eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 栄養素辞典 > ビタミンE

rss

カラダにおいしい健康レシピ

栄養素辞典

レシピトップページへ戻る栄養素辞典へ戻る

ビタミンE

ビタミンEといえば、「美容にいい」と連想される方も多いでしょう。その主な効果として知られる抗酸化作用は、体の老化を抑制する働きがあることから、「美容と健康のビタミン」とも呼ばれます。美容効果をよりアップさせたいなら、同じ抗酸化作用を持つ仲間のビタミンCビタミンAと一緒に摂取するのがおすすめです。
また、不妊症や生理不順、更年期障害など、婦人科系特有の疾患に有効とされているので、女性の方は積極的に摂るように心がけましょう。
ビタミンEを多く含む食品としては、植物油、豆類、種実類、緑黄色野菜などがあげられます。
油脂に溶けやすい性質があるので、油や乳脂肪と一緒に摂取して吸収率を上げましょう。

ビタミンEの主な働き

  1. 1.不飽和脂肪酸の酸化を抑制活性酵素から体を守り、老化や生活習慣病を予防します。
  2. 2.赤血球の溶血防止
  3. 3.生殖機能を正常に保つ
ビタミンEが不足すると ビタミンEを摂りすぎると
老化、抗溶血・脂質生成の減退、筋萎縮、溶血性貧血、動脈硬化、不妊・流産、小脳失調などの原因となります。 過剰摂取による症状や障害は認められていません。

積極的に摂取したほうが良い方

生理不順、更年期障害、生活習慣病が気になる方など。

吸収を促進する要素

油脂類、セレニウム

吸収を阻害する要素

喫煙、油脂類吸収阻害系サプリメント(キトサンなど)

ビタミンEが特に多く含まれる食品

アーモンド、ヘーゼルナッツ、落花生、うなぎ、たらこ、かぼちゃ、植物油、卵黄

ビタミンEの1日の摂取基準

(単位:mg/日)
年齢 男性 女性
目安量 耐容上限量 目安量 耐容上限量
0〜5(カ月) 3.0 - 3.0 -
6〜11(カ月) 3.5 - 3.5 -
1〜2(歳) 3.5 150 3.5 150
3〜5(歳) 4.5 200 4.5 200
6〜7(歳) 5.0 300 5.0 300
8〜9(歳) 6.0 350 5.5 350
10〜11(歳) 6.5 450 6.0 450
12〜14(歳) 7.0 600 7.0 600
15〜17(歳) 8.0 750 7.0 650
18〜29(歳) 7.0 800 6.5 650
30〜49(歳) 7.0 900 6.5 700
50〜69(歳) 7.0 850 6.5 700
70以上(歳) 7.0 750 6.5 650
妊婦の方 - +0 -
授乳期の方 +3.0 -
  • α-トコフェロール以外のビタミンEは含まれていません。

出典:日本人の食事摂取基準(2010年版)

レシピトップページへ戻る栄養素辞典へ戻る

ページの先頭へ