eonet.jp > 健康 > 健康レシピ >効果別レシピ-疲労回復

rss

カラダにおいしい健康レシピ

効果別レシピ

レシピトップページへ戻る

疲労回復

酢や柑橘類などには、疲労物質である乳酸の生成を抑えるクエン酸が含まれ、疲労回復に効果があります。また、肉体疲労の場合には、消費されたエネルギー源の補給と、糖質の代謝に必要なビタミンB1や、その利用率を高めるアリシンをとることが大切です。

豚肉と里芋のトマトジュース煮
豚肉と里芋のトマトジュース煮
  • 調理時間
  • 調理時間:30分
  • カロリー
  • カロリー:231kcal
カレーの隠し味が決め手の煮物です。カリウムを含む里芋やトマトを使うことで体のむくみが取れやすくなり、また、ビタミンB1が豊富な豚肉と合わせることで疲労回復の効果も期待できます。
鶏団子のパワフルにんにくスープ
鶏団子のパワフルにんにくスープ
  • 調理時間
  • 調理時間:約30分
  • カロリー
  • カロリー:178kcal
鶏のダシとにんにくの風味が、おいしさをひきたたせるヘルシースープです。にんにくに含まれるアリシンは、免疫力を高め、ビタミンB1と結び付いて疲労回復に効果があると言われています。
うどとアスパラのごま味噌和え
うどとアスパラのごま味噌和え
  • 調理時間
  • 調理時間:約15分
  • カロリー
  • カロリー:79kcal
基本のベース調味料でつくる、もう一品の和え物レシピです。アスパラガスは、新陳代謝を高め、疲労回復とスタミナ増強に効果があるアスパラギン酸を含むことが特長です。
焼き鯛の湯葉あんかけ
焼き鯛の湯葉あんかけ
  • 調理時間
  • 調理時間:約30分
  • カロリー
  • カロリー:183kcal
鯛は高たんぱく、低脂肪でヘルシーな魚ですので、ダイエット中の方にはおすすめです。タウリンを豊富に含んでいるので、疲労回復やコレステロール値の低下にも期待ができます。
豚肉と野菜の味噌しょうが煮
豚肉と野菜の味噌しょうが煮
  • 調理時間
  • 調理時間:35分
  • カロリー
  • カロリー:458kcal
多様な味噌を合わせ、コクのある味わいに仕上げた豚肉と野菜の味噌煮込みです。豚肉に多く含まれるビタミンB1は、にんにくやネギ類に含まれるアリシンと一緒に食べることにより体内に取り込みやすくなります。
鰻の和風サラダ
鰻の和風サラダ
  • 調理時間
  • 調理時間:約20分
  • カロリー
  • カロリー:114kcal
鰻の蒲焼をさっぱりとしたサラダ風にしました。鰻に多く含まれるビタミンEとビタミンAは細胞膜の酸化を防ぎ、血行をよくしてメラニンの排出を助け、皮膚細胞を保護してくれるお肌に嬉しい効果があります。
まぐろのネバネバ丼
まぐろのネバネバ丼
  • 調理時間
  • 調理時間:約15分
  • カロリー
  • カロリー:456kcal
夏バテなどで食欲のない時期にもさっぱりといただけるメニューです。野菜の優等生モロヘイヤで不足しがちな栄養素を補いましょう。
フルーツビネガーのピクルス2種
フルーツビネガーのピクルス2種
  • 調理時間
  • 調理時間:20分
フルーツ酢の酸味でアレンジしたピクルスです。そのまま食べてもおいしいピクルスは、サラダやサンドイッチの具材などにもアレンジできる便利な作り置き惣菜です。
豚ロースのグリル〜ソーセージと菜の花添え〜
豚ロースのグリル〜ソーセージと菜の花添え〜
  • 調理時間
  • 調理時間:約30分
  • カロリー
  • カロリー:546kcal
豚肉に含まれるビタミンB1は、糖質からエネルギーを作るのに必要な栄養素で、不足すると疲労が溜まりやすくなります。
豚肉竜田揚げ すぐきあん
豚肉竜田揚げ すぐきあん
  • 調理時間
  • 調理時間:25分
  • カロリー
  • カロリー:609kcal
すぐきに含まれるラブレ菌は乳酸菌の一種で、免疫力をアップさせる効果が高いと言われています。また、豚肉には糖質の代謝をスムーズにしてくれるビタミンB1が多く含まれています。
手羽先のから揚げ おろしソース
手羽先のから揚げ おろしソース
  • 調理時間
  • 調理時間:約25分
  • カロリー
  • カロリー:268kcal
鶏手羽肉にはコラーゲンが多く含まれているため、お肌の健康維持に期待が持てます。また、りんご酢に含まれるクエン酸は、疲労回復に効果的です。
ハニージンジャーポーク
ハニージンジャーポーク
  • 調理時間
  • 調理時間:約30分
  • カロリー
