ホーム > スクープ > 酒飲みの聖地がさらに強力に!大阪駅前ビルに海鮮酒場続々誕生

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ニューオープン
大阪駅前ビル 海鮮酒場
2020年11月17日

酒飲みの聖地がさらに強力に!大阪駅前ビルに海鮮酒場続々誕生

この記事の担当ガイド:高田 強

酒飲みの聖地「大阪駅前ビル」が復活の気配!

大阪駅前ビル

各線梅田駅&大阪駅に囲まれ、東梅田駅、西梅田駅、北新地駅からはほぼ直結という好立地にある大阪駅前ビル。大阪駅前第1ビルが竣工されて約50年になりますが、役割を変えつつも大阪駅前のランドマークとして存在しています。

大阪駅前ビル

ここ数年は、地下エリアの飲食店街が安さと質の良さでしのぎを削り、人気となっています。コロナ禍では、たくさんの店が休業や時短営業となっていましたが、サラリーマンたちが、職場に戻ると同様に、酒場もにぎわいが戻ってきています。さらに、以前同様ニューオープンも続々と。

大阪駅前ビル 海鮮酒場

特に注目を集めているのが、“海鮮酒場”。創作寿司やマグロ専門店、激安など、個性が光る店がオープンしています。今回は、『関西ウォーカー』で「さかな放浪記」という連載も持っていた取材班の高田が、注目新店の看板メニューを飲んで食べてチェックします。

華やかな技ありメニューがSNSで話題に! 「すし酒場 さしす2号店」(大阪駅前第2ビル B1)

すし酒場 さしす 2号店 外観

「すしをつまみに、お酒を楽しんでいただく」をテーマに2020年1月30日開店した、すし酒場「さしす」。その2号店が駅前第2ビル B1に2020年9月9日早くもオープン。取材当日もオープン前に並ぶほどの人気ぶりです。

すし酒場 さしす 2号店 内観

店は、カウンター12席のほか、テーブル席もある全39席。

すし酒場 さしす 2号店 メニュー

人気の秘密は、ズバリ「安くておいしい!」。常時約35種類用意されている寿司が2貫で150円~とお手頃です。ほかに一品料理やドリンクもかなりリーズナブルです。

味わいたいメニューはコレ!

すし酒場 さしす 2号店 にぎり寿司
「にぎり寿司」150円(税別)~

「アジ」2貫220円や「生たこ梅肉」2貫220円、「煮アナゴ」2貫400円(各税別)など、どれもネタが大きく食べ応えも十分!

すし酒場 さしす 2号店 イクラ ウニ

「イクラ」1貫300円(税別)や「生ウニ」1貫400円(税別)も新鮮で、ハイクオリティ。空気の含み方や、口の中でのほどけ方にこだわったシャリもネタのおいしさを引き立てます。

すし酒場 さしす 2号店 トロ鉄火巻き
「とろ鉄火巻き」880円(税別)

まるで、トロが暴れているかのように見える鉄火巻き。ふわりと口どけのよいトロは、価格を忘れさせるおいしさ。大人数の場合、どれを食べるかで揉めそうですね。

すし酒場 さしす 2号店 寿司屋のポテサラ
「寿司屋のポテサラ」380円(税別)

ポテサラの概念を軽く超えた見た目の華やかさから大人気! 特に女性から好評で、常連のほとんどが注文することから味わいも保証付きです。

すし酒場 さしす 2号店 寿司屋のポテサラ

食べてみるとよくわかりますが、イクラ以外にとびこものっていて、食感の違いが食べる楽しさを倍増させます。

すし酒場 さしす 2号店 職人

カウンターに座ると目の前で握ってもらえるのがやはり魅力のひとつ。ベテラン職人が握ってくれるのもうれしいですね。

すし酒場 さしす 2号店 冷蔵ケース

カウンターの冷蔵ケースには、鮮度のいいネタが。

すし酒場 さしす 2号店 メニュー

おひとり様には、1貫ずつ食べることができる、「三貫盛り」がおすすめ!

