ホーム > スクープ > 大阪・淀屋橋で発見!1,000円以下のカレー食べ放題~トッピングも多彩!5種のバラエティカレー編~

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

実食レポート
S-CAFE 三交イン大阪淀屋橋 カレービュッフェ
2020年02月04日

大阪・淀屋橋で発見!1,000円以下のカレー食べ放題~トッピングも多彩!5種のバラエティカレー編~

この記事の担当ガイド:高田 強

1,000円以下で楽しめるお得なバイキングの実力のほどを探る!

大阪から始まった昨今のスパイスカレーブームのように、大阪人はカレー好き。「インデアンカレー」や「サンマルコ」など、歴史あるカレー店も人気ですし、焼肉店やカフェのランチなどでカレーを提供する店も多い。かく言うeoグルメライターの私もカレー好きだ。そこで、ふと思ったのが「存分にカレーを食べたいという欲望を満たしてくれるお店はないのか?」という疑問。

探してみたら、あるもんですね。しかも、1,000円ほどで食べることのできるランチカレーバイキングの店が数店。そこで、実際に食べてお得に楽しめることができるか実証することにしてみました。

オフィスワーカーのハートをつかみ、連日満席の人気ぶり「S-CAFE」

S-CAFE 外観

「S-CAFE」があるのは、OsakaMetroの淀屋橋駅と肥後橋駅から各徒歩5分ほど「三交イン大阪淀屋橋」の1F。周辺には三井住友銀行の大阪本店などがあるオフィス街。

S-CAFE 外観

スッキリしたガラス張りの外観からは、カレー食べ放題をやっているカフェには見えないのですが、かなり前のめりに看板が出されています。

S-CAFE 看板

男性1,000円、女性900円と大きく書いてあります。

S-CAFE カレービュッフェ

店内はカウンター席中心。ストイックなカレーファンのためのようにも思えますが、奥には5卓のテーブルもありますのでグループ客も歓迎のようです。その向こうにビュッフェ台が見えます。

S-CAFE カレービュッフェ

こちらがビュッフェ台。カレー5兄弟がセンターに並んでいます。

細かくチェックしてみましょう!

バラエティに富んだ5種類のカレーはトッピングが充実!

カレールーをCHECK!

S-CAFE カレービュッフェ

5種のカレールーは、ビュッフェ台から好きなだけ。ベーシックな甘口の野菜ゴロゴロのカレーからスパイシーなタイカレーまでそろっています。

甘さのあとの辛さが魅力!大阪スタイルの欧風カレー 【 あまからビーフカレー 】

S-CAFE あまからビーフカレー

細切れの牛肉を使用した、最初は甘くて後半で辛さがジワジワと来る大阪スタイルの欧風カレー。甘さのなかに酸味やフルーティーさもあり、後半の辛さとの振り幅も絶妙。カレーファンも納得させる味わいです。

“甘口の王者”おうちカレー的な懐かし味 【 ごろっと野菜カレー 】

S-CAFE ごろっと野菜カレー

ジャガイモ、ニンジン、タマネギなど野菜が入ったカレー。自宅で味わう甘口~中辛くらいのカレー。具だくさんでそのままでも食べ応え十分。甘さのなかにやさしい辛さもいいバランス。

カレーではないけれど、トッピングにもよく合う 【 ハヤシライス 】

S-CAFE ハヤシライス

粘度のあるトロリとしたハヤシライス。やさしい甘さが特徴で、牛肉のしっかりしたコクも感じさせます。ハヤシライスらしい香ばしさが印象的。食べ進むうちにフォン・ド・ヴォー的な強い旨味を感じます。トッピングやサラダのソースとしても◎。

華やかで濃厚なスパイスカレー 【 バターチキンカレー 】

S-CAFE バターチキンカレー

ルーに鶏肉は入っていないのですが、チキンの旨味をしっかり感じさせます。また、バターの脂の旨さもしっかり。想像していた以上にどろりとした粘度のあるルーは、ひと口めから力強い旨味。その後に辛さがやってきます。ぜひナンと合わせたい。サラダのソースとしても生かせそうです。

