eonet.jp > 健康 > 健康とくらし情報 > 甘いものがやめられない!砂糖依存症

知って得する ヘルスケア

      甘いものがやめられない!砂糖依存症

      トップページへ戻る
      甘いものがやめられない!砂糖依存症

      常に甘いものがそばにないと落ち着かず、疲れたりストレスを感じたりすると甘いものが欲しくなることはありませんか?
      「甘いものを手放せない!」というあなたは「砂糖依存症」かもしれません。毎日のようについ口にする「砂糖」には、依存性があり、うつ病や骨粗しょう症などといった、様々な恐ろしい状態を引き起こす原因になりえるのです。

      砂糖依存症に陥るメカニズム

      食事や甘いものを摂取すると、消化酵素で分解されたブドウ糖で体内の血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が上昇します。糖の中でも砂糖は分子が小さいために体内でブドウ糖に分解されやすく、特に空腹時に砂糖を摂取すると血糖値が急激に上昇します。
      その結果、血糖値を下げる働きを持つインスリンが一度に大量に分泌されて血糖値が急低下し、「低血糖」状態を引き起こします。そして、体内が「低血糖」状態になると、脳がエネルギー不足で「空腹だ」と勘違いし、「甘いもの(糖分)を摂取して血糖値を上げろ」と信号を出してしまうのです。
      このため、砂糖を摂取した後、空腹でないにも関わらず繰り返し砂糖を欲するようになります。

      また、砂糖を摂取すると脳の中でドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質が分泌されます。これらはそれ自体、もちろん危険な物ではないのですが、人に幸福感や癒やしを与える麻薬のような性質を持っています。
      身体が疲れたときや、ストレスを感じるたびに甘いものを食べて幸福感や癒しを得るようになると、この快感がクセになり、やがては中毒のように「砂糖を取ること=幸せになる」と無意識に脳が感じるようになってしまいます。快感を得るために砂糖を摂る、この状態に陥るのが砂糖依存症です。

      「砂糖」は甘いお菓子だけではなく、清涼飲料水やパン、スープなどの加工食品、調味料にも含まれていますので、普段甘いお菓子を食べない人でも知らず知らずのうちに砂糖を大量に摂取し、砂糖依存症になる可能性があります。

      砂糖を摂り過ぎることの弊害

      常習的に砂糖を多く摂取すると「糖尿病になる」と言われがちですが、その他にも様々な弊害があります。

      ビタミンB群、カルシウム不足からくる症状

      糖質は消化される際ににブドウ糖になり、これが代謝機能に働きかけることでエネルギー源に変わります。この消化の際に必要なのが、体温の維持や食べ物の消化、脳の働きなどに重要な働きをするビタミンB群や、カルシウムなどの栄養素です。
      甘いものをたくさん食べるということは、体内でそれだけの糖分を消化するために、ビタミンB群やカルシウムも大量に必要になってきます。そのため体内にこれらの栄養素が不足すると、身体に悪影響が及び、様々な弊害が起こるのです。

      • うつ状態
        体や脳神経が使うエネルギーを作る際に必要な栄養素が、疲労回復のビタミンとも呼ばれるビタミンB1です。
        砂糖の過剰摂取でビタミンB1が不足状態になると、脳神経がエネルギー不足になり、気持ちが安定しなくなって、興奮したり落ち込んだり、すぐにイラついたり、緊張しやすいなど、うつ状態に陥ります。
      • 冷え性
        体内のミネラルやビタミンが慢性的に不足状態になると、ブドウ糖がエネルギーに変化しにくくなり、体温が上がらずに低体温を招きます。
        また、体が冷えることによって便秘になったり、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったりすることも。
      • 骨粗しょう症
        一般的には高齢者に多い病気ですが、砂糖の過剰摂取を続けて慢性的なカルシウム不足になると、カルシウムが骨から溶け出し、若年層でも骨粗しょう症になる恐れがあるため、注意が必要です。

      その他にもビタミンB群の欠乏によって、疲労感や倦怠感、肩の凝りや口内炎、貧血などの症状が引き起こされます。

      老化を進行させる「糖化」

      糖化とは、いわゆる体の中で糖が蓄積された状態のことです。
      糖分を過剰に摂取すると余分な糖が身体の中でタンパク質と結びつき、そのタンパク質が変性してAGEs(糖化最終生成物)という名の老化物質を生成します。

