ホーム > スクープ > パリの美食ブランドが手掛ける、フォションホテルが京都へ進出!

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

ニューオープン
フォションホテル京都
2021年03月30日

パリの美食ブランドが手掛ける、フォションホテルが京都へ進出!

この記事の担当ガイド:橋本未来

世界の美食家達を唸らせる、フォションブランドが生み出したホテル

高級ペストリーをはじめ、マカロン、紅茶、チョコレートなどを販売する、創業130年以上を誇るフランス・パリの美食ブランド「フォション」。世界の美食家達を唸らせてきたこの老舗ブランドが、グルメの魅力を存分に取り入れたホテルを京都・河原町にオープン! 世界で二番目であり、日本初となるこの「フォションホテル京都」は、パリと京都の文化・芸術・伝統の融合がコンセプトになっています。

フォションホテル京都 料理
ホテル10階のレストラン「レストラン グラン カフェ フォション」では、京都食材を使った本格フレンチを提供している

なかでも、本場フランスのフレンチと京都ならではの食材を組み合わせたレストラン「レストラン グラン カフェ フォション」や全客室に備え付けの「グルメバー」などが熱く注目されています。そこで今回は、おいしい視点でホテルの魅力をチェック! ホテルスタッフの方に案内してもらいました。

フォションホテル京都 スタッフ
ホテルスタッフさん。素敵な笑顔がホテルの高級感にピッタリ!

本日はご案内よろしくお願いします!!
「こちらこそ、本日はよろしくお願いいたします。最初に、フォションブランドの魅力がたくさん詰まったブティックからご紹介いたしますね」

パリ直輸入のマカロンをはじめ、限定商品を購入できるブティック 「ペストリー&ブティック フォション」

フォションホテル京都 ペストリー&ブティック フォション

フォションが誇る商品がたくさん並んでいますね!
「はい。ホテル1階の入口横のこちらは、フォションの顔とも言うべき、スイーツやペストリーなどが、まるで宝石のようにショーケースに並ぶブティック『ペストリー&ブティック フォション』です」
本当に素敵な空間ですね。眺めているだけでも楽しそうです。このブティックの特徴とは何でしょうか?
「ひとつは、フランスから直輸入される商品を購入できるのはもちろん、日本ではここでしか手に入らない希少な商品もございます」

ブティックを代表する商品をピックアップ!

フォションホテル京都 ペストリー&ブティック フォション マカロン
本場フランスの店舗でも人気が高い「マカロン」350円(税込)。14種のフレーバーがショーケースに並ぶ


フォションホテル京都 ペストリー&ブティック フォション スプレッド
なす&チーズなどのフレーバーがある「スプレッド」。贈答用で購入する人も多いという看板商品

「ご宿泊のお客様以外でご購入いただけるのはもちろん、イートインスペースで紅茶と一緒に楽しんでいただくことも可能ですよ」

京都とパリがエレガントに融合する、くつろぎのアフターヌーンティールーム「サロン ド テ フォション」

フォションホテル京都 サロン ド テ フォション

「ロビー前の大階段を抜けた2階にあるのが、こちらのティーサロン『サロン ド テ フォション』です」

フォションホテル京都 サロン ド テ フォション 大階段
ロビー前の大階段。豪華な吹き抜けでその迫力に圧倒される

パッと見た瞬間はパリに来たような洗練された印象を受けますが、各所に京都らしい和のテイストも取り入れているのですね?
「そうなんです。和紙素材や京都の町屋でよく見られる京格子をモチーフにした設えを施しているのがポイントです。また、フォションのイメージカラーであるピンクもさりげなく取り入れています」

フォションホテル京都 サロン ド テ フォション ティールーム
ティールームの一角には京都らしい魅力も

なるほど。こちらでは、紅茶とお菓子を楽しめるんですよね?
「シェフパティシエが腕をふるったペストリーやフォション自慢の紅茶をお楽しみいただけます。バリエーションも豊富でパリで人気のシグネチャースイーツやマカロン、京都の夜をイメージした限定フレーバーティーなどもご用意しています」

フォションホテル京都 サロン ド テ フォション
23種の紅茶のほか、焼き菓子や季節を感じさせるスイーツが並ぶアフターヌーンティー。完全予約制

ゆったりと過ごす時間には贅沢な空間ですね。スイーツ好きの私にとってはたまりません!

