eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 鯛のソテーをグレープフルーツジュレで

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      鯛のソテーをグレープフルーツジュレで

      血液サラサラ

      レシピトップページへ戻る

      鯛のソテーをグレープフルーツジュレで

      • 時間
      • 調理時間:20分
      • ジュレを固める時間を除く
      • カロリー
      • カロリー:319kcal

      あっさりした鯛のソテーを、さわやかさいっぱいのグレープフルーツジュレでいただく春のオシャレな一品。鯛は脂質が少なく、栄養価の高いたんぱく質を豊富に含んだ消化にもよい食材です。グレープフルーツに含まれるビタミン、ミネラルといっしょにとることで、血中コレステロールを正常に保ち、動脈硬化や高脂血症予防に効果が期待できます。

      材料(4人分)

      鯛:100g×4切れ
      しめじ:1パック
      しいたけ:4枚
      えのき茸:1袋
      ニンニク:1片
      塩:少々
      こしょう:少々
      白ワイン:適量

      《ジュレ》
      グレープフルーツ(イエロー):1/2玉
      グレープフルーツジュース:250cc
      グラニュー糖 :10g
      板ゼラチン:6g

      《盛り付け用》
      ズッキーニ:1本
      ピーマン:1個
      生ハム:4枚
      グレープフルーツ(レッド):1/2玉
      セルフィーユ:適量
      ピンクペッパー:適量

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      鯛は塩、白ワインをふりかけてから、グリルを中火にして焼き上げます。
      作り方1
      しめじは小房に分け、しいたけは薄切り、えのきは4cmの長さに切り分けておきます。
      作り方1
      フライパンにオリーブオイルをひき、中火でニンニクのみじん切りを香りよく炒めてから(2)を入れて炒め、塩、こしょう、白ワインを少々ふりかけて味を整えます。
      作り方1
      グレープフルーツ(レッド)は果肉を取り出しておき、グレープフルーツ(イエロー)は果肉をほぐしておきます。
      作り方1
      板ゼラチンは冷水に浸けて戻し、湯煎にかけて溶かしておきます。
      作り方1
      鍋にグレープフルーツジュースを弱火で温めてグラニュー糖を加え、溶ければ(5)を入れて混ぜ、グレープフルーツ(イエロー)の果肉も一緒に合わせて冷やし固めておきます。
      作り方1
      ズッキーニをひと回り小さい抜き型で抜き、ピーマン(型で抜いたもの)をはめ込み、オリーブオイルで軽くソテーして付け合わせにします。
      作り方1
      器に炒めたきのこを敷き、その上に(1)の鯛を乗せ生ハムを飾ります。
      作り方1
      (6)のジュレをかけ、セルフィーユ・ピンクペッパーを飾り付けます。

      ワンポイントアドバイス

      ゼラチンは水だと溶けやすくなり、分量が変わってしまうことがありますので冷水で戻すようにしましょう。また、グレープフルーツジュースの甘さ加減で、グラニュー糖の分量を変えても大丈夫です。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 319 kcal
      カリウム 1012 mg
      カルシウム 41 mg
      コレステロール 76 mg
      ビタミンA 11 μg
      脂質 14.6 g
      炭水化物 21 g
      たんぱく質 27.4 g
      鉄分 1.2 mg
      ビタミンB1 0.56 mg
      ビタミンB2 0.24 mg
      ビタミンC 82 mg
      食物繊維 3 g
      食塩相当量 0.9 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