eonet.jp > 健康 > エクササイズ >  外反母趾のための足底筋トレーニング

おうちで実践簡単エクササイズ

    エクササイズトップへ

    永田atc

    exercise
    永田ATCの「足の裏を鍛えるエクササイズ 」

    外反母趾のための足底筋トレーニング

    外反母趾とは、足の親指が変形して小指の方に曲がり「くの字」になる状態のことで、主な原因は、合わない靴を履き続けることにあります。予防・改善には足の裏を鍛えることが有効ですが、いきなり鍛えても固い状態の筋肉をどんどん収縮させるだけです。まずは足裏をゴルフボールを使ってゆるめることから始めましょう。足指ジャンケンで指が広がらない人は、使わない筋肉が冬眠している状態になっているからです。眠っている筋肉を刺激して、足のケアをしてあげましょう。

    外反母趾のための足底筋トレーニング 動画

    永田ATCのエクササイズ

    point

    歯磨きの間、テレビを見ているときなど、少しの時間でできるトレーニングです。あまり頑張り過ぎないように、気持ちよい範囲で行いましょう。

    step1

    step1

    足裏コロコロ
    ゴルフボールを用意します。
    足の裏でゴルフボールを転がします。気持ちいいと思うくらいの力加減で1分程度行いましょう。

    step2

    step2

    足指じゃんけん
    足の指を使って「グー チョキ パー」の形をつくります。
    できるだけ指を大きく動かしましょう。

    step2-2

    グーの形

    step2-3

    チョキの形

    step2-4

    パーの形

    step3-0

    step3

    タオルギャザー
    タオルを用意します。
    滑りやすい床にタオルを敷き、端に足指の付け根を置いて、親指から小指までを使ってたぐりよせていきます。

    step3-2

    しっかりとたぐりよせるようにしましょう。
    片足で10回程度を2セット行います。
    監修・指導:メディカルフィットネスクラブ「Kフィット」中之島ウェスト

    関西電力グループが運営するメディカルフィットネスクラブ「Kフィット中之島 ウェスト」は、文字通り「医療とフィットネスの融合」をめざしたフィットネスクラブ。たとえば気になる「メタボ」にも、米国アスレティックトレーナー協会公認のトレーナー(ATC)と、関西電力病院、エル・スエヒロが連携し、科学的な根拠に基づきながら改善をはかります。とくにATCパーソナルトレーニングは 「姿勢改善や障害予防に最適」とご好評をいただいています。
    メディカルフィットネスクラブ「Kフィット」中之島ウェスト

    エクササイズトップへ

      ページの先頭へ