果実園 ショートクリーム

その上にフルーツがのっており、さすが果実園直営と思うのですが、このいちごがすごくおいしいんです。

堀内果実園 ショートクリーム エスプーマ

エスプーマは、想像以上にふわりと軽く、しかも口の中でサッと溶けていきます。エスプーマの下は、ジャム。果肉も入っていました。

「いろいろ調べたけど、ほかでやっていなかった。たぶんウチだけのスイーツです!」と堀内社長が胸をはる自信作。スイーツ好きであれば一度試してほしいですね。

ハワイで大人気のヘルシーアイス! 「Banan(バナン)」

banan ハワイ

ハワイの名門私立校プナホウスクール出身の4名がフードトラックではじめたバナナを使ったアイスクリームショップが「Banan(バナン)」。日本には横浜などにショップがありますが、今回が関西初出店。

banan ハワイ アイス

店は、販売のみですが、アイスは注文を受けてから受け取りカウンターで調理。目の前で作られるライブ感はテンションが上がります。

banan ハワイ メニュー

現在、3種のフレーバーが用意されています。

これを食べよう!

banan ハワイ オリジナル
「Original(スモールカップ)」680円(税込)

バナナを使ったアイスクリームなのですが、砂糖のほか、生クリームやミルクを使っていないことが大きな特徴で、自然な甘さが楽しめます。乳脂が入っていないことからローカロリーなことも魅力。

banan ハワイ カップ

アイスのカップには、いちごなどのフルーツが組み合わされています。

banan ハワイ グリーン

うめきたセラーの店舗限定で、ケール、スピルリナ、ジンジャー、ミントで作られた「Green(グリーン)」も販売されています。

banan ハワイ パパイヤ

1個1,600円と超贅沢ですが、パパイヤ半個を器にした「パパイヤボート」は、SNS映え間違いなし。

banan ハワイ スタンディングテーブル

テイクアウト専門ですが、セラー内にスタンディングスタイルの丸テーブルなども用意されているので気軽に楽しむことができます。

banan ハワイ アイス

砂糖と乳脂肪が使用されていないことから右側の大きなカップでもなんと約210kcal。おにぎり1個より低カロリーなのは魅力です。

また冷たいスイーツということもあり、現時点では秋までの限定出店だそうです。

立ち食い寿司店が進化形態で登場 「寿司 魚がし日本一」

寿司 魚がし日本一

目の前で板前がにぎる寿司を立ち食いスタイルで味わえる店として人気の「寿司 魚がし日本一」。東京を中心に25店舗以上あり、大阪でも中之島、なんば、阪神梅田本店にあります。

その最新店がこちら。なんばにある店は近鉄難波駅の改札内にあったり、阪神梅田本店の店は「スナックパーク」内にあるなど、“江戸前職人がにぎる”“お手ごろ価格”などは、変わらないのですが、店舗によって個性を出しているのも特徴。

寿司 魚がし日本一

外観もそうなのですが、店内もスタイリッシュ。

寿司 魚がし日本一 中之島店

以前取材した中之島のお店と比べる雰囲気が全く違います。(写真は中之島店)

関連記事「大阪初上陸!忙しいサラリーマンにぴったりのお手頃価格の江戸前立喰い寿司が中之島に!『魚がし日本一』」はこちら

寿司 魚がし日本一 BLACK LABEL

メニュー板も黒が基調になっていて、白い壁とのモノトーンのコントラストも印象的です。聞いてみると今回の店舗は「寿司 魚がし日本一 BLACK LABEL」がコンセプトなんだそうです。ちなみにこちらのお店は、基本的には立ち食いなのですが、平日の15:00以降と土・日・祝はイスが登場。お手ごろ価格の寿司を、ゆったり食べることができます。

寿司 魚がし日本一

写真では少しわかりづらいのですが、にぎったお寿司をのせるところもガラスだったりとオシャレ。

寿司 魚がし日本一

オシャレになってもお手ごろな価格帯は変わらず。

これを食べよう!

