ホーム > スクープ > フードライターが選ぶ「関西国際空港」おすすめグルメBEST5!

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

トレンド
関西国際空港 関空 グルメ
2019年07月23日

フードライターが選ぶ「関西国際空港」おすすめグルメBEST5!

この記事の担当ガイド:高田 強

年間3,000万人近くが利用する関西国際空港には47もの飲食店が!

関空 関西国際空港

海外から続々と観光客が押し寄せる大阪。その玄関口が関西国際空港(関空)です。いわゆるインバウンド客が増えると、必然的に関空の利用客も増加。航空旅客数も2009年に13,516,000人だったのが、昨年2018年には、29,404,000人と倍以上が利用しています。

年間約3,000万人、ざっくり1日約8万人の胃袋のために用意されている飲食店は、編集部計測でなんと47店。

関空からの出発前に、“なにか小腹におさめておきたい”や“2週間くらい日本を離れるから和食を食べておきたい”、“LCC利用なので機内食がない”などの理由で食事をとろうと思う機会も多いと思います。

そこで今回は、JALの機内誌「SKYWARD 国際版」の取材も担当するフードライター・高田 強が利用ニーズにあてはめてお店を提案。おすすめの料理を紹介します。

<地元大阪の人におすすめ>大阪を代表するラーメン店が空港内でスープを炊く! 「龍旗信 関西空港店」(第1ターミナル・2F・町家小路)

龍旗信 関西空港店 外観

第1ターミナル・2Fのフードコート「町家小路」にあるのが「龍旗信 関西空港店」。本店は、2000年に堺市で創業。塩ラーメンにこだわる姿が高く評価され、多くのメディアに取り上げられています。

また、2005年には講談社主催の「関西ラーメン大賞」にも輝くなど、その味わいも折り紙付き。

関西空港店は2012年にオープン。関空のある泉佐野市にも近い堺の名店という縁から「南大阪を代表するご当地ラーメンを関空で食べられるようにしてほしい」とのオファーから出店したそう。

このメニューが必食!

龍旗信 関西空港店 ラーメン
「龍旗信ラーメン」 850円

店名が名前に付いたラーメンは、鶏ガラに魚介を少し加えた塩ラーメン。フスマという小麦の皮の部分を入れることで風味の加わった中細の喉越しがいい麺に、鶏と一緒にたくさんの野菜を炊くことで、まろやかで深みの加わったスープが好相性です。また、豚バラチャーシューにメンマ、ナルトなど、ラーメンの基本形を守っていながら、パーフェクトなバランスが魅力です。

旨さのポイント

ありえない! 空港内で8時間かけて炊くスープ! 

龍旗信 関西空港店 スープ

今回、特別に厨房に入らせてもらってビックリ。なんと、巨大な寸胴があり、スープを炊いています。鶏清湯スープと言われる透明な鶏のラーメンスープは、沸騰が最大のNG。大量の鶏ガラと水を約90℃で8時間、途中で大量の野菜を加えるのが龍旗信流です。ほかで炊いて持ってきた方が効率的なのにイチから店で調理するこだわりぶり。おいしいとは思ってましたが、まさか空港でここまで本格的なラーメン作りをしているとは!!

国内に6店、海外に2店と多忙な中、取材につきあってくださった店主の松原龍司さんに、空港とは思えないこだわりについて聞いてみました。

ここで食べたラーメンが、“日本のラーメン”の印象になるから責任重大

龍旗信 関西空港店 店主

どうして空港内でフルのラーメン作りをしているんですか?
「ここは海外からの入口でしょ。初めて日本のラーメンを食べるというお客さまも多いはずなんです。そこでは、本物を出さないと。ここで食べたラーメンが、“日本のラーメン”の印象になるから」
でも、大変じゃないですか?
「いや、ちょうどロンドンの店を出すタイミングと同時期だったんで、ここでイチから作れないんだったら、海外でなんて無理でしょ。あと、ボクのここで作りたいという希望に、空港側も『どうぞ、やってください!』と応えてくれたんですよ」

龍旗信 関西空港店 干しごぼう

「ウチのスープの味の決め手である“干しゴボウ”の出来は、この店が一番いいような気がする。空港内の温度や湿度がちょうどええんかな(笑)」
最初から思い通りにいきましたか?
「いやいや、全然売り上げが伸びなくて、空港さんからも『中国の方に人気の豚骨スープにしてみては?』などのアドバイスもいただいたんですが、それでは本末転倒なんで、ぶれずに丁寧に作っていたら空港の利用客も増え、そしたらリピーターが増えてきたんです。今は、最初の1.5倍ほどになりました。名前は出せませんが、有名な料理人や食関係のメディアの方も海外から帰ってきたら、この店に寄ってくれたりしていて、ここで日本を感じてもらえるのは最高にうれしいですね」

こちらもおすすめ!

