ホーム > スクープ > 大阪城公園の注目施設がパワーアップ!「JO-TERRACE OSAKA」にラーメンエリアが登場

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ニューオープン
JO-TERRACE OSAKA 大阪城下町 らーめん小路
2019年06月11日

大阪城公園の注目施設がパワーアップ!「JO-TERRACE OSAKA」にラーメンエリアが登場

この記事の担当ガイド:高田 強

JR大阪城公園駅直結のグルメたっぷり施設にニューフェイス!

JO-TERRACE OSAKA

JR大阪城公園駅直結の商業施設「JO-TERRACE OSAKA」。カフェやイタリアン、和食、たこ焼、お好み焼など15以上の飲食店を含む19店がそろう商業施設に、開業2周年を迎える2019年5月30日、新エリア「大阪城下町」が誕生しました。

この新エリアになんと大量のラーメン店がオープンするということで内覧会に潜入。その模様をご紹介します。

外国人観光客の好きそうなものをそろえたグルメ&エンタメエリア!

らーめん小路

エントランスを入ると向かって左が「らーめん小路」というラーメン店が並ぶエリア。右側にあるのが、VRで忍者体験ができる「VR NINJA弥助」と抹茶と和菓子でほっこりできる「忍者茶屋」。

忍者茶屋

ラーメンエリアはあとでたっぷり紹介として、忍者エリアをチェック。入口には忍者が待ち構えています。

VR NINJA弥助 グッズ

忍者グッズも販売されています。

忍者茶屋 竹炭ソフト

「忍者茶屋」で販売している、竹炭のソフトクリームを食べました。

利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU バーカウンター

「VR NINJA弥助」の隣になんと和テイストのバーカウンターが。

利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU バーカウンター

なんとこちらは、利き酒バー。真裏のステーキレストランと一体になった「利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU」の一部です。カウンター奥の壁に近畿2府4県の36銘柄の日本酒がズラリ。

利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU 利き酒バー

“利き酒バー”というだけあって基本的には、36種の内の3種をセレクト。

利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU 利き酒セット

約30ccの日本酒3種を飲み比べて楽しむというスタイルになっています。この「利き酒セット」が500円。いろんな種類の日本酒が飲めるのは楽しいですね。

利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU 入り口

和牛ステーキの鉄板焼きをのぞいてみました。

利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU スタンディング

こちらは、店内で焼かれた鉄板焼きのステーキをスタンディングで味わうお店です。

利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU シェフ

「わさびや粗切りニンニク醤油、梅ペーストなど常時10種のソースを用意しているので、ステーキに付けて楽しんでください!」と腕を振るう朝倉隆也シェフ。

利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU 黒毛和牛リブロース
「特選黒毛和牛のリブロース(150g)」3,240円(税別)

この日は、希少な「のざき牛」を用意。贅沢なお味でした。黒毛和牛は、その時点で手に入る良質な黒毛和牛を使用するそうです。本来は、お肉にご飯とサラダがセット。また、お肉に合う日本酒も用意されています。

技ありな個性的ラーメンがそろう「らーめん小路」!

らーめん小路

目的の「らーめん小路」へ。こちらは7つのラーメン店が軒を連ねるラーメンゾーンです。

らーめん小路

流行のフードコートスタイルではなく、各店がそれぞれに20~30席ほどのイートインスペースを持っています。内覧会の時点では、7店中5店がオープン。6月末ごろまでには、未開店の「スパイスラーメン 点と線」、「ラーメン而今」が加わりそろうそうです。

ということで、現在食べられる5店でラーメンを食べてきました。

ミシュランガイドに3年連続掲載されたイタリアンラーメン! 「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」

黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン 外観

数々のレストランのシェフを務めた石塚和生シェフがイタリアンのノウハウを生かし作りあげた「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」。ラーメン界の伝説・故佐野実さんから学んだ技法に独自のアイデアやアレンジを加えたラーメンを提供しています。2009年のオープン以後、着実にファンを増やし、ミシュランガイドにも3年連続掲載。現在は、台湾まで含めて6店舗。こちらで7店舗目となります。

この一杯がおすすめ!

黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン 生ハムフロマージュ
「生ハムフロマージュ」1,180円

鶏ベースの塩味が効いた清湯スープに真っ白いチーズがかかっているのが看板メニューの「らぁ麺フロマージュ」。それに生ハムをトッピングしています。香りも華やかでしっかりとした鶏清湯スープは、それだけで上品な味わい。コシのある麺中細麺との相性もバツグン。

黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン 生ハムフロマージュ

この麺にスープに浮かべられたチーズを絡めて食べるのが、このラーメンの特徴。チェダーやゴルゴンゾーラを使ったチーズは濃厚で、絡めるだけで味が大変化します。

黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン 店主

「麺も佐野(実)さんのところで作ってもらったものを送ってもらい、東京の店と同じものをここでも出しています」と店主の石塚和雄さん。

夏季限定メニューとして、トマトラーメンの「冷製トマトコレクション2019」1,400円も用意。ほかでは、なかなか味わえないイタリアンなラーメンが味わえます。

岡山発の絶妙とんこつラーメン!「すわき後楽中華そば」

すわき後楽中華そば 外観

1964年に岡山で生まれたとんこつラーメンの店。岡山ではよく知られているそうで、とんこつ醤油が看板メニュー。スープは、あっさりしていながらも旨味が強く約2日間かけて炊いています。ほかにも、50年以上ラーメンを作ってきたノウハウを生かした長期熟成の醤油ダレや自家製麺などが自慢。

すわき後楽中華そば 店内

関西初進出店となるこちらの店では、とんこつ醤油ラーメンをアレンジしたメニューで勝負しています。

この一杯がおすすめ!

すわき後楽中華そば 金ごまラーメン
「金ごまラーメン」950円

とんこつ醤油ラーメンをベースに練りゴマやミンチ、ラー油を加えています。食材の構成では担々麺に近いのですが、印象としてはとんこつラーメンを担々麺風にアレンジ。肉みその甘さやゴマ油の辛さが心地いいラーメンとなっています。

現在は、岡山の店でも出しておらず、こちらの店のみ。将来的には、ほかの店でも食べられるようになるそうです。

すわき後楽中華そば 山椒

また、別添えで2種の山椒を用意。香りや辛さなどそれぞれの個性がある山椒を後から加えることで味の変化を楽しめます。

中国人オーナーとシェフが日本に向けて作る麺料理! 「上海まぜそば拌麺888」

上海まぜそば拌麺888 外観

こちらの店の大きな特徴は店主も料理人も中国人。定番メニューはゆでたての麺に“葱油”を絡めて食べる汁なし麺。2019年1月30日に豊中でオープン以降、一気に店舗を増やし、こちらで5店舗目になります。

上海まぜそば拌麺888 店内

上海まぜそばのほか「鶏葱塩まぜそば」780円、「汁なし担々麺」780円、「海老まぜそば」780円など、多彩なメニューをラインアップしています。

この一杯がおすすめ!

上海まぜそば拌麺888 上海まぜそば
「上海まぜそば」680円

看板メニューのひとつ。ネギと肉味噌を絡めて食べるまぜそばです。

上海まぜそば拌麺888 上海まぜそば

細いながらもしっかりとしたコシのある麺はまぜると醤油ダレがしっかり絡みます。

上海まぜそば拌麺888 上海まぜそば

味の決め手は、ネギ。青ネギ、白ネギ以外に炒めたネギに、ネギ油とネギづくし。香味野菜の代表であるネギの苦みや、香ばしさをいかした旨味が生きるまぜそばに仕上がっています。

上海まぜそば拌麺888 中国人シェフ

こちらでは一流の中国人料理人が調理を担当。

上海まぜそば拌麺888 点心

麺メニュー以外に、豚まんや小籠包も味わえます。

一乗寺ラーメンの先輩格が鶏白湯で参戦! 「京都中華そば 天天有」

京都中華そば 天天有 外観

“天天有”といえば、関西のラーメン好きであれば知らぬ者がいないほどの超有名店。京都の歴史あるラーメンは、「背脂ちゃっちゃ系」といわれる鶏清湯ラーメンが主流ですが、もうひとつあってそれが「鶏白湯麺(とりぱいたんめん)」。特に「天下一品」が有名なのですが、こちらの天天有も1971年の創業で天下一品とほぼ同い年。京都の鶏白湯ラーメンのパイオニアとして知られています。

京都中華そば 天天有 店内

その歴史ある京都ラーメンが大阪で、味わえるように。

この一杯がおすすめ!

