ホーム > スクープ > オープンエアを満喫!京阪神 絶景ビアガーデン

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ニューオープン トレンド
関西 ビアガーデン 絶景
2019年07月09日

オープンエアを満喫!京阪神 絶景ビアガーデン

この記事の担当ガイド:高田 強

ビアガーデン選びの基準を何にするか!

関西 ビアガーデン

梅雨が明けたらビアガーデンシーズンの本番が到来。「さて、ビアガーデンに行こう!」となったときに選ぶ基準は?

「場所」、「価格」、「料理の数」、「ドリンクの数」、「制限時間」などありますが、「開放感」と「景色」といった雰囲気も重要な要素。

そこで、毎年、関西地方の約50ヵ所のビアガーデンをラインアップした「ビアガーデン特集」のなかから、絶景自慢のビアガーデン5ヵ所をピックアップしました。

ビアガーデン特集2019

【イベント】ビアガーデン特集2019

ビルや都市部の夜景だけじゃない! さまざまな絶景ビアガーデン!

関西 ビアガーデン

ビアガーデンの景色というとホテルや百貨店の屋上から、周辺ビルなどの夜景を見ることができるというのが、スタンダード。今回は、もうワンランク上の景色が楽しめるビアガーデンをチョイスしました。

京都の名物を見上げながら!京都タワーホテル/タワービル10階屋上
『京都タワービアガーデン2019』

京都タワービアガーデン2019

JR京都駅が目の前、というアクセス的に好立地なビアガーデン。

京都タワービアガーデン2019 京都タワー

ここでは、京都のランドマーク京都タワーのほぼ真下で飲めるんです。

京都タワービアガーデン2019 席

見上げながらというちょっと変わった景色になりますが、京都の名所で飲んだとちょっとした優越感を味わえます。

京都タワービアガーデン2019 料理

今年は年号が変わるタイミングからのスタートということもあり、「焼きそば」や「ハムカツ」など、昭和テイスト料理がズラリ。

京都タワービアガーデン2019 料理

さらに、「ジャンボパエリア」や「マリネポークのハーブロースト」など、平成世代向けのメニューもたっぷりラインアップ。

京都タワービアガーデン2019 料理

施設は2018年にリニューアル。ブッフェ台も取りやすくできています。

京都タワービアガーデン2019 料理

目の前で鉄板焼きが楽しめるライブ感あるコーナーもあります。

京都タワービアガーデン2019 アルコール

「アサヒスーパードライ」や「キリン一番搾り」、「ハイネケン」さらに、昭和に誕生したアサヒ生ビール「マルエフ」などビールだけで7種類が飲めるのも魅力です。

お向かいのJR京都駅も夜になるとかなりいい景色なので、実際に行って確かめてみてください。

「京都タワービアガーデン2019」詳細情報はこちら

料金/大人4,400円、小学生2,000円、幼児(3歳以上)1,000円(7・8月の日~木曜)
大人4,500円、小学生2,000円、幼児(3歳以上)1,000円(7・8月の金・土曜)
大人3,900円、小学生1,800円、幼児(3歳以上)1,000円(9月)
料理/約30種類が食べ放題
ドリンク/約20種類以上が飲み放題

ライトアップされた八坂神社を見ながら!アパホテル〈京都祇園〉EXCELLENT/屋上
『京都祇園クラフトビアガーデン in アパホテル』

京都祇園クラフトビアガーデン in アパホテル

今年から、BBQメニューになったのがアパホテル〈京都祇園〉EXCELLENTの屋上で開催されている「京都祇園クラフトビアガーデン in アパホテル」。

アパホテル〈京都祇園〉EXCELLENTが建っている場所が、まさに祇園。八坂神社のすぐ西側の一画なのです。

京都祇園クラフトビアガーデン in アパホテル 料理 八坂神社

そのためテラスから、八坂神社がバッチリ。まるで手が届くかのような感覚を覚えます。

京都祇園クラフトビアガーデン in アパホテル 料理

こちらで用意されるのが、BBQスタイルのセットメニュー。テーブルには、大判の牛ステーキや豚バラ、ソーセージ、焼き野菜などがセットされます。それ以外の前菜やサラダ、揚げたて天ぷらは、ビュッフェスタイル。また、アパ社長カレーやアイスが食べ放題なのもうれしい。もちろんビールなどのドリンク約50種も飲み放題。

京都祇園クラフトビアガーデン in アパホテル 夜景

もちろん京都の夜景も存分に楽しめます。遠くに京都タワーも望めます。

京都祇園クラフトビアガーデン in アパホテル クラフトビール

また、キリンビールの「タップマルシェ」12口分を設置。クラフトビールコースや追加料金(+600円)を払うとクラフトビール12種も飲めます。

京都祇園クラフトビアガーデン in アパホテル

屋根もあるので、雨天時も利用できるのがうれしいですね。※画像はイメージ

「京都祇園クラフトビアガーデン in アパホテル」詳細情報はこちら

料金/BBQスタンダードコース 4,200円
BBQクラフトビアコース 4,800円
豚サムギョプサルコース 4,000円
牛・豚サムギョプサルコース 4,500円
料理/メイン料理+前菜、サラダ、揚げたて天ぷら屋、アパ社長カレー、アイスなどは食べ放題
ドリンク/約50種が飲み放題