龍旗信 関西空港店 そぼろ丼
「そぼろ丼」 350円

「ごはんもんがないとあかんみたいで、日本人に人気です」というのは、鶏そぼろ丼。鶏スープをかけて食べてもおいしい。

龍旗信 関西空港店 鶏塩ラーメン
「鶏塩ラーメン」 900円

鶏ガラのスープがメインのラーメン。干し海老などの少量の魚介と少量の豚を加えているもののしっかりと鶏の味わいが楽しめる。トッピングも鶏ハムにし、爽快なレモンの柑橘感と共に、鶏の旨さがシャープに舌に届きます。

龍旗信 関西空港店 席

関西でも屈指のラーメン職人の本格的な鶏塩ラーメンが空港で味わえるなんて、ある意味奇跡的。ラーメンファンでなくても、ぜひ食べてみてほしいですね。しかも、朝7時から夜の10時まであいているので、利用もしやすいんです。しかも、すいてる時間であればかなりスピーディ−。

ちなみに、こちらではラーメン店ではかなり珍しい団体予約を受け付けています。関空会社からのみで、30名前後からということですが、それもスピーディーに対応できるからだそう。年に数回受けているそうです。さすが空港店ですね。

「龍旗信 関西空港店(りゅうきしん)」 店舗情報はこちら

072-456-6592
7:00~22:00(L.O.21:30)
フードコート

<観光客におすすめ>大阪に来たからには本場のモダン焼きを! 「ぼてぢゅう屋台 関空町家小路店」
(第1ターミナル・2F・町家小路)

ぼてぢゅう屋台 関空町家小路店

観光や出張で大阪訪問を関空からスタートさせる方にお勧めしたいのが、やはりお好み焼き。関空のお好み焼きといえば「ぼてぢゅう」。1946年に大阪・玉出で創業し、現在は道頓堀に本店を構えています。

ぼてぢゅうのお好み焼きは、生地に山芋を使ったふわりとした食感が特徴の大阪の王道スタイル。

今はスタンダードになった、ソースに加えてマヨネーズをつけるスタイルは、ぼてぢゅうから始まったと言われています。

ぼてぢゅう屋台 関空町家小路店 席

関空のぼてぢゅうは、龍旗信同様フードコートの「町家小路」にあります。店頭のレジで注文して、できあがったら受け取り口に取りに行くスタイルです。

ぼてぢゅう屋台 関空町家小路店 調理

調理場の鉄板は、町家小路に面していてガラス張り。焼いているところが丸見えです。これを見ていると食べたくなります。

このメニューが必食!


「元祖モダン焼」 930円(税抜)

大阪のお好み焼き店では当たり前のメニューである、モダン焼もなんとぼてぢゅうが発祥。キャベツはたくさん入っていますが、生地は薄め。特注の太麵がしっかり主張しているのが印象的です。ソースは酸味が抑えめでフルーティでほんのり甘い。玉子がメインの上側の生地ともよく合っています。

ぼてぢゅう屋台 関空町家小路店 焼そば

このしっかり焼かれた、焼そばが秀逸。太くて食べ応えも十分。

ぼてぢゅう屋台 関空町家小路店 元祖モダン焼

焼いた玉子生地で、焼そばにふたをするような感じです。

こちらもおすすめ!


「ミックス月見焼そば」 930円(税抜)

太麵の焼そばをしっかり味わえるのが、このメニュー。

ぼてぢゅう屋台 関空町家小路店 ミックス月見焼そば

豚バラの旨みともっちり噛み応えのある太麵とのバランスがバツグンで、キャベツやモヤシはもちろん、ぷりんとしたエビやイカなど食感も楽しい。

2人で同時に15枚焼くことも!

