eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 豚肉の赤ワイン煮

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      豚肉の赤ワイン煮

      貧血予防 血液サラサラ

      レシピトップページへ戻る

      豚肉の赤ワイン煮

      • 時間
      • 調理時間:約50分
      • カロリー
      • カロリー:578kcal

      ドライプルーンは「ミラクルフルーツ」と呼ばれるほど、鉄分をはじめ、カリウム亜鉛を多く含みます。肉料理との相性もよく、肉のたんぱく質とともに鉄分を補給できるので、貧血予防になります。また、濃い紫色は赤ワインと同じく抗酸化作用に期待ができるアントシアニンなので、動脈硬化予防に期待がもてます。

      材料(4人分)

      豚ロース(塊):500g
      塩・こしょう:各適量
      赤ワイン:50cc
      香味野菜:各適量
      ※にんじん・セロリ・玉ねぎ・パセリ
      小麦粉:適量

      《煮汁》
      赤ワイン:500cc
      水:200cc
      ブイヨン(固形):1個
      八角:1かけ
      タイム:1本
      ローリエ:1枚
      ハチミツ:大さじ1
      塩・こしょう:適量

      プルーン(ドライ):8個

      コーンスターチ:適量
      ※片栗粉でも代用可

      《付け合せ》
      じゃが芋:小4個
      ブロッコリー:1/4株

      塩・こしょう:各適量
      サワークリーム:小さじ4
      粒マスタード:適量

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      豚ロースは一口大よりやや大きめに切り、ボールの中に入れて塩、こしょうをし、赤ワイン、スライスした香味野菜を加え混ぜてしばらくおきます。
      作り方1
      (1)の漬け込んだ豚肉を引き上げ、軽く水分を拭いて小麦粉を薄くまぶします。
      作り方1
      鍋にサラダ油を引き、(2)の豚肉を表面がキツネ色になるまで焼きます。次に、赤ワイン、水、固形ブイヨンを入れて強火にかけ、アクをすくってから残りの調味料を加え、中火〜やや弱火で煮汁が半分になるまでゆっくり煮込みます。
      作り方1
      途中で八角を取り出し、プルーンを加えてさらに15分程煮込みます。
      作り方1
      煮汁にコーンスターチもしくは片栗粉を水で溶かしたものを入れ、少しトロミが出るように仕上げます。
      作り方1
      じゃが芋は粉ふき芋にし、ブロッコリーは塩茹でにして付け合せを用意します。
      作り方1
      出来上がったら皿に盛り付け、付け合せを添えます。それぞれ軽く塩、こしょうをしておき、お好みでサワークリーム、粒マスタードを添えます。

      ワンポイントアドバイス

      豚ロースはヘレ肉を使用しても美味しくいただけます。
      また、赤ワインはあまり渋みがないタイプを選ぶといいでしょう。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 578 kcal
      カリウム 1020 mg
      カルシウム 32 mg
      コレステロール 76 mg
      ビタミンA 38 μg
      脂質 26.5 g
      炭水化物 33.3 g
      たんぱく質 27.3 g
      鉄分 1.7 mg
      ビタミンB1 0.97 mg
      ビタミンB2 0.27 mg
      ビタミンC 53 mg
      食物繊維 3 g
      食塩相当量 2.36 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