ホーム > 特集 > 現実逃避カフェ 自然・水辺・森・アート空間

特集

都会の喧騒から離れ、ホッとできる癒しのひとときを…
そんな願いをかなえてくれるおしゃれな隠れ家カフェを探してみて

01

rojica

大阪府泉南市樽井4-34-37

rojica

趣ある赤レンガ造りの
紡績工場跡をリノベ

rojicaのランチ

大正時代に建てられ、昭和40年代まで紡績工場として稼働していた建物を利用したカフェ。高い天井には実際に使われていた紡績の装置がそのまま残っているなど、当時の光景が想像できるような空間が広がっている。

おすすめメニューは、たっぷりの野菜や十六穀米など身体にやさしい食材を使った「rojicaのランチ」1,296円。趣向を凝らした4品のおかずにスープ、ご飯、ドリンクがセットになっており、ボリューム満点なのがうれしい。デザートは北海道産小豆を丁寧に炊き上げ、コクある甘みが楽しめる「自家製 冷やぜんざい〜ほうじ茶と共に〜」756円が人気だ。

02

MINOH KAJIKASOU

大阪府箕面市箕面1-6-6

MINOH KAJIKASOU

山の緑に四季の移ろいを感じる
一軒家レストラン

牛タンシチュー

春から夏の美しい新緑、秋に色づく紅葉など四季折々の自然に包まれて、特別なひとときを過ごしたい。そんな贅沢を叶えてくれる一軒家イタリアン。かつて料理旅館だったというクラシカルな建物の雰囲気を残しながらリノベーションし、スタイリッシュな空間に生まれ変わっている。

食事はイタリアンをベースにしたサラダやピザ、パスタなどから一品ごとにオーダーできるほか、鉄板焼きのステーキやお子様メニューまで揃う幅広さ。また、トッピングとして、「パルミジャーノ・レッジャーノ」1,080円や「トリュフ」1,080円が用意されており、好みや気分に合わせられるのもうれしい。

03

NORTHSHORE CAFE & DINING

大阪市中央区北浜1-1-28 ビルマビル1F

NORTHSHORE CAFE & DINING

開放的なリバーテラスで
スローなひとときを

エッグスラット

大阪屈指のビジネス街・北浜にあるリバービューカフェ。オープンキッチンを備えた店内は、打ちっぱなしのコンクリートが印象的なスタイリッシュな空間だ。土佐堀川沿いというロケーションを生かしたテラス席が自慢で、川の反対側にある中之島公園のバラ園を眺めながら食事を楽しむことができる。

全国に展開するフルーツショップ[ハナフル]がプロデュースしており、メニューは新鮮な果物や野菜を贅沢に使用したものばかり。旬のフルーツをヨーグルトにたっぷりとトッピングしたフルーツボールやパンケーキなどのスイーツをはじめ、野菜を主役にしたワンプレートの食事も用意。

04

星カフェ SPICA

大阪市中央区松屋町4-18 JitsuwaBLDG 5F

星カフェ SPICA

大阪の中心部で
気軽に楽しむ天体観測

アンドロメダ

大阪ミナミの松屋町に位置するカフェバー。店内に入ると暗闇の中に美しく光るプラネタリウムが出迎えてくれ、非日常的でありながらも落ち着いた雰囲気の、ここでしか体感できない空間となっている。また、天候の良い日は、プラネタリウムの解説とビルの屋上での天体観望会が行われ、天体初心者でも天体観測の魅力を味わえる。

メニューには天体に関する名前が付けられたオリジナルカクテルが10種類ほど用意されており、おすすめは「アンドロメダ」800円だ。リキュールをベースに、グレープフルーツとトニックで割った、青く輝く一杯。見た目に美しく、柑橘類の風味と炭酸でさっぱりと飲める。

更新日:2018年9月18日

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。