京都中華そば 天天有 鶏白湯ラーメン
「鶏白湯ラーメン」750円

10時間以上かけて炊く濃厚な鶏白湯スープが特徴の一杯。少し細めの麺との絡みもよく、安定感のある味わい。食べる直前に感じる鶏の香りはもちろん、麺にしっかり絡むスープは、ほどよい粘度と濃厚な旨味が特徴。しっとりしたチャーシューとのバランスも絶妙。

京都中華そば 天天有 鶏白湯ラーメン

細麺にスープがよく絡み、感動的な味わい。

京都中華そば 天天有 券売機

メニュー構成はいたってシンプル。

トビウオを使ったコクありすぎなスープのラーメン! 「焼きあご塩らー麺 たかはし」

焼きあご塩らー麺 たかはし 外観

カツオ節のほか、いりこやイワシの煮干しなど、魚介をベースにしたスープはいろいろあるのですが、その中でもよいダシが出るが高価なことで知られるのが「あご」と呼ばれるトビウオ。こちらの看板メニューが、“焼きあご”を使った「焼きあご塩 らー麺」です。こだわりたっぷりのラーメンがウケて、今やこちらの店を含めて6店舗。

焼きあご塩らー麺 たかはし 店内

窓に面しているため明るい店内は、系列店同様スッキリとしていて、女性から支持されそうです。

この一杯がおすすめ!

焼きあご塩らー麺 たかはし 焼きあご塩ラーメン
「焼きあご塩らー麺」800円

国産豚のゲンコツを使ったとんこつに焼きあごなどの魚介を加えてスープを炊いています。

焼きあご塩らー麺 たかはし 焼きあご塩ラーメン

いわゆる着丼(ラーメンが席に届いた)の瞬間、あごの香りがふわりと鼻腔をくすぐります。スープを飲んでみると、とんこつベースということを忘れてしまいそうな、魚介の味わい。なんと焼きあごは、塩ダレや仕上げの香味油にも使用。栃木県の佐野から取り寄せるコシのある縮れ麺ともよく合っています。上品ながらも力強さを感じさせるスープは、ラーメン好きであれば一度試してほしいですね。

らーめん小路

とりあえず、内覧会で味わえるラーメン店をぜんぶ回ってみましたが、「なるべくカブリが発生しないよう、しかも個性的な店を集めた」という印象でした。「大阪を訪れる外国人観光客の4人中3人がラーメンを食べている」と当日に来賓として挨拶していた大阪観光局長の溝畑宏さんが言うように、立地を生かし、外国人にウケそうなラーメン店を結集。ラーメン業界では“連食”というのですが、胃袋の大きな欧米系の外国人が、はしご酒ならぬ、“はしごラーメン”が楽しめるようにしているんじゃないかと思います。

あごダシスープやフロマージュラーメンなど、エッジの効いたラーメンは、食べてみるとはまるかも知れませんね。

関連記事「【関西グルメスクープ!】ラーメン好きはこの街へ行け!激戦区 大阪・天六に実力店続々!」はこちら

関連記事「【関西グルメスクープ!】大阪・塚本がラーメン激戦区に変貌!ラーメン好きなら足を運んでほしい注目の7店を一挙紹介!」はこちら

高田 強/フードライター

関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。約月1回ペースで登場する関西テレビ「よ~いドン!」のほか、ABCテレビ「おはようコールABC」、「おはよう朝日です!」、「キャスト」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。 毎年秋に発行される「関西ラーメンウォーカー」では、メインライターを務める。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。