eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 鰻の和風サラダ

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      鰻の和風サラダ

      疲労回復 美肌

      レシピトップページへ戻る

      鰻の和風サラダ

      • 時間
      • 調理時間:約20分
      • 土佐酢ゼリーを固める時間を除く
      • カロリー
      • カロリー:114kcal

      鰻の蒲焼をさっぱりとしたサラダ風にしました。鰻に豊富に含まれているビタミンEは、「若返りのビタミン」としても有名です。細胞膜の酸化を防ぎ、血行をよくしてメラニンの排出を助けてくれます。また、肌の状態を良くし、髪や爪を育てるビタミンAも多く含んでいます。

      材料(4人分)

      なす:2本
      鰻(蒲焼):1尾
      きゅうり:1/2本
      木の芽:4枚
      ラデッシュ:2個

      《土佐酢ゼリー》
      板ゼラチン:2g
      酢:大さじ3
      砂糖:大さじ1
      濃口しょうゆ:大さじ1
      薄口しょうゆ:大さじ2
      出し汁:大さじ5
      追いかつお:3g

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      なすはヘタを取り、縦縞になるように皮を所どころむき、横半分に切って拍子切りにします。
      作り方1
      なすを塩水につけてしばらくおき、少ししんなりとしたらサッと流水で洗い、水分を絞っておきます。
      作り方1
      鰻はなすに合わせて棒状に切っておきます。
      作り方1
      きゅうりも同じ位の長さの棒状に切り、軽く塩を振ってしばらくおき、その後、流水で洗って水分を切ります。ラディッシュは輪切りにしておきます。
      作り方1
      板ゼラチンは30分程冷水に浸けて戻しておきます。
      作り方1
      調味料を鍋に入れ、一煮立ちしたら追いかつおを加え、しばらくおいてから漉します。
      作り方1
      (6)の土佐酢を温めなおし、戻した板ゼラチンを加えて溶かしておきます。その後、粗熱が取れたら、バットや型などに流して冷やし固めます。
      作り方1
      器になす、鰻、きゅうりを盛り付け、(7)の土佐酢ゼリーをフォークなどでクラッシャーにして上からかけ、木の芽とラディッシュを飾ります。

      ワンポイントアドバイス

      鰻の蒲焼は調理前にトースターなどで温めなおすと、ふっくらと香ばしくなります。
      板ゼラチンを水で戻すときは、水温に気をつけないと溶けてしまい、固まらないことがあります。夏場は氷を3〜4個ほど入れて冷水にするか、冷蔵庫に入れて戻すようにしましょう。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 114 kcal
      カリウム 245 mg
      カルシウム 58 mg
      コレステロール 69 mg
      ビタミンA 457 μg
      脂質 6.3 g
      炭水化物 5.9 g
      たんぱく質 8.2 g
      鉄分 0.5 mg
      ビタミンB1 0.25 mg
      ビタミンB2 0.26 mg
      ビタミンC 3 mg
      食物繊維 0.9 g
      食塩相当量 1.98 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