ホーム > スクープ > 関西初上陸!ラルフ ローレンのカフェ「ラルフズ コーヒー」が京都BALにオープン

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ニューオープン
ラルフ ローレン ラルフズ コーヒー
2019年09月03日

関西初上陸!ラルフ ローレンのカフェ「ラルフズ コーヒー」が京都BALにオープン

この記事の担当ガイド:グルスク2号(モトクニ・ケイ)

あのブランドが国内2店舗目のカフェを京都に!

『ラルフ ローレン』といえば誰もが知っているアメリカのファッションブランド。世界中にファンがいて「自分も持ってます!」という方もたくさんいることでしょう。そのラルフ ローレンが京都・河原町にカフェ「ラルフズ コーヒー 京都BAL」をオープンしました。東京・表参道に続いて、国内2店舗目となるこちら。厳選されたコーヒーやスイーツ、フード、さらにオリジナルアイテムまでそろっているんです。早速、お店へ突撃してみましたよ!

ラルフズコーヒー 京都BAL 外観

2019年7月5日、京都BALの2階にオープンしたのが、こちらの「ラルフズ コーヒー 京都BAL」。外観からもブランドの持つ洗練されたイメージが伝わってきます。

ラルフズコーヒー 京都BAL 外観

店舗は、2019年6月10日に先行オープンした「ポロ ラルフ ローレン 京都BAL」に併設されています。

ラルフズコーヒー 京都BAL ベア

入り口脇のベアは、シグネーチャーグリーンのニットタイ、オックスフォードシャツ、ラルフズコーヒーのロゴをあしらったブッチャーエプロンにクラシックなジーンズという出で立ち。スタッフと同じスタイルです。

こだわりの店造りはさすが!

ラルフズコーヒー 京都BAL 店内

店内がこちら。センターに大きなテーブル。両サイドに2人がけのテーブルが並びます。映画のセットみたいなカッコよさですよね。

ラルフズコーヒー 京都BAL 壁

店内の壁には、グリーンセラミックのタイルが貼られているほか…。

ラルフズコーヒー 京都BAL 店内

フロアにも、グリーンの幾何学模様の陶製タイルを使っています。ちなみにテーブルトップは大理石。木製の天井にはハイグロスエナメルパネルがはめ込まれています。

ラルフズコーヒー 京都BAL テーブル席

店内両サイドのテーブル席。見るからにセンスフルですよね。

ラルフズコーヒー 京都BAL グッズ

こちらでは豊富なオリジナルアイテムが販売されていることもポイント。ラルフズ コーヒーのTシャツやキャップ、トートバッグなど、様々なアイテムがラインアップされています。

ラルフズコーヒー 京都BAL チョコレートバー

さらにブルックリンのショコラティエ Fine & Raw(ファイン&ロウ)による手作りチョコレートバーを購入することも可能。パッケージからオシャレがあふれています!

ラルフズコーヒー 京都BAL ブラウニー

チョコレート以外のスイーツも充実。チーズケーキやチョコレートケーキなどのほかに、ラルフ・ローレン氏の妻のレシピを元に作られたブラウニーなども販売されています。

ラルフズコーヒー 京都BAL アルコール

そして今夏から表参道の店舗とともにアルコールの提供も開始されています。

ラルフズコーヒー 京都BAL リアホール

お伝えしたい情報がまだあります。店舗奥にあるこちらの「リアホール」は、完全予約制のプライベートルーム。2019年10月1日(火)から利用できるようになります。アフタヌーンティーセットなどが楽しめるというから、要チェックですよ。

豊富にそろうドリンクメニュー

ラルフズコーヒー 京都BAL ラルフズコーヒー
「ラルフズ コーヒー」540円

中南米、アフリカで有機栽培されたコーヒー豆を使用したスペシャルブレンド。デカフェやエスプレッソなどもラインアップされています。

ラルフズコーヒー 京都BAL ホットラテ
「ホットラテ」626円

美しいラテアートが楽しめるホットラテは、たっぷりとしたカップで。

ラルフズコーヒー 京都BAL アイス抹茶ラテ
「アイス抹茶ラテ」756円

ほどよい抹茶のテイストが爽やかさを感じさせてくれる人気メニュー。ちなみにドリンクはすべてテイクアウトも可能です。

ドリンクと相性抜群のフードメニュー

ラルフズコーヒー 京都BAL クロワッサン
「クロワッサン」313円

表面がパリッ、中はしっとりとした食感のクロワッサンは、リッチなバターのテイストでコーヒーにぴったり。

ラルフズコーヒー 京都BAL キャロットケーキ
「キャロットケーキ」1,026円

スパイスの効いた5層の生地はしっとりとした食感。ニンジン、パイナップル、クルミが入っています。クリームチーズにバターを混ぜ込んだクリームも絶品。

ラルフズコーヒー 京都BAL カプレーゼ
「カプレーゼ」2,160円

トロトロでクリーム状のモッツァレラチーズをトマトに絡めて食べると、フレッシュなおいしさが口の中で広がります。個人的にはアルコールと合わせてみたいですね〜。

ラルフズコーヒー 京都BAL

京都BALに誕生した「ラルフズ コーヒー 京都BAL」、いかがでしたか? その洗練された店構えは、ここだけのスペシャルなティータイムを過ごさせてくれるはず。もちろん、買い物の途中に気軽に立ち寄るのもOKです。京都へお出かけの際には、ぜひ足を運んでみたいニュースポットです!

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。