すし酒場 さしす 2号店 日替わりおすすめ

また、希少魚など日替わりのおすすめなどもあるので、チェックも怠らずに食べて欲しいですね。

特に、チーズ入りのさしすの茶碗蒸し480円や、いくらをのせたとろサーモン巻き880円は、この2号店だけの限定メニューなので必食。

すし酒場 さしす 2号店 アルコールドリンク

「ザ・プレミアムモルツ」290円(税別)、「ふつうのレモンサワー」190円(税別)、「さしすハイボール」190円(税別)とドリンクも破格です!

人気店のため予約を受けていないので、2回転目など、タイミングを考えての訪問がおすすめです。また隣の大阪駅前第3ビルB1に1号店があるので、満席の場合はそちらをのぞいてみることをおすすめします。

京都・大宮の伝説の人気店が駅前ビルに進出! 「立ち呑み庶民 大阪駅前第2ビル店(たちのみしょみん)」
(大阪駅前第2ビル B2)

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 外観

2013年にオープンし、安さとクオリティの高さで京都の吞兵衛たちをトリコにする京都・大宮の人気立ち飲み店「立ち呑み 庶民」。

連日の行列が、もはや阪急大宮駅前の名物と言っても過言ではないほどです。そんな「庶民」が、昨年京橋店を作り大阪進出しました。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 行列

さらに、2020年8月14日大阪駅前第2ビルに登場しました。3号店となるこちらの店もやはりオープン時には、開店待ちの行列が。

これはどの店も共通で、数量限定のメニューを求めて列ができます。13:00からこの人気ぶりは、驚きですが基本的に連日の光景。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 店内

店内はカウンターと壁沿いの2名用テーブルを使用するスタンディングスタイル。20~25名ほどで満員でしょうか。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 本日のおすすめ

スタートから入店する客が求めるのが「本日のおすすめ」。はまちのお造りが250円(税込)というのは驚異的です。

味わいたいメニューはコレ!

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 まぐろなかおち
「まぐろなかおち」300円(税込)

人気ナンバーワンといえるのがマグロのなかおち。マグロの骨からそぎ落とした身を醤油で味わいます。300円でマグロを味わえるのは驚き。オープンから30分以内で売り切れることも多いようです。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 お造り三種
「お造り三種」500円(税込)

インドマグロ・サーモン・ハマチ・〆さばとメニュー名は3種ですが、4種のお造りが盛られています。この分量で500円は驚き。どれも期待を裏切らない盛り合わせです。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 はまちのかま焼
「はまちのかま焼」300円(税込)

早く入店して、注文したい人気メニュー。ふわふわとした身は旨味もあって、特に日本酒によく合います。いつまでも食べていたくなるおいしさです。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 豆腐のアラの煮付
「豆腐のアラの煮付」150円(税込)

小さめのアラは、しっかり煮込まれていて食べ応えもある食感が特徴。魚の旨味を存分に刷った豆腐は格別のおいしさです。150円という脅威の価格がうれしいですし、ちびちびつまめば、いつまでも飲めてしまいます。コスパ最高の料理!

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 牛すじ煮込み
「牛すじ煮込み」300円(税込)

牛すじとコンニャクの居酒屋の定番メニュー。牛肉の旨味がしっかり出ていて、濃厚である意味リッチな味わいの煮込みです。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 出汁オムレツ明太子
「出汁オムレツ 明太子」300円(税込)

名物のオムレツは、たっぷりとダシを含み箸でギリギリつまめるという感じのフルフルさ! なかに入った明太子の旨みがダシとよく合っています。どちらかというと、サワーとか焼酎に合うおいしさです。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 限定メニュー

常連は、カウンターの限定メニューをチェックしつつオーダー。早い者勝ちなので、ちょっと焦ります。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 メニュー

巻き寿司などもボリュームがあって人気です。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 メニュー

100円台の揚げ物も充実しています。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 アルコールメニュー

生ビールが250円など、ドリンクもかなりお手頃です。

立ち呑み 庶民 大阪駅前第2ビル店 大瓶ラガー

ビールは瓶派という人には、「大瓶ラガー」が350円(税込)という破格値で感激するのではないでしょうか。激安飲み屋が多い大阪駅前ビルでも、群を抜いている低価格に、どんどんファンが増えています。

希少部位などマグロを存分に味わえる! 「大衆酒場 まぐろスタンド」(大阪駅前第4ビル B1)

