eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > プチトマトの体にやさしい麻婆豆腐

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      プチトマトの体にやさしい麻婆豆腐

      ダイエット 冷え性 腸内環境

      レシピトップページへ戻る

      プチトマトの体にやさしい麻婆豆腐

      • 時間
      • 調理時間:20分
      • カロリー
      • カロリー:270kcal

      必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のたんぱく質を始め、ビタミンB1ビタミンB2カルシウムなどが含まれ“畑のお肉”と呼ばれる豆腐を、抗酸化作用のあるリコピンが豊富なプチトマトでアレンジした、辛さひかえめの麻婆豆腐です。

      【マイルド麻婆豆腐】

      材料(4人分)

      絹ごし豆腐:1丁(400g)
      プチトマト:8個
      うずら卵:8個
      干ししいたけ:4枚
      たけのこ:50g
      にんにく:1かけ
      しょうが:20g
      白ねぎ:1/6本
      豚ミンチ:80g
      (下味 塩、こしょう:各少々)

      サラダ油:大さじ1
      豆板醤:大さじ1

      ≪合わせ調味料≫
      酒:大さじ2
      しょうゆ:大さじ2
      中華スープ:300cc

      ≪水溶き片栗粉≫
      片栗粉:大さじ1
      水:大さじ2

      ごま油:小さじ1/2
      花椒:小さじ1
      香菜:少々

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      絹ごし豆腐は水切りをしてから角切りにし、プチトマトはへたを取り、うずら卵はゆで卵にして皮をむいておきます。
      作り方1
      干ししいたけは戻して粗みじん切りにし、たけのこも下ゆでして粗みじんに切っておきます。にんにく、しょうが、白ねぎはみじん切りにして、豚ミンチは塩、こしょうで下味をつけておきます。
      作り方1
      鍋にサラダ油を熱し、にんにく、しょうが、白ねぎを入れて香りを出したら、豚ミンチ、干ししいたけ、たけのこも加えて炒めます。
      作り方1
      (3)に(1)を加えて炒め、更に豆板醤を入れて炒めたら、合わせ調味料を加えて煮込みます。
      作り方1
      水溶き片栗粉でとろみをつけて、最後にごま油を垂らし、花椒、香菜を散らして出来上がりです。

      ワンポイントアドバイス

      豆板醤を直接炒めると辛さや香りが際立つので、合わせ調味料からはずしましたが、焦げやすいので注意しましょう。
      薬味系のものも、あまり強い火で炒めると香りが出る前に焦げてしまうので、ご注意ください。

      プチトマトの煮込み方は、好みで加減してください。煮込み方が短いとフレッシュな味わいとなります。

      水溶き片栗粉は水と片栗粉が1:1〜1:2で合わせると使いやすいでしょう。

      花椒は割れ山椒を粉にしたもので、しびれるような辛さを出します。好みで加減してください。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 270 kcal
      カリウム 738 mg
      カルシウム 76 mg
      コレステロール 100 mg
      ビタミンA 88 μg
      脂質 16.7 g
      炭水化物 16.3 g
      たんぱく質 15.2 g
      鉄分 2.4 mg
      ビタミンB1 0.43 mg
      ビタミンB2 0.42 mg
      ビタミンC 8 mg
      食物繊維 5.7 g
      食塩相当量 2.5 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