本場フレンチと京食材が融合! 美食の限りを尽くしたレストラン「レストラン グラン カフェ フォション」

フォションホテル京都 レストラン グラン カフェ フォション

こちらが食を通してパリと京都の融合をテーマにしたレストラン「レストラン グラン カフェ フォション」ですね!
「そうなんです! ホテル最上階に位置するレストランで朝食からディナーまで、一日を通して“グルメホテル”の名にふさわしい美食をご提供しています。フレンチの本場パリのレシピで、京都の生産者様やお店から仕入れた食材を中心にパリと京都の融合をテーマにした料理が並びます」
どのような料理を味わうことができるのかご紹介いただけますか?
「はい。最初は『フォションホテル京都サラダ』をご紹介させていただきます」

フォションホテル京都 レストラン グラン カフェ フォション サラダ

色合いがとてもキレイ! 卵の色合いも特徴的ですね
「大原の平飼い卵を使用していまして、ビーツでフォションピンクにしています。赤ワインビネガーのコクと、卵の甘味が絶妙で野菜をさらにおいしくしてくれるんですよ」
とてもおいしいサラダですね!
「ありがとうございます。では次にご紹介するのは魚料理です」

フォションホテル京都 レストラン グラン カフェ フォション パイ包み
パリのフォションホテルでも提供されている人気のメニュー。伝統のレシピを再現している

「サーモン、キノコ、ホイルドエッグ、ほうれん草のソテーなどをパイで包んだお料理です。ソースには白ワインとバターを使用し、上品な味わいに仕上がっています」

スモークサーモンも入っていて、重層的な味わいが食欲をそそりますね!
「そして最後が、唇の形をしたケーキです」

フォションホテル京都 レストラン グラン カフェ フォション リップケーキ
目も喜ぶ見た目にインパクトがあるケーキ

上品な甘さと、それぞれのフレーバーの香りが際立っていますね
「ムースに果実の香りをしっかりと付けて仕上げています。また、ブティックではこちらの約4倍もの大きさの商品も販売していますので、おうちでもお楽しみいただけますよ」
ちょっと目を引くお土産にもピッタリですね。こちらのレストランでは、コースが中心なのでしょうか?
「そうなんです。ランチは4,950円(税込)~、ディナーは9,350円(税込)~のコースメニューが揃います。また、全てコースには、ホテル特製のパンと食後のお飲み物もご用意しています」

全客室で楽しむことができる、フォションの魅力が詰まった客室の「グルメバー」

フォションホテル京都 グルメバー

「そして最後にご紹介させていただくのが、全客室に備え付けのグルメバーです」

フォションホテル京都 グルメバー
シャンパンピンクのクローゼットの中にはフォションの商品がズラリ。ホテル滞在期間中は自由に楽しむことができるのが魅力。コーヒー、紅茶、ミネラルウォーター以外は有料(※)写真はイメージです

これはすごい! どんな商品が揃っているのですか?
「フォションティーやミニトーストブリオッシュから、トリュフチョコレート、サブレシトロンなど多種多様。内容は時期により変更もありますが、クローゼットいっぱいにフォションの魅力が詰まっているんです。また、一部商品は有料となりますが、ご用意しているアイテムはホテルオリジナルのショッパーでお持ち帰りいただけます」
それは嬉しいですね! 自宅でもフォションの魅力を満喫できると。グルメもさることながら、お部屋の高級感もすばらしいです!
「ありがとうございます。こちらは当ホテルで最上級のプレステージスイートです」

フォションホテル京都 客室

フォションホテル京都 シャワールーム
61平方メートルもある広々とした室内には信楽焼の浴槽付きのシャワールームがある、まさにもうひとつの価値あるスイート!

宿泊する人の快適性を高める工夫がいたるところにあるのですね!
「そうなんです。この贅沢な空間だからこそ味わえる体験をしていただきたいと思っています。例えば、3階にあるスパもそうです」

フォションホテル京都 スパ
フォションホテルとしては初となるスパ「ル スパ フォション」。ホテル独自に開発したシグネチャーオイルなどを使用した癒やしのひとときを提供する

「メニューは、FAUCHONシグネチャーボディトリートメント(60分)20,570円(税サ込)。さらにハイグレードなメニューとしてエクセレントシークレットフェイシャル&ボディ(150分)66,550円(税サ込)などをご用意。こうした特別な体験をぜひ、このホテルで味わっていただきたいですね!」

“グルメホテル”の呼び名にふさわしく、フォションブランドの価値をさまざまな形で満喫できる「フォションホテル京都」。旅の疲れを癒やすための宿泊施設にはない特別な時間を体験できるのが大きな魅力。自分への大きなご褒美や大切な人と過ごす記念日に利用するには、絶好のホテルだと思いますよ。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。