大衆酒場 マグロスタンド 外観

昨年オープンした立ち飲み酒場が、8月18日マグロ料理専門の酒場にリニューアル。

大衆酒場 マグロスタンド 店内

カウンターのほか、テーブル席もたっぷりあります。駅前第4ビルの北東角にあたる場所にあり、OsakaMetro東梅田駅の改札から2分もあれば来れる立地の良さも魅力。

大衆酒場 マグロスタンド メニュー

店内には、王道の本マグロのほか、インドマグロやキハダマグロなどを使用した多彩な料理名が貼り出されています。「まぐろハツのガーリック炒め」480円(税別)や「皮湯引きねぎ塩和え」380円(税別)など、ほかでは見かけないような料理もラインアップ。

大衆酒場 マグロスタンド まぐろ部位

わかりやすいようにマグロの部位紹介の図解も!

味わいたいメニューはコレ!

大衆酒場 マグロスタンド まぐろ造り6種盛り
「まぐろ造り 6種盛り」1,680円(税別)

本マグロの6つの部位を盛り合わせたスペシャルメニュー。赤身、中トロ、大トロなどの定番以外に、脳天、頬肉、眼肉が盛られています。

大衆酒場 マグロスタンド まぐろ脳天

まぐろの脳天は、大トロに匹敵する口どけの良さが魅力です。

大衆酒場 マグロスタンド 頬肉

頬肉は筋肉なので、食べ応えが良く旨味も強めです。

同じ本マグロながら、「こんなに味や食感が違うの!?」と感動できること請け合いです。

大衆酒場 マグロスタンド 中落ちひっかき
「中落ちひっかき」780円(税別)

中落ちが骨に付いたままドーンと提供されます。この骨に付いた肉をスプーンでひっかきながら食べるので、メニュー名が“ひっかき”。クセになる味わいであるのと同時にスプーンでこそげ取るのが楽しく、ハマる人が続出しています。

大衆酒場 マグロスタンド ほろ酔いセット
「ほろ酔いセット」1,000円(税別)

人気のセットメニューがこのほろ酔いセット。生ビールのほか、チューハイ、ハイボールなどのドリンク1杯に、キハダマグロのお造り、マグロの串カツ、小鉢3種がセットに。お造りだけでかなりのボリュームでかなりお得です。

大衆酒場 マグロスタンド 本日の鮮魚盛り
「本日の鮮魚盛り」980円(税別)

マグロ以外の魚介メニューも充実しています。その日、入荷した新鮮な魚介が盛られるこの本日の鮮魚盛りは、ボリュームもあり、かなり人気です。

大衆酒場 マグロスタンド メニュー

ほかにも、多彩なメニューが用意されています。

大衆酒場 マグロスタンド メニュー

おなかがペコペコの人には、お寿司も!

大衆酒場 マグロスタンド まぐろ丼

12:00~23:00の営業ということもあり、写真の「まぐろ丼」880円(税込)などのランチ(12:00~25:00)メニューもあります。ごはんが見えないほどの、刺身の盛りっぷり!

飲めない方でもマグロを思う存分味わえますし、お酒が大好きな方はマグロで昼飲みという楽しみ方もできます。

今回は、今年駅前ビルにオープンした海鮮に強い店のなかでも、おいしくお手頃な店を厳選!

セレクトのために、あらためて駅前ビル内の気になる店をいろいろ食べ歩いたのですが、おすすめしたい店はまだまだたくさんありました。

みなさんにも今回のお店をきっかけに、いろいろホッピングしながら飲んで食べて欲しいですね。

大阪駅前ビル 高田強

関連記事

「【関西グルメスクープ!】激安飲み屋の聖地 大阪駅前ビルで酒飲み巡礼!ワンコインはしご酒第2弾」はこちら

「【関西グルメスクープ!】3,000円でベロンベロンに!大阪駅前ビルのワンコインはしご酒」はこちら

高田 強/フードライター 関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。約月1回ペースで登場する関西テレビ「よ~いドン!」や「ウラマヨ」のほか、ABCテレビ「おはよう朝日です!」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。 毎年秋に発行される「関西ラーメンウォーカー」では、メインライターを務める。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。