eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > モロヘイヤの食べるスープ

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      モロヘイヤの食べるスープ

      美肌 冷え性

      レシピトップページへ戻る

      モロヘイヤの食べるスープ

      • 時間
      • 調理時間:20分
      • カロリー
      • カロリー:110kcal

      モロヘイヤはアラビア語で「ムルーキーヤ」といい、王様の野菜という意味を持ちます。エジプトや中東では、古くから食べられる野菜で、かのクレオパトラも食べていたといわれています。ビタミン類や鉄分カリウムなどが豊富に含まれ、美肌や冷え症に効果が期待される健康食材です。ミンチ肉から出る脂で野菜を炒めることで、低カロリーに仕上げました。

      【軽食】【具だくさんスープ】【夏が旬の食材】

      材料(4人分)

      モロヘイヤ:2束
      オクラ:4本
      玉ねぎ:1/2個
      にんにく:1かけ
      しいたけ:2枚
      しめじ:1/4パック
      エリンギ:1/4パック
      牛ももミンチ:60g

      水:3カップ
      固形スープの素:1個
      塩、こしょう:各少々

      ≪ガーリックトースト≫
      食パン:5枚切り1枚
      にんにく:適量

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      モロヘイヤ、オクラはきれいに洗い、熱湯でサッと茹でます。茹であがったら水に落として色を止め、細かく刻んでおきます。
      玉ねぎはみじん切り、にんにくとしいたけは薄切り、しめじは石づきを取ってほぐし、エリンギは長さを半分に切って薄切りしておきます。
      作り方1
      鍋に牛ももミンチを入れて加熱し、そこに、にんにく、玉ねぎ、キノコ類を加えて炒めます。
      作り方1
      (2)に水と固形スープの素を加えて煮込み、(1)の細かく刻んだモロヘイヤとオクラを加えて、塩、こしょうで味を調えます。
      作り方1
      食パンを縦に4等分し、オーブントースターでコンガリ焼き、にんにくを擦り付けてガーリックトーストを作ります。スープを器にそそぎ、パンを添えて完成です。

      ワンポイントアドバイス

      モロヘイヤは淡白で食べやすく、刻むとオクラのような粘りが出て、あえ物やスープで食べるのが一般的です。

      モロヘイヤやオクラにはシュウ酸が含まれるので、サッと茹でて水に晒して抜きましょう。

      牛ももミンチから出る脂で野菜を炒めるので、余分な油を使いません。

      パンを焼くことにより表面が固くなって、おろし金の代わりとなるので、直接にんにくをこすって香りを付けることが出来ます。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 110 kcal
      カリウム 368 mg
      カルシウム 108 mg
      コレステロール 10 mg
      ビタミンA 264 μg
      脂質 2.5 g
      炭水化物 15.9 g
      たんぱく質 7.8 g
      鉄分 0.8 mg
      ビタミンB1 0.12 mg
      ビタミンB2 0.21 mg
      ビタミンC 25 mg
      食物繊維 4.2 g
      食塩相当量 1 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