気になることをぼてぢゅう暦15年の坂本店長に質問。

一度にどのくらい焼かれるんですか?
「MAX15枚くらい焼くことはありますが、お昼の15時ごろまでの忙しい時間帯は常時10枚くらい焼いていますね」
だいたいどのくらいで、焼き上がるんですか?
「週末やお昼の注文が殺到する時間帯以外は10~15分くらいで焼けるようにがんばっています」

ぼてぢゅう

実は関空内には、3Fにもう1店舗。こちらは品数も多く、店内でゆっくり落ち着いて食べることができます。

1度、大阪の王道スタイルのお好み焼を食べてみたいという方におすすめ。特にぼてぢゅう屋台は、想像より早く上がるのでサッと食べるのにも向いています。

「ぼてぢゅう屋台 関空町家小路店」 店舗情報はこちら

072-456-6585
7:00~22:00(L.O.21:30)
フードコート

<ファミリーやグループにおすすめ>品数も多く、お手ごろ価格の食べ放題! 「オールデイダイニング ザ・ブラッスリー(ホテル日航関西空港)」
(エアロプラザ2F)

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー

家族旅行やグループでの利用におすすめしたいのが、ホテル日航関西空港のバイキングレストラン。このレストランで楽しめるのが14:30~17:30(土日祝15:00~17:00)の時間帯に行われているランチブッフェです。このランチブッフェはおすすめポイントがいくつかあるのですが、まずは、170席のキャパシティ。週末や平日でも12時ごろは混雑することがありますが、大バコなので、グループでの利用にピッタリ。また、和洋中とそろったメニュー数も多いので、子供から高齢者まで幅広く対応できるのが魅力です。しかもリーズナブル。

料理を紹介する前に、まずは場所の紹介を。

ホテル日航関西空港 エアロプラザ

ホテル日航関西空港があるのは、第1ターミナルの向かい側のエアロプラザ。

関空 連絡橋

第1ターミナルからは、2Fの3本の連絡橋で行き来できます。だいたい5分くらい。ザ・ブラッスリーから、4Fの国際線の保安検査場までは、最低で15分くらいはみておきたいです。

このメニューが必食!

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー ランチブッフェ
「ランチブッフェ」 2,400円(平日)、2,600円(土日祝)
※シニア (65才以上) 2,000円、7~12歳1,300円、4~6才500円

ザ・ブラッスリーでは月替わりで、写真の「トウモロコシの冷製スープ」や「トマトカレーの冷製カッペリーニ」、「鶏レバーの赤ワイン煮」、「トリッパのトマトパスタ フィレンツェ風」、「泉州たまねぎとムール貝のココット焼き」など、毎日約60種の料理を用意。ドリンクも15種以上そろえます。

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー 花ざと寿司

ホテルらしく、館内の和食レストラン「花ざと」が作ったお寿司も用意され人気。

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー 点心

中国料理店「桃李」の点心なども並びます。

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー 料理

特に充実しているのが、野菜を使った料理。すべて国産だそうです。

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー 料理

約60種あるので、和・洋・中、肉・魚・野菜とバランスよく並んでいるのも魅力。

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー 讃岐うどん

写真の讃岐うどんは、しっかりコシのある定番の人気メニューで、ストレートにぶっかけうどんにしてもいいし、「コーンとゴーヤのかき揚げ」などをトッピングしてみたり、カレールウを欠けて食べるなどのアレンジもおすすめです。

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー SHOW KITCHEN

また、SHOW KITCHENでは、目の前で仕上げられアツアツを提供。

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー タコス

7月の平日は「スパイシーなミンチとジャガイモのタコス」、土・日・祝は「ビーフステーキ ミニサラダ添え おろしポン酢とトマトバジルの2種のソースで」が提供されます。

あまりにも内容が充実しているので、三宅隆博副総料理長に直撃しました。

かなりお得なランチブッフェです!

