eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > ジャンル別レシピ-メインのおかず

rss

カラダにおいしい健康レシピ

ジャンル別レシピ

レシピトップページへ戻る

メインのおかず

白身魚のレタス包み アサリと白ワインのソース
白身魚のレタス包み アサリと白ワインのソース
  • 時間
  • 調理時間:20分
  • カロリー
  • カロリー:199kcal
ホルモンバランスを整える
サフランは綺麗な黄色い色と香りだけでなく、身体を温め婦人病や更年期障害に効果があります。ただし、子宮を収縮させる作用もあるので、妊婦の方は控えた方がよいでしょう。また普段の食事から摂取しづらい亜鉛は、不足すると味覚障害を起こす場合があり、特に暑い夏は食欲も低下しがちです。すずきとアサリから効率的に亜鉛を摂取しましょう。
ガルバンゾ入りきのこハンバーグ
ガルバンゾ入りきのこハンバーグ
  • 時間
  • 調理時間:25分
  • カロリー
  • カロリー:336kcal
貧血予防
たんぱく質は身体を作るのに欠かせません。ガルバンゾ(ひよこ豆)を加えてコレステロールを減らしましょう。カルシウム、鉄などのミネラルが多く、貧血や骨粗しょう症にも効果が期待出来ます。
あっさり海鮮ゴーヤチャンプル
あっさり海鮮ゴーヤチャンプル
  • 時間
  • 調理時間:15分
  • カロリー
  • カロリー:320kcal
むくみ対策
沖縄の言葉で「炒め物」を意味する「チャンプル」は、沖縄を代表する家庭料理のひとつです。ゴーヤに含まれるビタミンCは、お肌や粘膜の健康維持に優れているといわれ、また、魚介類や野菜に含まれるカリウムは、水分代謝を活発にしたり、血圧を正常に保ってコレステロールを低下させる働きがあるため、むくみでお悩みの方に効果が期待されます。
えんどう豆たっぷりニョッキ
えんどう豆たっぷりニョッキ
  • 時間
  • 調理時間:50分
  • カロリー
  • カロリー:612kcal
ホルモンバランスを整える
普通はじゃがいもだけで作るニョッキにえんどう豆を混ぜ合わせ、爽やかな温かさと優しさを感じさせる見た目もキレイな一品です。豆類に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た作用で生活習慣病を予防し、ビタミンB・C、βカロチン、食物繊維の働きが、美容や健康、ストレスの予防にも効果があるといわれています。
タコとにらのエスニック炒め
タコとにらのエスニック炒め
  • 時間
  • 調理時間:20分
  • カロリー
  • カロリー:134kcal
疲労回復
タコとにら、太もやしなどの野菜をたっぷり合わせた、甘辛く、酸っぱいエスニック風料理。タコなどの魚介類には血中コレステロールを低下させるタウリン、神経を休ませたり、動脈硬化を予防する働きのあるアセチルコリンが豊富に含まれるため、疲労回復に効果が期待できます。
カツオのたたき香味サラダ
カツオのたたき香味サラダ
  • 時間
  • 調理時間:25分
  • カロリー
  • カロリー:249kcal
貧血予防
カツオの表面をサッと焼き、オシャレにいただくヘルシーサラダ。カツオに含まれる鉄分は赤血球の血色素「ヘモグロビン」などの構成成分となり、ビタミンB6はタンパク質の代謝に欠かせず、貧血予防に効果が期待できます。さらに、美しく健康的な肌を作るナイアシン、DHA、EPAなどの優れた栄養素が含まれています。
イカと京野菜の豆鼓炒め
イカと京野菜の豆鼓炒め
  • 時間
  • 調理時間:25分
  • カロリー
  • カロリー:176kcal
ダイエット
イカと京野菜のハーモニーを楽しむヘルシーメニュー。イカはビタミンE、亜鉛が豊富で高タンパク質低カロリー。そのうえ、脂肪を燃焼させる作用があるといわれるタウリンも含まれ、ダイエットに効果的。にんじんなどのビタミンAが豊富な食材をいっしょにとることで、免疫力を高め、美肌を保つ効果も期待できます。
鯛のソテーをグレープフルーツジュレで
鯛のソテーをグレープフルーツジュレで
  • 時間
  • 調理時間:20分
  • カロリー
  • カロリー:319kcal
血液サラサラ
あっさりした鯛のソテーを、さわやかさいっぱいのグレープフルーツジュレでいただく春のオシャレな一品。鯛は脂質が少なく、栄養価の高いタンパク質を豊富に含んだ消化にもよい食材です。グレープフルーツに含まれるビタミン、ミネラルといっしょにとることで、血中コレステロールを正常に保ち、動脈硬化や高脂血症予防に効果が期待できます。
カルシウムサラダ
カルシウムサラダ
  • 時間
  • 調理時間:20分
  • カロリー
  • カロリー:278kcal
骨を丈夫に
アンチョビの風味豊かなドレッシングでいただく、見た目も楽しいヘルシーサラダ。ヨーグルトや牛乳などの乳製品や、ちりめんじゃこに含まれるカルシウムは、骨を形成して骨粗しょう症を防ぐのに効果があるといわれています。ひじきや豆類に含まれるマグネシウムをいっしょにとることで、体内のミネラルバランスを調整し、丈夫な骨の成分となります。
豚フィレ肉の梅酒煮
豚フィレ肉の梅酒煮
  • 時間
  • 調理時間:30分
  • カロリー
  • カロリー:258kcal
疲労回復
柔らかな豚フィレ肉と根菜類を、ちょっぴり甘酸っぱい梅酒で煮たお酒の肴にもなる大人の一品。豚肉や大根に含まれるビタミンB1は、乳酸などの疲労物質が体内に蓄積されるのを防ぎ、小松菜に含まれるビタミンCは、体を構成するコラーゲンの合成を助ける効果があるといわれています。梅に含まれるクエン酸といっしょにとることで、疲労回復効果が期待できます。
豚肉とそら豆の炒め物 そばを添えて
豚肉とそら豆の炒め物 そばを添えて
  • 時間
  • 調理時間:20分
  • カロリー
  • カロリー:330kcal
高血圧予防
豚肉とそら豆の炒め物をそばといっしょに。見た目も新鮮、おもてなし料理にもなる新感覚の一品です。そら豆に含まれるカリウムとそばに含まれるルチンは、血圧を下げる働きがあるため、高血圧予防作用があることで知られています。そのうえ、毛細血管を強くするため動脈硬化を防ぎ、糖尿病、心臓症の予防にも効果があるといわれています。
レシピトップページへ戻る

ページの先頭へ