eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > [ノンカフェイン] たんぽぽのコーヒーゼリー

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      [ノンカフェイン] たんぽぽのコーヒーゼリー

      冷え性

      レシピトップページへ戻る

      [ノンカフェイン] たんぽぽのコーヒーゼリー

      • 時間
      • 調理時間:約15分
      • 冷やし固める時間を除く
      • カロリー
      • カロリー:133kcal

      たんぽぽコーヒーは根の部分をコーヒー豆のように乾燥して焙煎させたもので、カフェインの摂りすぎに注意したい妊娠中の方や授乳期の方におすすめです。たんぽぽの成分は強壮作用があり、体を温めてホルモンの分泌を盛んにしてくれます。その結果、臓器が活発になり、解毒力を高めて血液を浄化すると考えられ、母乳の出が良くなるとも言われています。

      材料(4人分)

      板ゼラチン:9g

      グラニュー糖:大さじ1
      たんぽぽコーヒー:40g
      水:3カップ

      生クリーム:50ml
      砂糖:小さじ1

      《盛り付け用》
      ミント:4枚

      コーヒーシロップ:適量
      (お好みで)

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      板ゼラチンは冷水で戻しておきます。
      作り方1
      沸騰したお湯に、グラニュー糖、たんぽぽコーヒーを入れて火を止め、戻したゼラチンを加えて溶かします。
      作り方1
      粗熱を取ってから容器に流し入れ、冷やし固めます。
      作り方1
      生クリームは砂糖を加えて7分立てに泡立て、(3)にトッピングし、お好みでミントの葉を飾り、コーヒーシロップをかけていただきます。

      ワンポイントアドバイス

      板ゼラチンは、水がぬるいとゼラチンが溶け出てしまうので、必ず冷水で戻すようにしましょう。
      また、煮込んでしまうと凝固力がなくなってしまうので、必ず火を止めてから加えるようにしましょう。
      生クリームの代わりにコーヒーフレッシュでも美味しくいただけます。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 133 kcal
      カリウム 10 mg
      カルシウム 8 mg
      コレステロール 15 mg
      ビタミンA 49 μg
      脂質 5.6 g
      炭水化物 18 g
      たんぱく質 2.4 g
      鉄分 0 mg
      ビタミンB1 0 mg
      ビタミンB2 0.01 mg
      ビタミンC 0 mg
      食物繊維 0 g
      食塩相当量 0.03 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