      AGEsの蓄積よって引き起こされる症状

      老化物質であるAGEsは分解されにくいだけではなく、肌や髪、骨など全身に蓄積し、老化を進行させます。例えばAGEsがコラーゲンに蓄積すれば、肌の弾力が失われ、肌がたるみ、くすみます。AGEsは内臓や骨、髪の毛にも蓄積し、全身の老化を促します。これによって動脈硬化や骨粗しょう症など様々な病気を誘発する危険性があります。

      砂糖依存症チェック

      甘いものがないと落ち着かないという人の大半は、「私はもともと甘党だから」「仕事が忙しいせいだ」と考えがちで、自覚症状がないことが多いもの。以下の質問で自分が砂糖依存症なのかどうか、チェックしてみましょう。 あてはまる項目がある場合は、砂糖依存症の可能性があります。砂糖や甘いものを減らしたり間隔をあけるなどしてみましょう。

      砂糖が多く含まれる食品

      何気なく口にする飲み物やおかずに、実はこんなにも多くの砂糖が含まれているのです。自分が摂取している砂糖の量を、普段から意識してみましょう。

      (図)砂糖が多く含まれる食品

      砂糖を控えるコツ

      砂糖や甘いものを生活から完全に排除するのは、砂糖依存症ではなくても非常に難しいことです。
      無意識に食べてしまったり、我慢できない状況になってしまわないように、砂糖を控えるコツをご紹介します。

      甘いものを身の回りに置かない

      引き出しやキッチンなどすぐ手が届く場所にお菓子を常備するのをやめましょう。また、何気なくコンビニへ行ったり、買い物のついでについついお菓子を買ってしまう習慣も、意識して改めていきましょう。

      間食にはフルーツや芋を食べる

      空腹を感じたり、甘いものが食べたくなったときは、砂糖やお菓子の代わりにフルーツやドライフルーツ、さつま芋など自然な甘みのものを食べるようにしましょう。しかし食べ過ぎはNGです。しっかり噛んで食べ、食べ過ぎないように気をつけましょう。

      疲れを感じたときは

      疲れたからといって甘いものでごまかすのではなく、まずは休憩。温かいお茶やコーヒーを飲んで一息ついて、自分を労わりましょう。

      イライラする日々が続いたら

      ウォーキングやストレッチなど適度な運動や、規則正しい生活を取り戻し、夜更かしはやめて十分な睡眠を。スッキリ目覚めることができます。

      ビタミン、ミネラルを豊富に含む食事を心がける

      玄米や豚肉、野菜を中心としたビタミンB群やミネラルが豊富に含まれる食品を中心に摂取しましょう。これらの食材は甘いものの過剰摂取で不足した栄養素を補給し、脳が砂糖を求める悪循環を防ぎます。

      監修:福本認知脳神経内科  福本 潤先生

      1968年生まれ、認知症をはじめとする脳神経疾患を専門にした医学博士。 東京医科歯科大学院大学医学部医学科卒業した後、順天堂大学大学院で高次脳機能障害の診断方法について、臨床研修研究を行い、医学博士に。2013年に「福本認知脳神経内科」を開院。地域において積極的に脳神経疾患の講演活動も行っている。

      福本認知脳神経内科
      兵庫県神戸市灘区岩屋北町7-3-2 JR灘駅ビル2F
      TEL: 078-802-0732 

      甘いもの大好きな人必見!

      ファンケル「大人のカロリミット」

      大人のカロリミット

      食事や運動を意識しているけど、甘いものも大好き!という方にこそファンケル「大人のカロリミット」がおすすめ。
      カロリーが一番気になる食事の時に1回4粒飲むと 食事の糖・脂肪の吸収を抑制。
      あなたの強い味方になってくれます。
      通常30日分で2,800円ですが、初めての方限定でお試し2週間分×2袋で\1,000円とお得です。まずは4週間お試ししてみてはどうでしょうか?

      <公式ページはこちら>

        トップページへ戻る

        ページの先頭へ