eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > キムチと卵のちょい辛サンドイッチ

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      キムチと卵のちょい辛サンドイッチ

      美肌 冷え性 血液サラサラ 腸内環境

      レシピトップページへ戻る

      キムチと卵のちょい辛サンドイッチ

      • 時間
      • 調理時間:20分
      • カロリー
      • カロリー:438kcal

      キムチの唐辛子といえばカプサイシン。血行を促進し、新陳代謝を活発にします。また、脂肪分解酵素(リパーゼ)を活性化させる働きがあり、とてもヘルシーなサンドイッチです。一度作ってみてはいかがでしょうか。

      材料(4人分)

      白菜キムチ:100g
      マヨネーズ(カロリーハーフ):大さじ4
      卵:2個
      塩、こしょう、サラダ油:各少々
      サニーレタス:2枚
      玉ねぎ:1/4個
      トマト:1/2個
      サンドイッチ食パン:8枚
      和辛子:大さじ1

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      白菜キムチは一口大に切り、水気を絞ってマヨネーズ(カロリーハーフ)と和えておきます。
      作り方1
      卵は割りほぐし、塩、こしょうで味を付け、薄焼き卵を作ります。
      作り方1
      サニーレタスはきれいに洗い、ちぎっておきます。玉ねぎはスライスして水にさらし、トマトは輪切りにします。
      作り方1
      サンドイッチ食パンは軽くトーストして、和辛子を塗ります。(1)(2)(3)を挟み、ばらけないように軽く重しをしてなじませてから切り、器に盛り付けます。

      ワンポイントアドバイス

      サンドイッチ食パンは軽くトーストした方が香ばしく、よく合います。
      カロリーダウンのため辛子バターは塗りません。普通のサンドイッチはマスタードを塗りますが、キムチサンドイッチにはパンチのある和辛子の方が相性がよいです。

      白菜キムチは酸っぱくなったものでも大丈夫ですが、水分は絞っておかないとパンがしけってしまいます。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 438 kcal
      カリウム 315 mg
      カルシウム 66 mg
      コレステロール 113 mg
      ビタミンA 70 μg
      脂質 20.9 g
      炭水化物 48.7 g
      たんぱく質 13 g
      鉄分 1.5 mg
      ビタミンB1 0.12 mg
      ビタミンB2 0.21 mg
      ビタミンC 12 mg
      食物繊維 3.4 g
      食塩相当量 2.8 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