eonet.jp > 健康 > エクササイズ >  首猫背改善のオフィス体操

おうちで実践簡単エクササイズ

    エクササイズトップへ

    永田atc

    exercise
    永田ATCの「オフィスでプチストレッチ」

    首猫背改善のオフィス体操

    人間の頭は非常に重たいもので、体重の約20%もの重さがあります。首は、それほどの重さがある頭を常に支えているので、凝り固まってしまうのも当然です。頭の重みで首回りの筋肉が硬くなってしまうと、連動している目の筋肉も硬くなってしまいます。オフィスワークの最中などに、無意識に眉間や目の周辺をさすったり、押したりするのは、目の筋肉をほぐしたいからなのです。このエクササイズで、頭を支えるための骨=頸椎と、その周辺の筋肉の柔らかい動きを取り戻すと同時に、歪んだ頸椎を元に戻しましょう。

    首猫背改善のオフィス体操 動画

    永田ATCのエクササイズ

    point

    首の後ろ側を伸ばすときは、あごを引くことと、髪の毛を天井から引っ張られているような感覚をつかむことがポイントです。

    step1

    step1

    アイムーブメント
    椅子に腰かけて背筋を伸ばします。
    まずは、顔の正面にある何か一点を見つめましょう

    step1-2

    正面の一点に視線を向けたまま、頭を左にねじります。

    step1-3

    ひと呼吸置いてから、頭を正面に戻し、今度は右側にねじります。左右1セットを2回行います。

    step2

    step2

    タートルエクササイズ
    肩の力を抜きリラックスします。首を長く伸ばすようにして、息を吐きながらあごを前に突き出します。

    step2-2

    次に、ゆっくりとあごを後ろに引いていきます。この動作を3回繰り返して、元の位置に戻します。

    step2-3

    今度は息を吸いながら首を長く伸ばして、あごを天井に突き上げます。
    ゆっくりと元の位置に戻し、同じ動作を3回繰り返します。

    step2-4

    首伸ばしが終わったら、息を吐きながら左の耳を肩に付けるようなイメージで頭を倒します。
    肩に力が入らないように注意しながら、3回繰り返し、同じように右側でも行います。

    step2-5

    3回目が終わったら、両肩の力を抜きましょう。
    監修・指導:メディカルフィットネスクラブ「Kフィット」中之島ウェスト

    関西電力グループが運営するメディカルフィットネスクラブ「Kフィット中之島 ウェスト」は、文字通り「医療とフィットネスの融合」をめざしたフィットネスクラブ。たとえば気になる「メタボ」にも、米国アスレティックトレーナー協会公認のトレーナー(ATC)と、関西電力病院、エル・スエヒロが連携し、科学的な根拠に基づきながら改善をはかります。とくにATCパーソナルトレーニングは 「姿勢改善や障害予防に最適」とご好評をいただいています。

    エクササイズトップへ

      ページの先頭へ