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー 総料理長

大阪市内より2~3割安いイメージですが
「対岸の泉佐野市などからのお客さまも多いので、電車や橋の通行料分は努力してお安くしています」
ということは空港利用客であれば、お得ですね
「それは間違いなく、お得です」
しかも、月替わり!
「大阪市内だと3ヶ月ごとのフェアなどが多いと思いますが、こちらは、海外エアラインのCAさんなどのクルーの方の利用も多いので、早いスパンで変更しています。みなさん、世界中を飛び回って舌も肥えてらっしゃるので、高いレベルを保つのが大変です」
外国のお客さんも多いんですか?
「実測値ではないのですが、50%くらいは外国のお客さまで、東南アジア系の方が多いように思います」
そのための工夫などはしていますか?
「お料理は、せっかく日本に来ていただいているのでこちらの味を味わって欲しいこともあり、特別なことはしていませんが、お客さま自身でカスタマイズできるように、ドレッシングや調味料を多めにそろえるようにはしています」

オールデイダイニング ザ・ブラッスリー 料理

「家庭では食べないような料理を出したい」と三宅副総料理長。

取材やリサーチで、年間50ヵ所ほどのバイキングレストランを体験していますが、コスパの良さではこちらはトップクラス。税込み2,400円のランチで、海外に行く非日常のスタートを切ってみるのも楽しいと思います。

また、ドリンクも充実しているので、ランチ+お茶をホテルで優雅に楽しみながらフライト時間を待つというのもいいんじゃないでしょうか。

こちらもおすすめ!

夜も食べ放題を実施!「ディナーブッフェ」

4,000円(平日)、4,200円(土日祝)
※シニア (65才以上) 3,200円、7~12歳2,000円、4~6才500円

17:30~21:30/土日祝 17:00~21:30

<長期で日本を離れる方におすすめ>税抜き800円で好みの和食ランチが味わえる「かっぽうぎ 関空エアロプラザ店」(エアロプラザ3F)

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店

「和食が食べたい!」という人のランチにぜひすすめたいのがこの「かっぽうぎ」。実は、大阪を中心にしていますが東京など各地に40店以上ある和食居酒屋です。関空では2018年5月にオープンしました。

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 メニュー

夜は「サバ煮」や「肉じゃが」など、リーズナブルな価格の家庭料理がズラリ。料理はお店で煮込んだりするのですが、メニューは全店ほぼ同じです。

大阪でもオフィス街にありそうなお店ですが、空港ではこういう店が貴重。

このメニューが必食!

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 四品定食
「四品定食」 800円(税抜)

こちらのランチタイムは、この定食1種類のみ。料理自体は後で、なにせシステムがよく考えられています。まずは、メニューが1種類しかないので、店頭で前金を支払います。

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 料理

そこから、右に目を移すと料理がズラリ。

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 メイン料理

お盆を取ったら、メイン料理を1つ選びます。

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 メイン料理

メインは、常時5~6種類あり、人気はアツアツが用意される煮込みハンバーグだそうです。

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 小鉢

次に小鉢を3つ選びます。「冷奴」や「青菜煮」、「きんぴらごぼう」、「おくらのおかか和え」など、こちらは約15種。

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 小鉢

お造りの小鉢もありますが限定数で、人気が高くすぐになくなってしまうことが多いそうです。ときにはない日もあるそうなんで出合えればラッキー。

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 ご飯 味噌汁

最後に、味噌汁とごはんをよそってもらいます。

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 四品定食

ということで、チョイスの一例です。メインをさんまの塩焼きにし、卯の花、シシトウ、お造りの小鉢を選びました。“2週間くらい海外に行っていた”なんてときに、日本に着いて真っ先に食べたいようなものが、そのままお盆にのっています。11:00~15:00(ラストオーダー14:30)以外の時間にもぜひやって欲しいくらいです。

平日は、13:00を過ぎると比較的に入店がしやすいですよ!

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 店長

味噌汁とごはんをよそってくれた久貴谷店長に質問してみました。

ランチ時は混み合いますよね?
「関空で働いてらっしゃる方の利用が多いので12:00~13:00は満席になることが多いのですが、回転が速いのでそんなにお待たせしませんし、13:00を過ぎると人気の小鉢が切れていることもありますが、比較的入店がしやすいです」
夜も混み合いますか?
「ランチのピークに比べれば空いていますよ。牛すじ豆腐500円(税抜)などが人気ですし、第2ターミナルからのバスの乗り場でもあるエアロプラザなので、LCCで夜に到着してここで玉子焼き350円(税抜)をおつまみに生ビール380円(税抜)というお客さまもいらっしゃいますね」

