ホーム > スクープ > お得プランを使いこなす!関西2,000円台ビアガーデン利用法

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ニューオープン トレンド
関西 ビアガーデン
2019年07月09日

お得プランを使いこなす!関西2,000円台ビアガーデン利用法

この記事の担当ガイド:高田 強

ほとんどのビアガーデンが4,000円超えの現実!

関西 ビアガーデン

暑い日が続くと恋しくなるのがビアガーデン。仲間たちと星空の下で飲むのは最高だ。そして、行こう! と盛り上がったあと、悩ましく感じるのが、どこにいけばいいのか? 年に何度も行くところではないし、シーズンは夏のみ。

そこで、eoグルメでは、毎年、関西地方の約50ヵ所のビアガーデンをラインアップした「ビアガーデン特集」のページを期間限定で公開しています。

ビアガーデン特集2019

【イベント】ビアガーデン特集2019

そんなビアガーデンですが、4,000円オーバーの店がほとんど。4,000円から5,000円の価格帯が多く、店によってはザ・リッツ・カールトン大阪の「アンリオ バブルガーデン」のように12,800円と超豪華なところも。

でも、できることならなるべくお安く楽しみたい。そこで今回は、約50スポットの中から、2,000円台で楽しめるお得なサービスプランをピックアップ。頭と時間を上手に使って、お得にビアガーデンを楽しめる方法を伝授します!

探せばある! 2,000円台で楽しめるビアガーデン

さて、ストレートに定価で2,000円台ビアガーデンは残念ながらありません。いわゆるハッピーアワー的な方法で楽しめるプランを用意しているビアガーデンがいくつかあるのです。そんなビアガーデンを紹介します!

早い時間&遅い時間に行けば1,000円引き! 大丸京都店 屋上『大丸ビアガーデン KYOTO 2019』

大丸ビアガーデン KYOTO

大丸京都店の屋上で開催されているビアガーデン「大丸ビアガーデン KYOTO 2019」。鉄板焼きコンロを囲んでの「チーズタッカルビ」や「バーベキュー」などのセットメニュー+10~15種用意されるビュッフェメニュー+飲み放題が楽しめるビアガーデンです。

大丸ビアガーデン KYOTO

こちらのお得サービスが2,000円台!

◆アーリープラン
【平日】17:00~18:30の90分制、【土・日・祝】16:00~17:30の90分制で1,000円引き

◆レイトプラン
20:30以降の入場で、1,000円引き

大丸ビアガーデン KYOTO

サービスプランを利用すると写真の税込3,500円コース
「チーズタッカルビ+飲み放題+ビュッフェ」
※毎週日曜日~木曜日限定、ただし祝日およびその前日を除く

が2,500円で楽しめます。

大丸ビアガーデン KYOTO

会場は約220席。京都らしいイメージの席も用意されています。

大丸ビアガーデン KYOTO

河原町沿いなので、会社や買い物帰りにふらりとレイトプラン利用などもおすすめ。

大丸ビアガーデン KYOTO アルコール

こちらはバドワイザーやコロナの瓶ビールも飲み放題。

「大丸ビアガーデン KYOTO 2019」詳細情報はこちら

料金/3,500~5,000円
料理/メイン料理+日替わりの前菜やおつまみ10~15種類が食べ放題
ドリンク/約30種類が飲み放題

20時以降の入店で大人料金が2,000円! 京都タワーホテル/タワービル10階屋上
『京都タワービアガーデン2019』

京都タワービアガーデン2019

JR京都駅が目の前、京都タワーのほぼ真下で楽しめるビアガーデン。

京都タワービアガーデン2019

京都タワーの迫力もすごいのですが、京都らしく建物の高さ規制があるので、空が広く感じるのもいいんですよね。

京都タワービアガーデン2019 席

会場は420席とかなり大きめ!

京都タワービアガーデン2019 料理

今年は年号が変わるタイミングからのスタートということもあり、「焼きそば」や「ハムカツ」など、昭和テイスト料理がズラリ。

京都タワービアガーデン2019 料理

「ジャンボパエリア」や「マリネポークのハーブロースト」など、平成世代向けのメニューを用意。

京都タワービアガーデン2019 料理

施設は2018年にリニューアル。ブッフェ台も取りやすくできています。

京都タワービアガーデン2019 料理

ライブ感あるコーナーもあります。

こちらのお得サービスがジャスト2,000円!

◆レイトプラン
20:00以降の入場で、2,000円 ※7~8月の金・土曜日は対象外

ラストオーダーまで30分、閉店まで1時間という時間制限はありますが、しっかり料理をキープして楽しめば十分元がとれそう。

京都タワービアガーデン2019 アルコール

「アサヒスーパードライ」や「キリン一番搾り」、「ハイネケン」さらに、昭和に誕生したアサヒ生ビール「マルエフ」などビールだけで7種類が飲めるのも魅力です。

「京都タワービアガーデン2019」詳細情報はこちら

料金/大人4,400円、小学生2,000円、幼児(3歳以上)1,000円(7・8月の日~木曜)
大人4,500円、小学生2,000円、幼児(3歳以上)1,000円(7・8月の金・土曜)
大人3,900円、小学生1,800円、幼児(3歳以上)1,000円(9月)
料理/約30種類が食べ放題
ドリンク/約20種類以上が飲み放題

20時半以降の入店で2,000円! しかも1時間半都ホテル 京都八条/本館屋上 スカイビアガーデン
『スカイビアガーデン 2019』

スカイビアガーデン 2019

JR京都駅の北側に位置するビアガーデン。「都ホテル 京都八条」の屋上で開催されています。内容的には、フード60種類、ドリンク20種類が飲み食べ放題。

スカイビアガーデン 2019 料理

「都ホテル 京都八条」には、ランチ100種類、ディナー120種類の品数が並ぶバイキングレストラン「ル・プレジール」 があって、多彩なメニューには定評があります。

スカイビアガーデン 2019 ビール ステーキ

「アサヒスーパードライ樽生ビール」と「牛肉のステーキ」が必食ドリンク&フードメニューです。

こちらのお得サービスもジャスト2,000円!

