eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 餃子の皮で作る 海老ニラ饅頭

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      餃子の皮で作る 海老ニラ饅頭

      ダイエット 血液サラサラ

      レシピトップページへ戻る

      餃子の皮で作る 海老ニラ饅頭

      • 時間
      • 調理時間:25分
      • カロリー
      • カロリー:143kcal

      一口点心としても人気の海老饅頭。今回は餃子の皮を使って仕上げました。セロリに含まれるカリウム食物繊維美肌腸内環境を整える効果が期待されます。にらのビタミンB2、長芋の食物繊維ビタミンB1は、それぞれ疲労回復やダイエットにも効果的です。海老の食感も楽しみながらいただける健康食です。

      【豚肉を使わないレシピ】

      材料(4人分/20個)

      小海老:200g
      セロリ:60g
      にら:50g
      きぬこし豆腐:20g(2センチ角くらい)
      長芋:60g
      しょうが:10g(小指くらいの大きさ)

      塩:小さじ1/4
      こしょう:少々
      酒:大さじ1

      餃子皮:20枚

      サラダ油:大さじ1/2

      プチトマト:4個
      香菜:1枝

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      小海老は背ワタと殻を取りのぞき、きれいに洗います。飾り用の10尾分は、半分にそいでおき、残りは包丁で細かく刻み、粘りが出るまでたたきます。
      作り方1
      セロリは筋を取ってみじん切りにし、にらは小口切りにします。豆腐は潰し、長芋、しょうがはそれぞれすりおろします。
      作り方1
      (1)の細かく刻んだ小海老と(2)を合わせ、調味料も加えてよく練り合わせたら、20等分しておきます。
      作り方1
      餃子皮に(3)をのせて皮を折りたたみます。上から飾り用の海老をのせ、形を整えます。
      作り方1
      フライパンにサラダ油を熱し、(4)を中火で焼きます。焼き上がれば皿に盛り付け、1/4に切ったプチトマト、香菜を飾り付けて出来上がりです。

      ワンポイントアドバイス

      海老はよくたたいて粘りを出します。豚ミンチを使わない代わりに長芋を使って粘りを出します。

      本来は小麦粉で練った生地を伸ばしてあんを包みますが、今回は簡単に餃子皮を使います。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 143 kcal
      カリウム 386 mg
      カルシウム 61 mg
      コレステロール 80 mg
      ビタミンA 55 μg
      脂質 2.4 g
      炭水化物 16 g
      たんぱく質 12.7 g
      鉄分 1.3 mg
      ビタミンB1 0.07 mg
      ビタミンB2 0.07 mg
      ビタミンC 10 mg
      食物繊維 1.4 g
      食塩相当量 0.9 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