eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 白身魚のレタス包み アサリと白ワインのソース

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      白身魚のレタス包み アサリと白ワインのソース

      ホルモンバランスを整える

      レシピトップページへ戻る

      白身魚のレタス包み アサリと白ワインのソース

      • 時間
      • 調理時間:20分
      • カロリー
      • カロリー:199kcal

      サフランは綺麗な黄色い色と香りだけでなく、身体を温め婦人病や更年期障害に効果があります。ただし、子宮を収縮させる作用もあるので、妊婦の方は控えた方がよいでしょう。また普段の食事から摂取しづらい亜鉛は、不足すると味覚障害を起こす場合があり、特に暑い夏は食欲も低下しがちです。スズキとアサリから効率的に亜鉛を摂取しましょう。

      材料(4人分)

      スズキ:60g×4切れ
      アサリ:150g
      エシャロット または玉葱:1/4個
      ニンニク:1/2片
      プチトマト:4個

      《調味料》
      サフラン:適量
      白ワイン:30cc
      生クリーム(牛乳でも代用可):30cc
      バター:20g
      塩・こしょう:適量
      オリーブオイル:大さじ1

      《付け合せ用》
      レタス:4枚
      塩・こしょう:適量

      《盛り付け用》
      青葱の小口切り:適量

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      スズキに塩、こしょうをしてしばらく置きます。
      作り方1
      アサリは砂出しをしておきます。
      作り方1
      エシャロット、ニンニクは微塵切り、プチトマトは4つ割りにします。
      作り方1
      サフランは白ワインに浸して色だししておきます。
      作り方1
      洗ったレタスをフライパンに入れて、塩、こしょうを加えて蓋をし、中火で加熱します。しんなりすれば取り出し、冷水に浸します。
      作り方1
      フライパンにオリーブオイルを熱して、(1)を中火で焼いて取り出し、(5)のレタスで包みます。
      作り方1
      エシャロット、ニンニクを弱火で炒めて、アサリ、プチトマトを加え、サフラン入りの白ワインを入れて蓋をしてアサリの口が開くまで蒸し煮にします。
      作り方1
      (6)を戻し、生クリームを加えて半量まで煮詰めてから火を止め、角切りにしたバターを溶かしこみます。
      作り方1
      器に盛り付けて青葱の小口切りをふります。

      ワンポイントアドバイス

      魚や貝は加熱しすぎると固くなります。火の通し方に注意しましょう。魚は皮から焼くと反るので身から焼きましょう。
      レタスに含まれるビタミンCは水溶性なのでお湯に通すのではなく無水調理が適しています。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 199 kcal
      カリウム 349 mg
      カルシウム 32 mg
      コレステロール 68 mg
      ビタミンA 184 μg
      脂質 13.8 g
      炭水化物 3.2 g
      たんぱく質 13.3 g
      鉄分 0.8 mg
      ビタミンB1 0.03 mg
      ビタミンB2 0.17 mg
      ビタミンC 8 mg
      食物繊維 0.6 g
      食塩相当量 1.3 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