  • カロリー:579kcal
ハニージンジャーのしょうがに含まれるたんぱく質分解酵素は、豚肉をやわらかくして消化を助けてくれる効果があります。また、体を温める作用があるため、冷え性の方におすすめです。
ねばねばフォー
ねばねばフォー
  • 調理時間
  • 調理時間:30分
  • カロリー
  • カロリー:423kcal
オクラや長いもの“ねばねば”の正体は、ムチンと総称される糖たんぱく質です。ムチンは胃粘膜の保護や、食物繊維と同様に糖の吸収をおだやかにしてくれたり、コレステロールを吸着して体外に排泄してくれたりと大活躍です。長いもはアミラーゼという酵素を含み、でんぷんの消化を助けるおなかにやさしい食品です。
うなぎのネバっと三層茶碗蒸し
うなぎのネバっと三層茶碗蒸し
  • 調理時間
  • 調理時間:約30分
  • カロリー
  • カロリー:282kcal
うなぎは、たんぱく質、はもちろんのこと、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンEが豊富に含まれているため、 お肌の潤いを保ち、美容効果が期待できるすぐれた食品です。また、ビタミンB1も多く含まれ、疲労回復にも効果もあります。
スタミナ補給“本格プルコギ”
スタミナ補給“本格プルコギ”
  • 調理時間
  • 調理時間:約20分
  • カロリー
  • カロリー:559kcal
にんじん、青ねぎ、にらと緑黄色野菜がたっぷり摂れ、香ばしい香りとピリッとした辛味が食欲をそそる一品です。ごまに含まれるセサミノールはコレステロールを下げ、抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにも欠かせない栄養素です。
鶏ささ身の梅じそ磯辺揚げ
鶏ささ身の梅じそ磯辺揚げ
  • 調理時間
  • 調理時間:25分
  • カロリー
  • カロリー:215kcal
高タンパク低脂肪の鶏ささ身を、梅肉とシソの葉で味にアクセントを付け、カラッとおいしく揚げてみました。梅に含まれるクエン酸は、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに代えてミネラルの吸収を助ける作用があるため、疲れやすい人、肩こりや筋肉痛、倦怠感のある人に効果があると言われています。
野菜たっぷりサムゲタン風
野菜たっぷりサムゲタン風
  • 調理時間
  • 調理時間:30分
  • カロリー
  • カロリー:311kcal
丸鶏1羽のお腹に、もち米や栗、高麗にんじんを丸ごと入れてスープで煮込んだ韓国料理(サムゲタン)を食べやすくアレンジしたメニューです。材料には各種ビタミン、ミネラル類が豊富に含まれ、高麗にんじんにはジンセサイドというサポニンの効能で坑酸化作用、免疫力の向上、疲労回復など、様々な効果が期待できます。
豚肉とニンニクの茎の黒酢炒め
豚肉とニンニクの茎の黒酢炒め
  • 調理時間
  • 調理時間:30分
  • カロリー
  • カロリー:496kcal
下味を付けて揚げた豚肉とニンニクの香ばしさを楽しむ健康食。黒酢に含まれる酢酸やクエン酸には、乳酸などの疲労物質を分解する働きがあります。又、ニンニクに含まれるアリシンは、免疫力を高め、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあるので、疲労回復や滋養強壮に効果があるといわれ、コレステロールを低下させる働きも期待できます。
タコとにらのエスニック炒め
タコとにらのエスニック炒め
  • 調理時間
  • 調理時間:20分
  • カロリー
  • カロリー:134kcal
タコとにら、太もやしなどの野菜をたっぷり合わせた、甘辛く、酸っぱいエスニック風料理。タコなどの魚介類には血中コレステロールを低下させるタウリン、神経を休ませたり、動脈硬化を予防する働きのあるアセチルコリンが豊富に含まれるため、疲労回復に効果が期待できます。
豚フィレ肉の梅酒煮
豚フィレ肉の梅酒煮
  • 調理時間
  • 調理時間:30分
  • カロリー
  • カロリー:258kcal
柔らかな豚フィレ肉と根菜類を、ちょっぴり甘酸っぱい梅酒で煮たお酒の肴にもなる大人の一品。豚肉や大根に含まれるビタミンB1は、乳酸などの疲労物質が体内に蓄積されるのを防ぎ、小松菜に含まれるビタミンCは、体を構成するコラーゲンの合成を助ける効果があるといわれています。梅に含まれるクエン酸といっしょにとることで、疲労回復効果が期待できます。
レシピトップページへ戻る

ページの先頭へ