eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > うなぎのネバっと三層茶碗蒸し

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      うなぎのネバっと三層茶碗蒸し

      疲労回復 美肌

      レシピトップページへ戻る

      うなぎのネバっと三層茶碗蒸し

      • 時間
      • 調理時間:約30分
      • 冷蔵庫で冷やす時間を除く
      • カロリー
      • カロリー:282kcal

      うなぎは、たんぱく質、はもちろんのこと、ビタミンAビタミンB2ビタミンEが豊富に含まれているため、お肌の潤いを保ち、美容効果が期待できるすぐれた食品です。また、ビタミンB1も多く含まれ、疲労回復にも効果もあります。

      材料(4人分)

      うなぎの蒲焼:小1枚

      《卵液》
      だし汁:2カップ
      みりん:小さじ2
      薄口しょうゆ:小さじ1
      塩:小さじ1/4
      卵:4個

      大和芋:80g
      (長芋でも代用可)
      だし汁:50cc
      オクラ:4本

      《あん》
      だし汁:100cc
      みりん:25cc
      濃口しょうゆ:25cc
      板ゼラチン:2g

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      うなぎは食べやすい大きさに切り、トッピング用に少し残しておきます。
      作り方1
      鍋に卵液のだし汁を入れ、みりん、薄口しょうゆ、塩を加え、人肌程度に温めます。
      作り方1
      卵を割りほぐした中に(2)を入れて混ぜ、漉しておきます。
      作り方1
      器にうなぎを入れ、卵液を注ぎます。蒸気の上がった蒸し器に入れ、約1分強火にした後、弱火にして約15分、様子を見ながら卵液が固まるまで蒸し上げます。
      作り方1
      蒸し上がったら常温で荒熱を取って、冷蔵庫で冷やしておきます。
      作り方1
      大和芋は皮をむき、すり鉢ですりおろしてからだし汁を50ccほど加えてよく混ぜ合わせておきます。
      作り方1
      オクラは塩で揉んでからサッと茹でておき、冷水に取って、小口切りにしておきます。
      作り方1
      板ゼラチンは冷水に約20分浸けて戻しておきます。
      作り方1
      あんのだし汁を沸かして調味料を加え、煮立ったら火を止めます。少し冷ました後、ゼラチンを入れて溶かし、冷蔵庫で冷やし固めます。
      固まったらスプーンで軽く混ぜます。
      作り方1
      (5)の冷えた茶碗蒸しの上に(6)のとろろを流し、表面をならして(9)のあんをのせます。
      仕上げにトッピング用のうなぎとオクラを盛り付けます。

      ワンポイントアドバイス

      大和芋は長芋の一種で、水気が少なくコクがあります。長芋でも代用できますが大和芋を使用することで、より一層おいしくいただけます。
      板ゼラチンは、戻す時に水がぬるいとゼラチンが溶けて分量が変わるので、気を付けましょう。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 282 kcal
      カリウム 422 mg
      カルシウム 115 mg
      コレステロール 325 mg
      ビタミンA 829 μg
      脂質 15.7 g
      炭水化物 12.9 g
      たんぱく質 20 g
      鉄分 1.5 mg
      ビタミンB1 0.45 mg
      ビタミンB2 0.62 mg
      ビタミンC 2 mg
      食物繊維 0.9 g
      食塩相当量 2.66 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