◆レイトプラン
20:30以降の入店で2,000円 ※7~8月限定

22:00クローズなので1時間半楽しめるのは、お得。フードのラストオーダーは21:00ですが、ドリンクは21:30までなので、十分楽しめます。

スカイビアガーデン 2019

開放感バツグンの屋上で楽しめます。

「スカイビアガーデン 2019」詳細情報はこちら

料金/大人3,800円、小学生2,000円、幼児(3歳~)500円(5月・9月8日~23日)
大人4,300円、小学生2,000円、幼児(3歳~)500円(6月1日~9月7日)
料理/約60種類が食べ放題
ドリンク/約20種類が飲み放題

神戸にもあった2,900円の飲み食べ放題! 大丸神戸店/10階 レストラン・山の見える広場
『もとまちビアガーデン』

もとまちビアガーデン

大丸神戸店のテラスで開催されているのが「もとまちビアガーデン」。

もとまちビアガーデン 大丸神戸店

こちらのビアガーデンは、「茄子のトマト煮」や「ジャーマンポテト」、「鰯の梅煮」など、約60種のフードが用意され、生ビール(アサヒスーパードライ・スーパードライブラック)、ワインなど27種のドリンクと共に飲み食べ放題で楽しんで4,200円。

もとまちビアガーデン 料理

「点心3種(焼売・ミニ肉まん・小籠包)」や「チヂミ」、「タンドリーチキン」、「ビビンバ」などの屋台コーナーが人気です。

もとまちビアガーデン 屋台コーナー

この屋台コーナーはないのですが、ランチタイムとディナータイムの少し前だと、2,900円でビアガーデンが楽しめます。

◆120分ランチビアホールコース
2,900円、中学生以上2,000円、小学生1,500円、4歳以上700円※料理全53品、ドリンク約27品飲み食べ放題

◆アーリーチャンス
2,900円、中学生以上2,000円、小学生1,500円、4歳以上700円※16:00~16:30に入店、90分・屋内席。料理全53品、ドリンク約27品飲み食べ放題

もとまちビアガーデン ワイン

ワインが充実しているのも特徴のひとつ。

もとまちビアガーデン 席

緑に囲まれた屋上で、昼間からビアガーデンを楽しむというのも贅沢で楽しいのではないでしょうか。

「もとまちビアガーデン」詳細情報はこちら

料金/大人4,200円、中学生以上2,800円、小学生1,800円、4歳以上800円
料理/約47種類が食べ放題
ドリンク/約23種類が飲み放題

立って利用すれば梅田駅前で飲み食べ放題2,000円! 阪急うめだ本店/13階 屋上広場『うめだ阪急ビアガーデン』

うめだ阪急ビアガーデン

2013年にスタートし、これまでの“おっさん達の夏場のオアシス”的な存在だったビアガーデンを、“アフターファイブを楽しむ女性達の夏の選択肢”のひとつにした画期的なビアガーデンが「うめだ阪急ビアガーデン」。

うめだ阪急ビアガーデン

デパ地下があることから、ほかのビアガーデンよりワンランク上のフードが用意されています。

うめだ阪急ビアガーデン 料理

今年は「日本のれんフェア」と題して、九州、関西、北海道・東北のご当地グルメが期間ごとに入れ替わります。2019年5月27日(月)~7月2日(火)までの第1弾は、「酔いどれ 博多・九州のれんフェア」が開催されました。「博多の鶏白湯出汁おでん」をはじめ、「中津の鶏唐揚げ」、「宮崎県産塩ゆで枝豆」など、期間限定の焼酎や日本酒に合うメニューが登場し、賑わいました。

うめだ阪急ビアガーデン おでん

まだまだ、寒い日もある6月にあったかい「博多の鶏白湯出汁おでん」を用意するなど、「さすが“うめ阪”!」と思わせます。

うめだ阪急ビアガーデン 焼鳥

7種類からローテーションで2種類が常時並ぶ焼鳥は人気メニュー。

うめだ阪急ビアガーデン 席

会場は、13階。屋上というより、中庭やテラスという言葉が似合うスペース。

うめだ阪急ビアガーデン

たくさんの屋台に料理が並べられます。

うめだ阪急ビアガーデン スタンディング

この会場内にスタンディグスペースが用意されており、この場所で楽しめるプランが60分2,000円の飲み食べ放題!

◆スタンディングプラン
2,000円(60分制)※当日限定(予約不可)の立ち呑みプラン、未就学児無料

予約はできないですが、会社帰りなどにふらりと寄るのにちょうどいい。7月3日(水)~8月27日(火)の第2弾は「食文化! 関西のれんフェア」、8月28日(水)~9月30日(月)の第3弾「美味! 北海道・東北のれんフェア」と続くので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「うめだ阪急ビアガーデン」詳細情報はこちら

料金/大人3,980円、小学生1,600円、未就学児無料
料理/約40種類が食べ放題
ドリンク/約50種類が飲み放題

さすがに、2,000円台となるといろいろな制約があるのですが、ライフスタイルやその日の気分に合えば、お得に楽しめるので、ビアガーデンの予定を組む前に一度検討してみることをおすすめします。

高田 強/フードライター
関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。約月1回ペースで登場する関西テレビ「よ~いドン!」のほか、ABCテレビ「おはようコールABC」、「おはよう朝日です!」、「キャスト」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。 毎年秋に発行される「関西ラーメンウォーカー」では、メインライターを務める。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。