寿司 魚がし日本一 にぎり寿司
「にぎり寿司」2貫150円(税抜)~

こちらは、やはり自分好みで食べてもらうのが一番いいと思います。

とはいえ、気に入ったネタだけご紹介。

寿司 魚がし日本一 煮あさり
「煮あさり」2貫150円(税抜)

「漬けまぐろ」、「こはだ」などと同様に江戸前のネタの「煮あさり」。大阪の寿司屋さんでは、置いていない店が多いのです。しっかり醤油味で煮込みすぎずちょっとムチッとしたところが残っているのも魅力。

寿司 魚がし日本一 はまち
「はまち」2貫200円(税抜)

超定番ネタの「はまち」ですが、こちらはネタが分厚い。食べ応えがしっかりあるのでおすすめです。

寿司 魚がし日本一 赤海老
「赤海老」2貫600円(税込)

贅沢なネタなのですが、甘みもあってプリッとしていてたまらない。お財布に余裕があればぜひ食べていただきたいです。

寿司 魚がし日本一 高田強

ちなみに「寿司 魚がし日本一」の特徴のひとつに、ほぼ全部のネタを炙りにしてもらえるんです。それも、目の前の職人さんににぎってもらうメリット。フランクな職人さんも多いので寿司ネタの話などを楽しめるの魅力です。

また、ランチメニューなども用意しているそうなので、次に移動するときの乗り換えでサッと食べるのにもおすすめです。

心斎橋で人気のパン屋さんが梅田に進出 「やまびこベーカリー」

やまびこベーカリー

世界の料理人1,000人に選ばれた山形のイタリアン「アル・ケッチャーノ」のシェフ奥田政行さんがプロデュースするパン屋さん。1号店は心斎橋OPAのB2にあり、こちらが2号店となります。

やまびこベーカリー シェフ

地産地消をテーマにしていることから、丹波氷上の牛乳や和歌山の卵など、関西の食材を使っていることも特徴のひとつです。

やまびこベーカリー 店内

営業時間中はパンを焼いていることが多く、60種ほどのパンがそろいます。

やまびこベーカリー パン

食事パンや惣菜パンも充実。

やまびこベーカリー 玉ねぎパン

梅田店は、生産者から届いた食材を使って作る「農家パン」が充実しているそうです。

これを食べよう!

やまびこベーカリー パン

注目のパンをピックアップしました。

やまびこベーカリー アンチョビキャベツパン
「アンチョビキャベツ」240円(税抜)

こちらのお店限定の農家パンのひとつ。ソフトな食感の白パンの上にのるのがキャベツ。アンチョビの塩味がキャベツの甘みを際立てます。またキャベツの食感も心地いいんです。

やまびこベーカリー コーンパン
「北海道産とうもろこしのコーンマヨネーズ」180円(税抜)

ぎっしりとコーンがのったリッチなコーンパン。パンはほんのり甘みがありマヨネーズとの相性も良く、粒が大きく甘みと旨みをしっかり感じさせるコーンを引き立てます。

やまびこベーカリー 塩パン
「塩パン」130円(税抜)

見た目シンプルなパンですが、心斎橋店の売り上げナンバー1。ふんわりソフトな生地が特徴です。口にするとほのかな塩味とバターの旨みがしっかり。ビーフシチューなど料理のお供としても良さそうです。

やまびこベーカリー カレーパン
「とろりチーズのカレーパン」240円(税抜)

マイルドなカレーパンにモッツアレラチーズを仕込んでいます。持って帰って、レンジやトースターで30秒ほど温めるとチーズがとけ出し、おいしさがアップします。

やまびこベーカリー レジ

レジでは、ホットコーヒーなどのドリンクを販売。

やまびこベーカリー イートイン

22席分のイートインスペースがあるので、店内で食べることも可能です。

やまびこベーカリー フランス食パン

ハムサンドなどに合いそうな、軽い食感の「フランス食パン」1斤340円(税抜)なども販売しているので、会社帰りなどの利用にもピッタリです。

どんぶりメニューが充実した! 「マルモキッチン」

マルモキッチン

“お米を美味しく楽しく食べよう!”をテーマに、海鮮やお肉、野菜を使ったバラエティ豊かなメニューがそろうお店。全国で7店舗目になります。

料理は20種類以上。特にどんぶりメニューが充実しています。どんぶりは、定食スタイルで提供。具だくさんな味噌汁も魅力です。

マルモキッチン 店内

落ち着いたインテリアの店内にはカウンター席もありサッと食べるのにも向いています。

これを食べよう!

