ホーム > スクープ > 【デカ盛りシリーズ】大阪・豊中の有名店「泳ぎいか・ふぐ・いわし・大阪懐石料理 遊食遊膳 笹庵」のボリューム満点贅沢盛り「痛風天丼」

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

デカ盛り
遊食遊膳 笹庵 痛風天丼
2019年11月12日

【デカ盛りシリーズ】大阪・豊中の有名店「泳ぎいか・ふぐ・いわし・大阪懐石料理 遊食遊膳 笹庵」のボリューム満点贅沢盛り「痛風天丼」

この記事の担当ガイド:グルスク2号(モトクニ・ケイ)

人気居酒屋で提供される超人気丼

大阪・豊中の服部天神駅近くにある「泳ぎいか・ふぐ・いわし・大阪懐石料理 遊食遊膳 笹庵」さん。新鮮な魚介類を使ったたくさんのメニューが手頃なお値段で食べられるとあって、人気を集めています。ここで提供されているのが“痛風”と名前がつく丼。魚卵や卵黄などを使った食べ応え抜群の丼メニューのなかで、今回注目したのが痛風天丼。ウワサによるとそびえるアナゴ天&エビ天に明太子、玉子、さらにウニ、いくらまで楽しめるとのこと。これは食べねば! ということでお店へ向かいます!

遊食遊膳 笹庵 外観

阪急電車服部天神駅から東へ徒歩3分ほど、国道176号線沿いの「泳ぎいか・ふぐ・いわし・大阪懐石料理 遊食遊膳 笹庵」さんです。

遊食遊膳 笹庵 内観

入り口から店舗のある2階へ上ると、まず目につくのがカウンター席とその奥にある大きな生簀。

遊食遊膳 笹庵 生簀

岩風呂!? と勘違いしてしまいそうな立派な生簀がこちら。活きのいい魚が泳いでいます。

遊食遊膳 笹庵 生簀

この生簀の魚、自分で捕まえると、なんと半額で食べられるのです! もちろん潜らなくても、釣らなくてもOK。網で捕まえるだけで半額になるのですよ。こんなのお子さんが喜ぶに決まってる! しかも半額になってお母さんもニッコリですよね!

遊食遊膳 笹庵 個室

生簀周りのカウンター以外の客席は基本的に個室。座敷にテーブルのタイプは、テーブルの高さを調節できるという細やかな配慮あり。

遊食遊膳 笹庵 掘りごたつ式

こちらのような掘りごたつ式のお部屋も用意されています。店舗は喫煙可ですが、ほぼ個室のため、そうしているとのこと。個室は全部で30ほどあり、2名から最大130名まで対応してくれます。

ファミリー料亭として親子三代でぜひ!

遊食遊膳 笹庵 社長

ここで社長の佐々木さんにお話をお聞きします。

オープンされたのはどのくらい前ですか?
「2000年くらいに営業を始めて、現在豊中市内に系列店を5店舗展開しています。ここはファミリー料亭のイメージで、いろいろなタイプの席も用意しているので、親子三代で来てくれるお客さんも多いんですよ」
生簀の魚を捕ると半額になるのですね?
「旬の魚を網で捕れば半額になります。捕った魚は店内で神経〆してすぐにお出しするので、鮮度抜群ですよ」
今回、「痛風天丼」をいただきにきたのですが、始めたきっかけは?
「元々は以前提供していた『痛風丼』の派生メニューなんです。『痛風丼』自体5年くらい前からやってまして、最初はうにいくら丼って名前だったのですが、もっといいネーミングがないかなって考えて」
そこから「痛風天丼」ができたのですね
「天丼はアナゴ1本に特大エビ2尾、蘭王(玉子)、伸びるチーズ、明太子、季節の野菜、それにウニ、いくらがのってますから、ボリュームありますよ」

こちらでは現在「痛風天丼」のほかに、初代から徐々にブラッシュアップしているという、ウニ、いくらメインにカラスミやトビコなども使うという「超痛風丼」、グループで楽しめる「痛風鍋」といったメニューもあるそうで、そちらも気になりまくり! ではありますが、今回は初志貫徹。「痛風天丼」にチャレンジします!

激ウマ天ぷらでご飯が足りない……!

遊食遊膳 笹庵 エビ

調理風景を少しだけご紹介。特大エビは大きさのそろったものを仕入れているとのこと。ちなみに種類はブラックタイガーです。

遊食遊膳 笹庵 海老天

揚げるのはサラダ油で。注文が入ってから揚げられるので、いつでも熱々で一番おいしいタイミングで食べられるのがうれしいですね。

遊食遊膳 笹庵 痛風天丼

完成! こちらが「痛風天丼」2,189円。高〜くそびえるアナゴ天が迫力満点。赤だしは魚のアラ入り、自家製の漬物などもセットになっています。

遊食遊膳 笹庵 痛風天丼 重さ

まずは体重測定から。おお、800gオーバーですね。なかなか食べごたえありそうです。

遊食遊膳 笹庵 痛風天丼

高さも計ってみましたが、20cmをオーバーしております。

遊食遊膳 笹庵 チーズ天ぷら

伸びるチーズの天ぷらはちょっと珍しいですよね。こんな風にビヨ〜〜〜〜ンと伸びてくれます。

遊食遊膳 笹庵 半熟卵天

「蘭王」の半熟卵天がまぶしい! かけているタレは自家製でアゴダシを使ったとろみのあるタイプ。このダシ、もしくはオリジナルの抹茶塩で食べるのがオススメとのこと。では、いただきます!

遊食遊膳 笹庵 痛風天丼

5分ほどで半分くらい食べ進みました。さくさくの天ぷらとアゴダシのタレがマッチングゥ〜! ストレスフリーで食べ進んでおります。

遊食遊膳 笹庵 痛風天丼 ウニいくら

ここでリッチな味変アイテム、ウニ&いくらを投入。これまたご飯がススムくんでございます!

遊食遊膳 笹庵 痛風天丼 完食

12、3分で見事に完食。漬物、汁物も合わせて、あっという間にペロリと食べてしまいました。

今回の「痛風天丼」、佐々木社長が「天ぷらが多すぎてご飯が足らないって言われるんです」とおっしゃられていたのですが、ホントそのとおり。ボリュームがあるから、食べ進むうちにお腹はいっぱいになっていくのですが、天ぷらとご飯のバランスを考えると、口はご飯を要求するという、相反する感覚に襲われつつ完食しました。個人的には明太子天にご飯要求率No.1の称号を送りたいところ。こちらではこの「痛風天丼」のほかにも、手頃な価格でおいしいメニューがずらりとそろっています。ぜひ一度足を運んでみてください!

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。