eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 栄養素辞典 > クロム

rss

カラダにおいしい健康レシピ

栄養素辞典

レシピトップページへ戻る栄養素辞典へ戻る

クロム

クロムは、主に体内で糖質や脂質の代謝を助けるミネラルで、別名「代謝のミネラル」とも言われています。体内では「3価クロム」が有効とされ、金属メッキやステンレスの材料などに含まれる「6価クロム」は、環境汚染物質であり有毒です。
クロムはさまざまな食品に含まれているため、普通の食事をしていれば過不足なく補えます。

クロムの主な働き

  1. 1.糖代謝、脂質代謝、たんぱく質代謝を正常に保持する
  2. 2.血糖値を正常に保つ
クロムが不足すると クロムを摂りすぎると
動脈硬化、糖尿病、高血圧、高脂血症、末梢神経障害などの原因となります。 吐き気、腎障害、肝障害などの原因となります。
食品中のクロムは吸収率が低いので、過剰症の心配はほとんどありません。
ただし、産業現場などでクロムを取り扱っている人は注意が必要です。有害のクロムが体内に入ると、呼吸器障害を招く恐れがあります。

積極的に摂取したほうが良い方

糖尿病、高脂血症を予防、改善したい方など。
ただし、肥満や体質改善の効果は実証されていません。

吸収を阻害する要素

カルシウム不足、亜鉛不足

クロムが特に多く含まれる食品

レバー、アナゴ、海苔類、アサリ、ハマグリ、プロセスチーズ、落花生

クロムの1日の摂取基準

(単位:μg/日)
年齢 男性 女性
推定平均
必要量
目安量 目標量 推定平均
必要量
目安量 目標量
0〜5(カ月) - - 0.8 - - 0.8
6〜11(カ月) - - 1.0 - - 1.0
1〜2(歳) - - - - - -
3〜5(歳) - - - - - -
6〜7(歳) - - - - - -
8〜9(歳) - - - - - -
10〜11(歳) - - - - - -
12〜14(歳) - - - - - -
15〜17(歳) - - - - - -
18〜29(歳) 35 40 - 25 30 -
30〜49(歳) 35 40 - 25 30 -
50〜69(歳) 30 40 - 25 30 -
70以上(歳) 30 35 - 20 25 -
妊婦の方 - - - -
授乳期の方 - - -
  • クロムの接種基準は身体活動レベル?U(普通の運動量)の推定エネルギー必要量を用いて算定されています。

出典:日本人の食事摂取基準(2010年版)

レシピトップページへ戻る栄養素辞典へ戻る

ページの先頭へ