eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 海老と豚肉の生春巻き

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      海老と豚肉の生春巻き

      むくみ対策

      レシピトップページへ戻る

      海老と豚肉の生春巻き

      • 時間
      • 調理時間:30分
      • カロリー
      • カロリー:373kcal

      ベトナム料理を代表する「生春巻き」をさらに健康的にアレンジしました。塩分のとり過ぎはむくみの原因のひとつ。魚介類や野菜に含まれるカリウムは、水分の代謝を活発にし、香辛料を使うことで塩分のとり過ぎを抑えることもできます。また、疲労もむくみの原因になるので、ビタミンB1を含んだ豚肉と一緒に栄養も摂りましょう。

      材料(4人分)

      生春巻きの皮:8枚
      エビ:12尾
      豚ロース肉:200g

      《エビ、豚ロース肉の下味》
      塩、こしょう、酒:各適量

      ビーフン(乾燥):70g

      赤ピーマン:1個
      しょうが:5g
      グリーンリーフ:4枚
      にら:8本

      《タレ》
      水:大さじ3
      ナンプラー:大さじ3
      砂糖:大さじ1
      レモン汁:大さじ1
      にんにく(すりおろし):少々
      赤唐辛子(小口切り):適量
      煎りごま(白):大さじ2
      青ねぎ(小口切り):大さじ2

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      エビは殻を外して背わたを取り、塩、こしょう、酒でよく揉んで臭みを取ります。その後水洗いしてから茹で、縦半分に切り分けておきます。
      作り方1
      豚ロース肉は細切りにして軽く塩、こしょう、酒をふりかけ、茹でておきます。
      作り方1
      ビーフンは沸騰したお湯の中で3分程度茹で、その後流水で洗っておきます。
      作り方1
      赤ピーマン、しょうが、グリーンリーフは細切りにし、にらは生春巻きの皮の直径に合わせて切り揃えておきます。
      作り方1
      生春巻きの皮をサッと水にくぐらせてラップの上に広げます。
      作り方1
      生春巻きの皮の上に、具材を置いていきます。
      グリーンリーフを手前に置き、その上に豚ロース肉、ビーフン、赤ピーマンをのせます。生春巻きの皮の両サイドを内側に折り込み、手前から具材を巻き込みながらひと巻きします。ひと巻きしたら、今度はエビとしょうが、にらを置いて、最後まで巻き込んでいきます。
      作り方1
      炒った白ごまを包丁で刻み、その他の材料と一緒にボウルで合わせてタレを作ります。

      ワンポイントアドバイス

      生春巻きの皮は、水以外にぬるま湯でもどす方法もあります。製品のパッケージに書かれている方法で行ってください。
      また、一度にたくさんもどすと、くっついたり、乾燥しやすくなったりするので、多くても2枚ずつにしましょう。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 373 kcal
      カリウム 499 mg
      カルシウム 118 mg
      コレステロール 121 mg
      ビタミンA 117 μg
      脂質 13.1 g
      炭水化物 35.2 g
      たんぱく質 26.3 g
      鉄分 1.3 mg
      ビタミンB1 0.46 mg
      ビタミンB2 0.18 mg
      ビタミンC 63 mg
      食物繊維 1.9 g
      食塩相当量 2.3 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