ガツンとスパイスが最初から来るタイスタイルのカレー 【 タイ風グリーンカレー 】

S-CAFE グリーンカレー

グリーンカレーらしい、ココナッツ感が楽しめます。ガツンと来る辛さも爽快で、常連ファンも多いそう。さらさらルーは、最初からしっかりとした辛さを感じさせ、そのあとにナンプラー的な魚醤の旨さが追いかけてきます。白米よりは、十五穀米と合います。

ごはん&ナン

ごはん2種類のほか、ナンとフォカッチャを用意。

■ごはん

S-CAFE ごはん

あまからビーフカレーやごろっと野菜カレーには、白ごはんが合います。

■十五穀米

S-CAFE 十五穀米

粘度が少なめな十五穀米は実はタイカレーによく合います。バターチキンにもおすすめ。

■ナン

S-CAFE ナン

ふっくらとしたナンは、バターチキンカレーによく合います。ビュッフェ台のオーブントースターで温めてから食べるのもおすすめ。

■フォカッチャ

ハヤシライスなどに合わせたいのが、フォカッチャ。もっちりしているので、ウインナーや唐揚げのお供にも。

薬味&付け合わせ

薬味と付け合わせが豊富なのもこちらの特徴。

S-CAFE 調味料

■調味料

ガラムマサラなどは、もっと辛いカレーが食べたい方におすすめ。いわゆる辛増しを楽しめます。

■付け合わせ

福神漬けのほか、ピクルスなどを取りそろえています。

トッピング

おかずや総菜として食べることもできるのですが、カレーのトッピングとして、多彩なトッピングを用意。

S-CAFE トッピング

ウインナー、ハンバーグなど、カレーハウスなどの定番トッピングをしっかりおさえています。ガッツリ系の唐揚げなども。

S-CAFE トッピング

辛増しの逆で、マイルドにしてくれるのが、スクランブルエッグ。日によっては玉子焼きが出ることも。グリル野菜やフライドポテトは、具のないルーを具だくさんに変えることができます。

その他

カレーだけじゃない。サイドメニューも充実しています。

■サラダ

S-CAFE サラダ

野菜類もそろっています。最近は糖質を気にして、キャベツにカレールーをかけるカレー好きもいるので、ここであれば心置きなく楽しめますね。

S-CAFE プレート

5種のカレーが一度に楽しめるお皿も用意。盛ってみるとこんな感じになります。

さらに、食後のケアもバッチリ。

■アイス

S-CAFE アイス

バニラ、チョコ、ストロバリーの3種のアイスが食べ放題。「コーンフレークやないか!」とミルクボーイばりに声を張りたいところですが、一緒に楽しむために用意されているのは玄米フレーク。グラニテもあります。

■コーヒー

S-CAFE コーヒー

ドリンクのコーヒー類は、ホット、アイス共にテイクアウト可能。

S-CAFE テイクアウトコーヒー

カレーを食べた帰りに「カフェによる必要がない!」と好評だそう。

オフィス街のカレー食べ放題は、オフィスワーカーのニーズに合わせた配慮がいろいろあり、“へぇー”と感心することばかり。利用客は、基本的に若い男性が多いそうですが、女性の常連もかなりいるそうです。

正直なところ、大阪の人気スパイスカレー店で、あいがけとかを注文すると1,200円台なんてこともざら。「カレーハウスCoCo壱番屋」でソーセージが4本のったソーセージカレーが809円(税込)。そんなことを考えるとソーセージがのせ放題で、デザートのアイスも食後のコーヒーも付いて、1,000円は激安。御堂筋線沿線ですし、かなり行きやすい場所なので、いろいろな方に体験して欲しいです。

ちなみに、12:00~13:00は満席になることが多いそうですが、13:00を過ぎるとかなりゆったり食べることができるそうです。オフィス街らしいですね。

S-CAFE 高田強

関連記事「【関西グルメスクープ!】大阪・梅田で発見!1,000円以下のカレー食べ放題~現地人シェフが作る!タイカレー編~」はこちら

高田 強/フードライター 関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。約月1回ペースで登場する関西テレビ「よ~いドン!」のほか、ABCテレビ「おはようコールABC」、「おはよう朝日です!」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。 毎年秋に発行される「関西ラーメンウォーカー」では、メインライターを務める。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。