地上300メートルから見下ろす夜景!ハルカス300(展望台)/58階天空庭園
『あべのハルカスのビアガーデン「Beer 300」』

あべのハルカスのビアガーデン「Beer 300」

絶景と言えばこちら、日本一高いビルの日本一高い場所「あべのハルカス」でのビアガーデン「Beer300(ビアサンビャク)」。

あべのハルカスのビアガーデン「Beer 300」

あべのハルカス地上300mの高さを誇る日本一のビルで、名物となるのが展望台。

あべのハルカスのビアガーデン「Beer 300」

2015年から始まり、5年目となる今年も展望フロアの58階天空庭園でビアガーデンが開催されています。

あべのハルカスのビアガーデン「Beer 300」

吹き抜けとなった広場にパラソルやテーブルを設置し、味付き牛カルビ、特選牛ロース、豚肩ロースなど”5種のお肉を楽しめるバーベキューメニュー”を提供しています。

あべのハルカスのビアガーデン「Beer 300」料理

120分制の90分飲み放題で、5種のお肉を楽しめるバーベキューメニュー が1人5,800円 で用意されています。

食べている場所からは、風景が楽しめない場合もありますが、窓側に少し歩けばそこは絶景。

あべのハルカスのビアガーデン「Beer 300」夜景

とんでもない景色が広がります。

きっと忘れられない体験になると思います。展望台料金(1,500円)込みで、ビール90分飲み放題+おつまみセットのコースが3,800円なので、お酒好きであればこちらもおすすめです。

「あべのハルカスのビアガーデン『Beer 300』」詳細情報はこちら

料金/5種のお肉を楽しめるバーベキューメニュー 5,800円 (要予約)
得飲セット(おつまみ6品付き)飲み放題プラン 3,800円
料理/セットメニュー
ドリンク/約25種類が飲み放題

270度を海に囲まれたコンベンションホール!ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン/ラウンジ&テラス 「ル・オーシャン」
『オーシャンズビアガーデン2019』

オーシャンズビアガーデン2019

神戸ならではのビアガーデンが「オーシャンズビアガーデン2019」。

ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン

神戸港の第一突堤に位置し、270度を海に囲まれたコンベンションホール「ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン」。

ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン

こちらのテラス席で神戸港の夕暮れや夜景が楽しめます。

ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン料理

こちらで味わえるのが、本場パリのミシュラン一ツ星レストランで腕をふるった料理長の小笠原靖彦シェフが手掛ける華麗で繊細な料理の数々。「雲丹のフランとマスコ」や「国産ローストビーフ寿司」などがメインメニューで登場します。

ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン料理

「天然海老のフリッター」や「アナゴの白焼き」はブッフェスタイルで用意。

ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン スイーツ

「ル・パン神戸北野」特製のデザートブッフェも。

ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン 夜景

カクテルなど、飲み放題メニューも充実しているので、ゴージャスなひとときを過ごせそうです。

「オーシャンズビアガーデン2019」詳細情報はこちら

料金/6,000円
料理/メイン料理+チーズとハムの盛り合わせ、サラダ、ローストポーク、デザートなど、10種以上が食べ放題
ドリンク/90種類以上が飲み放題

神戸港の潮風を感じながら多彩な料理を!神戸メリケンパークオリエンタルホテル3F/テラスレストラン「サンタモニカの風」テラスエリア
『KOBE SEASIDE BEER TERRACE』

KOBE SEASIDE BEER TERRACE

こちらも神戸港の絶景を楽しみながら飲めるビアガーデン。

KOBE SEASIDE BEER TERRACE 神戸メリケンパークオリエンタルホテル

神戸港に浮かぶように建つ「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」。

KOBE SEASIDE BEER TERRACE

その3階にあるのが、テラスレストラン「サンタモニカの風」。ランチ&ディナーが食べ放題のバイキングレストランです。

KOBE SEASIDE BEER TERRACE テラス席

ドリンク、フード合わせて100種類といわれるメニュー数の多さや高いクオリティで人気のレストランの南側にあるのがテラス席。春から秋にかけて、このテラス席がビアガーデンになります。

KOBE SEASIDE BEER TERRACE テラス席

リゾートのようなテラス席が用意されます。

KOBE SEASIDE BEER TERRACE

こちらで味わえるのが、サンタモニカの風のバイキングメニュー。

KOBE SEASIDE BEER TERRACE 料理

サラダなどの野菜のほか、和洋中の多彩な料理が食べ放題。

KOBE SEASIDE BEER TERRACE ライブキッチン

目の前で、できたてや切りたてが用意されるライブキッチンもあり、ホテルメイドのステーキやローストビーフも味わえます。

KOBE SEASIDE BEER TERRACE BBQセット

さらに追加料金で「ビアテラス限定メニュー BBQセット」も用意。
※スペアリブ(骨付き肉、 約1.4kg)の場合 +5,000円(1グループ)

KOBE SEASIDE BEER TERRACE

グリラーで焼けば盛り上がること間違いなし。

KOBE SEASIDE BEER TERRACE テラス席

すぐそばを客船が通るなど、港でのビアガーデンを思う存分楽しめます。また、このビアガーデンの雰囲気の良さの秘密は風。心地よい潮風を感じながら飲む生ビールは格別です。

「KOBE SEASIDE BEER TERRACE」詳細情報はこちら

料金/4,900円(5~7・9月の平日)
   5,900円(土・日・祝・8月)
料理/和洋中のバイキング約70種が食べ放題
ドリンク/約30種類が飲み放題

ビアガーデンの心地よい開放感をさらにアップさせてくれる、絶景という調味料。ビアガーデン選びの要素のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

高田 強/フードライター
関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。約月1回ペースで登場する関西テレビ「よ~いドン!」のほか、ABCテレビ「おはようコールABC」、「おはよう朝日です!」、「キャスト」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。 毎年秋に発行される「関西ラーメンウォーカー」では、メインライターを務める。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。