eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > カキの包み焼き

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      カキの包み焼き

      貧血予防 美肌 血液サラサラ

      レシピトップページへ戻る

      カキの包み焼き

      • 時間
      • 調理時間:約20分
      • カロリー
      • カロリー:139kcal

      カキに含まれる栄養素の特長は、亜鉛を多く含むことです。亜鉛は味覚を正常に保つために必要不可欠な栄養素です。また、皮膚の角質化にも深く関わっていて、美肌効果があることも知られています。また、カキには魚介類に多く含まれるタウリンも含まれ、肝臓機能を高めたり、コレステロールを減少させることにも期待がもてます。

      材料(4人分)

      カキ:大16粒
      しめじ:1パック
      玉ねぎ:1個
      にんじん:40g
      焼き豆腐:1/2丁
      太もやし:1/2袋(60g)
      春菊:1/2束

      《合わせ味噌》
      赤味噌:50g
      白味噌:50g
      砂糖:大さじ1/2
      みりん:大さじ1
      酒:小さじ1
      出し汁:大さじ1と1/2
      しょうが汁:小さじ1

      クッキングシート:4枚
      (25cm×30cm)

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      カキは粗塩できれいに洗い、流水で洗い流しておきます。
      作り方1
      しめじは石づきを取り、小房に分けておきます。
      作り方1
      玉ねぎは5mm厚さのスライスにし、にんじんは短冊切りにしておきます。
      作り方1
      焼き豆腐は食べやすい大きさに切り、太もやしはひげ根を取り、春菊はきれいに洗って5〜6cm長さに揃えておきます。
      作り方1
      《合わせ味噌》の材料を鍋に入れ、弱火で5分程炊きます。
      作り方1
      クッキングシートを広げ、中央に(5)の《合わせ味噌》を薄くのばし、その上に食材をのせて適量の味噌を上から落とし、クッキングシートをキャンディー包みのように包んで、190℃のオーブンで12分程焼きます。

      ワンポイントアドバイス

      クッキングシートで食材を包むときは、オーブンのプレートの上で行うと、崩れもなく包むことができます。
      その他の材料としては、じゃがいも、こんにゃく、ごぼうなどもよく合います。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 139 kcal
      カリウム 476 mg
      カルシウム 154 mg
      コレステロール 32 mg
      ビタミンA 129 μg
      脂質 3.7 g
      炭水化物 16.7 g
      たんぱく質 10.1 g
      鉄分 2.6 mg
      ビタミンB1 0.12 mg
      ビタミンB2 0.18 mg
      ビタミンC 12 mg
      食物繊維 3.6 g
      食塩相当量 2.02 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