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 席

スッキリとした和スタイルの内装は、ある意味日本らしくて落ち着きますし、サッと食べるのにいい環境です。

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店

正直なところ、エアロプラザ側は、保安検査場まで多少時間がかかることがあり利用客も少なめ。そのため穴場感があり逆に混雑なく食べることができる場合も多いんです。

かっぽうぎ 関空エアロプラザ店 お弁当

急ぎの方は、お弁当も販売しているので、ここで買って第2ターミナルで食べるというのもおすすめです。

「かっぽうぎ 関空エアロプラザ店」 店舗情報はこちら

072-456-8270
11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~23:00(L.O.22:15)
60席

<早く保安検査場へ向かいたい方におすすめ>
関西圏以外では食べられない大阪名物を食べるチャンス!
「551蓬莱 関西空港店」(第1ターミナル・2F・町家小路)

551蓬莱 関西空港店

もはや言わずと知れた大阪名物「551蓬莱」。関東圏などに店がないことから、おみやげとして人気で、新幹線でその香りから話題になることも多いお店です。こちらのショップもチルドタイプなども含め、豚まんをテイクアウト販売。

551蓬莱 関西空港店 行列

発着便の関係もありますが、かなりの頻度で行列になっています。

551蓬莱 関西空港店 レストラン

このショップの横には、レストランがあるんです。

551蓬莱 関西空港店 レストラン

豚まん屋さんと思ってらっしゃる方が多いのですが、「551蓬莱」は中華料理店。大阪・なんばの本店では「海鮮焼そば」などが人気です。こちらでも「海鮮焼そば」や「五目炒飯」などを用意。店内で食べることができます。

このメニューが必食!

551蓬莱 関西空港店 酢豚弁当
「酢豚弁当」 880円

ここでおすすめしたいのが、店内で食べるメニューではなくお弁当です。個人的に好きなメニューで選んだのですが、こちら酢豚定食は甘酢がしっかりしており、豚の食べ応えも十分。さらに、エビ天と豚まんに引けを取らないおいしさの焼売やエビ焼売も付いています。

551蓬莱 関西空港店 お弁当

お弁当のラインアップも充実しており、「天津飯弁当」900円や「五目炒飯弁当」900円が人気だそうです。

551蓬莱 関西空港店 調理

おいしさの秘密のひとつは、店内調理。お弁当も注文を受けてから調理されます。

こちらもおすすめ!

551蓬莱 関西空港店 豚饅
「豚まん」2個入り 380円

小腹が空いたのであれば、豚まん2コ入りがおすすめ。甘味を感じる肉厚な皮に包まれたジューシーなあんが格別。日本人には絶大な人気の豚まんですが、店長の梶谷さんによると、韓国からの旅行客には焼餃子が人気なのだとか。また、エビ焼売は中国人に人気だそうなので、この機にほかのメニューを注文してみるのも面白いかも知れません。

関西国際空港 ベンチ

「551蓬莱」のイートインスペースが37席で、満席であることが多いことも今回、お弁当を選んだ理由のひとつ。そのかわりといってはなんですが、関空にはゆったりとしたベンチがたっぷりあります。

関空 グルメ 高田強

なので、特に時間の無い方には、お弁当を買って食べることをおすすめします。またお弁当は水分ではないので、保安検査場を通過可能。飛行機に乗る直前に食べることもできます。

フロアチェック

関空の飲食店があるフロアは基本的に第1ターミナルの2・3Fとエアロプラザ、第2ターミナルになります。

関西国際空港 第1ターミナル

第1ターミナルの2Fには、マクドナルドやスターバックスなどファストフードも充実。

関西国際空港 町家小路

フードコートの町家小路もあります。

関西国際空港 第1ターミナル

3Fにはイートインスペースのある飲食店が並びます。

関西国際空港 エアロプラザ

エアロプラザにも、バーガーキングや松屋などのファストフード店があります。

関西国際空グルメ 高田強

いろいろなニーズに合わせて5店舗のメニューを紹介してきましたが、ファストフードやフードコートなど、利用客が増えるとともに、関空も以前に比べて飲食店が多彩に。空港で食べるものも、旅の目的に合ったものをチョイスすればさらに楽しくなると思います。

高田 強/フードライター
関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。約月1回ペースで登場する関西テレビ「よ~いドン!」のほか、ABCテレビ「おはようコールABC」、「おはよう朝日です!」、「キャスト」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。毎年秋に発行される「関西ラーメンウォーカー」では、メインライターを務める。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。