マルモキッチン 漬けまぐろとトロたくの照りマヨごはん
「漬けまぐろとトロたくの照りマヨごはん」1,300円(税抜)

19種のどんぶりメニューがあるのですが、そのうち10種が海鮮系。そのなかでもトップクラスの人気がこの漬けまぐろのどんぶりです。

マルモキッチン 漬けまぐろとトロたくの照りマヨごはん

トッピングの主役は少しねっとり感のある漬けまぐろですが、いい働きをするのがネギトロにたくあんを混ぜ込んだトロたく。ごはんと混ざり合い、味わいと食感で楽しませてくれます。

また、温泉玉子がどんぶりをさらに華やかな味わいに変えてくれます。

マルモキッチン 贅沢海の幸ごはん

ちなみに、「贅沢海の幸ごはん」1,400円(税抜)も、ごはんと混ざりやすく人気だそうです。

マルモキッチン テイクアウト

どんぶりが中心なので、サッと食事をするのに向いています。テイクアウトコーナーがあるので、梅田界隈の会社員にウケそうです。

また、牛乳、チーズ、生クリームにカツオダシとアンチョビを加えた「カルボうどん」や「ベリーの白玉あんみつ」などの甘味など、女性好みのメニューが充実しているので、女性客でもにぎわいそうです。

大阪で唯一の紅茶が充実したタリーズ! 「TULLY’S COFFEE&TEA(タリーズ コーヒー アンド ティー)」

TULLY’S COFFEE&TEA

コーヒーチェーンタリーズが2017年10月からはじめたブランドが「TULLY’S COFFEE & TEA」。こちらは全国で5店舗目。関西では京都に次いで2店舗目となります。その名の通り紅茶に力を入れていて、「&TEA」でしか味わえないティーメニュー13種と、紅茶に良く合うティーフードを用意しています。

TULLY’S COFFEE&TEA 店内

イートインスペースもあり、店舗ではティーカップで提供されます。

関連記事「関西初登場の『タリーズコーヒー&TEA』が京都高島屋にオープン!」はこちら

これを飲もう!

TULLY’S COFFEE&TEA クオリティ ダージリン
「クオリティ ダージリン」500円

一番おいしいクオリティシーズン(旬の時期)に摘み取った茶葉を使用。エグみや渋みがなく、飲みやすい味わいが特徴です。こちらはストレートで飲むのがおすすめ。

TULLY’S COFFEE&TEA スイーツ

紅茶に合うスイーツも充実しています。

TULLY’S COFFEE&TEA サンドイッチ

サンドイッチ類もそろっているので、ランチを食べ逃したときなどにも使えます。意外に多いコーヒーが飲めない人には、かなりありがたいカフェです。

スピーディに食べたいときに重宝する!

グランフロント大阪 うめきたセラー 高田強

今回、紹介した店舗で一部を除いて共通するのが、スピード感。乗り換えターミナル駅らしくサッと食べられるアイテムの店が多めです。

また、すぐそばにバルチカがあるためか、“お酒を飲む”ではなく、“食べる”&“お茶する”というタイプの女性好みな店をラインアップ。

“昼ご飯を食べ損ねた”や“ちょっと小腹を満たしたい”、“会社帰りにごはんを食べたい”などに応えてくれる、ちょっとした使い勝手の良さを感じます。

高田 強/フードライター
関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。約月1回ペースで登場する関西テレビ「よ~いドン!」のほか、ABCテレビ「おはようコールABC」、「おはよう朝日です!」、「キャスト」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。 毎年秋に発行される「関西ラーメンウォーカー」では、メインライターを務める。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。