eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > みょうが香るごま豆乳うどん

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      みょうが香るごま豆乳うどん

      貧血予防 骨を丈夫に ホルモンバランスを整える

      レシピトップページへ戻る

      みょうが香るごま豆乳うどん

      • 時間
      • 調理時間:25分
      • (肉の冷める時間は除く)
      • カロリー
      • カロリー:418kcal

      体に嬉しい野菜類と豚肉をたっぷり使い、うどんの量が少なくても満足感のある冷やしうどんです。ミネラルやビタミン類が豊富なあしたばをうどんに混ぜ、イソフラボン、レシチン、サポニンなどを含む豆乳のたれでいただきます。

      【冷製】【冷やしうどん】

      材料(4人分)

      レタス:1/4玉
      にんじん:1/6本
      プチトマト:4個
      みょうが:1個
      しょうが:10g
      乾燥ワカメ:4g
      豚ももスライス肉:200g

      うどん:2玉
      あしたば:100g

      ≪豆乳ごまだれ≫
      みりん:大さじ4
      薄口しょうゆ:大さじ4
      豆乳:2カップ
      練りごま:大さじ4

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      レタスは一口大にちぎり、にんじんはピーラーで薄くそいでおきます。プチトマト、みょうがは輪切りにし、しょうがは千切りにします。乾燥ワカメは水で戻します。
      作り方1
      豚ももスライス肉は80度くらいのお湯で茹でます。引き上げた肉に茹で汁を少し取り、肉が乾かないようにひたひたに浸かるくらいにして、室温で冷まします。うどんもお湯で茹でて、茹であがったらぬめりを取るため洗います。あしたばもサッと茹でて、細かく刻んでうどんと混ぜておきます。
      作り方1
      豆乳ごまだれを作ります。鍋にみりんを入れて煮切り、薄口しょうゆ、豆乳を加えます。冷めてから練りごまを少しずつ溶きのばします。
      作り方1
      (1)と(2)を盛り付け、(3)を添えて完成です。

      ワンポイントアドバイス

      豚肉は沸騰したお湯で茹でると、肉質が固くなってしまいます。また、氷水等に落とすと旨みも抜け、脂分が白く固まって美味しくありません。

      あしたばはほろ苦い味の野菜で、青汁の材料にされるなど、ミネラル、ビタミンも豊富です。

      練りごまは溶きのばしにくいため、先に練りごまをボールに入れ、冷ましたたれを少しずつ加えて混ぜるときれいになじみます。

      うどんの量を少なくしても、野菜や肉をたくさん盛り付けることで、満足感があります。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 418 kcal
      カリウム 676 mg
      カルシウム 272 mg
      コレステロール 36 mg
      ビタミンA 172 μg
      脂質 18.3 g
      炭水化物 40.5 g
      たんぱく質 20.2 g
      鉄分 3.5 mg
      ビタミンB1 0.73 mg
      ビタミンB2 0.27 mg
      ビタミンC 16 mg
      食物繊維 5.4 g
      食塩相当量 3.6 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